キャッシング即日融資のすすめ

即日中に借り入れをする方法と注意点は?

お金必要

 

急いでお金が必要!という時に選ぶのは、やはり即日キャッシング・融資対応をしている金融機関でしょう。

 

ところが、ただ「最短即日融資可能!」と謳っている金融機関に今すぐキャッシング申し込みをすれば良いというものではありません。

 

一重に即日キャッシング・融資といっても、各金融機関それぞれ条件や対応可能な日時があります。

 

このサイトでは、どのような方法を取ればスムーズに即日キャッシング(借り入れ)が可能か、様々なパターンや金融機関を取り上げて説明します。

 

まず、最低限即日キャッシング・融資に失敗しない為のポイントを簡単にまとめると以下の通りです。

 

即日キャッシング・融資に失敗しない為には?
  • 申し込みはネットからしておく。
  • 最短即日融資に対応しいる金融機関を選ぶ。
  • 最短審査時間が短い方が早くキャッシングまで進める。
  • ローンカードの受け取り方法に「郵送」は絶対選ばない。
  • 複数にキャッシング申し込みをしない。

 

申し込み方法はネット申し込みがオススメ

 

カードローン契約でキャッシングする場合、申し込み方法が様々用意されていることが多いですが、最短即日キャッシングを目指すならネット申し込みがオススメです。

 

ネットでの入力などが苦手な方には、自動契約機からの申し込みが良いでしょう。

 

自動契約機からの申し込みは、ネットと違い審査通達の待ち時間がある為、ネット申し込みよりも優先して審査がされます。

 

ただ、自動契約機から申し込みをするとWEB完結契約やカードレス契約などは出来ないので、その点は注意が必要です。

 

ネット申し込みはPCからだけでなく、スマホやその他のタブレットからもネット環境があれば、365日24時間申し込み可能です。

 

最近は金融機関が用意しているスマホアプリから、手軽にキャッシング申し込みが出来ます。

 

ところが、キャッシングの申し込みはネットの場合いつでも受け付けているのですが、キャッシング審査に対応している時間には限りがあり、各金融機関ごとに対応時間が異なります。

 

screativeref-1100l17935

アコムカードローン公式サイトはこちら⇒

 

即日審査=即日融資ではない

 

特に初めての借り入れ契約でしがちなのが、即日審査=即日キャッシング・融資という勘違いでしょう。

 

借入れ契約の審査に即日対応しているからと言って、キャッシングも即日中に出来るとは限りません。

 

逆に、「最短即日キャッシング・融資可能」と直接的に謳わず、「最短即日審査可能」を前面に押し出している金融機関は、即日融資には対応していない可能性が高いです。

 

そこで、もう一つ気にしたいのが、カードローン・キャッシング審査にかかる最短時間です。

 

審査時間が最短30分や1時間と具体的な目安時間が提示されており、且つ、即日キャッシング・融資対応可能としている金融機関であれば、なるべく短い時間で早く借り入れが可能といえます。

 

ところが、最短30分や最短即日とあるからといって、誰でもが絶対にその時間内や即日中に審査結果が分かったり、キャッシングができるわけではありません。

 

あくまで、目安であり、審査状況や申し込みの混雑具合などによってはやむを得ず、それ以上の時間がかかってしまう事があることは、理解しておきましょう。

 

最短即日審査や最短審査時間30分でキャッシング審査対応している日時は、各金融機関によって違います。
ただ、基本的に銀行は平日の正午くらいまで、消費者金融は土日祝日を含む午後7時くらいまで最短時間での審査に対応していることが多いです。
なるべく早く審査を受けたい場合は、キャッシング契約の申し込みを平日午前中に行うのが良いです。
午後から申し込む場合は、銀行より消費者金融がオススメといえます。

 

また、借り入れ契約申込内容に不備があると、審査に時間がかかったり、契約手続きに余計な時間がかかるので、正確な情報での申し込みを心がけましょう。

 

年収や職業、他社借り入れ件数などを虚偽の内容で申し込んだ場合は、審査時間が長くなるどころか、借り入れ契約自体が出来なくなるので、絶対にしないでください。

 

人気の消費者金融プロミス公式サイトはこちら⇒

 

ローンカードの有無と発行方法に注意!

 

加えて、即日キャッシング・融資で意外と重要なのがローンカードの発行方法です。

 

基本的に、カード発行契約でのキャッシングはローンカードが手元に来てからしか出来ません。

 

その為、受け取り方法を郵送にしてしまうと、ローンカードが手元にくるのが最短でも翌日となってしまうので、即日キャッシングは不可能となってしまいます。

 

WEB完結でキャッシング手続きをする場合は、カードレス契約となるのでローンカードの発行を待つ必要はありません。

 

複数キャッシング申し込みは審査落ち?

 

そして、確実に申し込みをした日にキャッシンシングがしたいからといって、一度に複数の金融機関のカードローンなどに申込むのはやめましょう。

 

貸付側の金融機関は信用情報の照会時に申し込み利用者の、キャッシング申し込み履歴を見ることが出来ます。

 

その為、あまりに他の金融機関へも多数キャッシング申し込みをしていると、貸し倒れリスクが高いとみなされ審査に不利になってしまいます。

 

審査に通過しない事には、最短即日キャッシングも出来ませんから、せめて本命の借入先と滑り止めくらいの2社までに申し込みは留めましょう。

 

即日キャッシング・融資はネット申し込みからの自動契約機利用がオススメ?

 

時計

 

一番早く借り入れまでが即日中に出来る確立が高い方法として、ネット申し込み後、自動契約機(ローン契約機)での契約締結・ローンカード発行をしてのキャッシングがおすすめ出来ます。

 

最近はWEB完結契約でPCやスマホで申込から契約締結、その後の借り入れもネットバンキング機能を利用してネット上で完了出来ます。

 

ただし、その方法を取るには特定の銀行口座が必要であったり、大体平日の15時までに本人確認や審査を終え振り込み融資の申請をする必要があります。

 

そうでなければ、WEB完結契約でのキャッシングは即日中にすることは不可能です。

 

しかし、働いている方にとって平日の日中までが即日キャッシング可能な期限というのは、なかなか難しい条件でしょう。

 

そこで、申し込みはネットでしたとしても、その後の契約手続きで利用して欲しいのが自動契約機です。

 

消費者金融、銀行問わず自動契約機は大体21〜22時まで稼働しているところが多く、金融機関によっては24時まで稼働させている事もあります。

各金融機関の自動契約機営業時間

金融機関(カードローン名)

営業時間

三井住友銀行カードローン

9時〜21時

(プロミスの自動契約機も利用可能。)

三菱東京UFJ銀行バンクイック

平日:9時〜20時

土曜・祝日:10時〜18時

日曜:10時〜17時

新生銀行カードローン レイク

平日・土曜:8時45分〜24時

日曜・祝日:8時45分〜22時

(第3日曜:8時45分〜19時)

プロミス

9時〜22時

(三井住友銀行の自動契約機も利用可能。)

モビット

8時〜21時

アコム

8時〜22時

アイフル

8時〜22時

どの金融機関の自動契約機も、設置されている場所によって営業時間が異なる場合があります。

 

途中から自動契約機を利用するなら、借入先の審査対応時間にだけ気を付ければ良いので、平日14時までという時間の制約がなくなります。

 

審査通過後に、各金融機関の自動契約機営業時間内までに赴き、ローンカードをその場で発行することで最短即日キャッシング可能です。

 

ローンカードを自動契約機で発行した後は、借入先のATMが自動契約機と併設されていればすぐそこでキャッシングが可能です。
そうでない場合は、なるべく借入先金融機関のATMを探して利用した方が、ATM手数料がかかりません。
時間帯的に夜遅い場合は、提携ATMとなるので手数料は有料になる可能性が高いですが、コンビニATMを利用するのも良いでしょう。
コンビニATMであれば、24時間稼働していますから自動契約機の営業時間ギリギリにローンカードを発行しても、その日のうちにキャッシングができます。

 

なにも初めから借り入れ申し込みを自動契約機でする必要はありません。

 

希望の借り先へネット申し込みをし、途中の選択で出てくる「来店(店舗)での契約」を希望することで、審査通過後の契約手続きが自動契約機で出来るようになります。

 

大手消費者金融はどこも専用の自動契約機を設置していますが、銀行の場合は自動契約機がないところもあるので注意が必要です。

 

特に、ネット銀行(例:楽天銀行やイオン銀行など)は専用の自動契約機を保有していないところがほとんどです。

 

ネット銀行で即日キャッシング・融資を可能にするには、振り込み融資対応時間内までに、審査通過、融資申請などを完了させるしか方法がありません。

 

土日祝日に即日キャッシングするなら絶対自動契約機がある金融機関!?

 

申込当日が土日祝日である場合でも即日中にキャッシングがしたい場合は、自動契約機がある金融機関を選ぶ必要があります。

 

というのは、土日祝日は基本的に金融機関の店舗が営業しておらず、振り込み業務を行っていないからです。

 

キャッシングの申込自体や審査結果の受け取りまでは、平日同様に最短即日で完了できる金融機関が多いですが、その後の肝心な借り入れをするには、土日祝日の場合、振り込み融資では不可能なのです。

 

ところが、自動契約機は土日祝日も稼働しており、借り入れ自体も、借り入れに必要なローンカードの発行も可能です。

 

その為、土日祝日に申し込みから融資の受け取りまでを即日中にするには、自動契約機の利用を避けることは出来ません。

 

WEB完結契約で即日キャッシングするには?

 

自宅

 

借り入れ契約後の借り入れ・返済をネットから出来るようにしたい。

 

ローンカードを発行せず、カードレス契約がしたい。

 

といった場合には、WEB完結契約での即日キャッシングができるような金融機関を選ぶ必要があります。

 

昨今は消費者金融だけでなく、銀行もWEB完結での即日キャッシングができる所もあります。

 

ただし、WEB完結契約で申込当日中に借入金をキャッシングするには、銀行口座が必ず必要となります。

 

銀行口座の開設は1日や2日では、なかなかできません。

 

その為、新規借り入れ契約で銀行口座開設が必要な場合は、WEB完結での即日キャッシングは出来ません。

 

消費者金融で借り入れ契約する場合は、各金融機関が指定する銀行口座、銀行で契約する場合は大体その銀行の口座があることが即日WEB完結キャッシングの前提となります。

各金融機関のWEB完結で必要な銀行口座

金融機関(カードローン名)

必要な銀行口座

三井住友銀行カードローン

同行口座

(SMBCダイレクトの契約も必要。)

みずほ銀行カードローン

同行口座

(みずほダイレクトの契約も必要)

新生銀行カードローン レイク

本人名義の金融機関口座があればOK。

プロミス

本人名義の金融機関口座があればOK。

(三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座があれば瞬フリ対応。)

モビット

三菱東京UFJ銀行

又は三井住友銀行口座。

アコム

本人名義の金融機関口座があればOK。

(楽天銀行口座があれば24時間365日受付1分で振込対応。)

アイフル

本人名義の金融機関口座があればOK。

 

新生銀行カードローン レイクとプロミスは特定の口座でなくてもWEB完結が可能です。

 

実質、口座開設不要のカードローン契約が可能といえるでしょう。

 

ただし、プロミスの場合は、三井住友銀行とジャパンネット銀行があれば、平日・土日祝日関係なく365日24時間、振込申請から10秒ほどで借入金が振り込まれる「瞬フリ」というサービスが受けられます。

 

また、銀行の場合はWEB完結といっても、申し込みがWEB完結できるのであって、カードレス契約出来たり、郵送物が絶対に送られてこないという事ではないので、勘違いしないようにしましょう。

 

WEB完結だからといって、どの金融機関でキャッシングしてもカードレス契約や郵送物なしが可能とは限りません。

 

加えて、WEB完結で即日キャッシングをするには、基本的にカードレスで借り入れをネットバンキング(振り込み融資)でするか、キャッシュカード兼用型のローン契約をするかのどちらかの方法での契約となります。

 

カードレスWEB完結対応も可能で最短即日キャッシング可能なのは、プロミスとモビットだけです。

 

モビットは土日祝日は振り込み融資での最短即日キャッシングには対応していません。
その為、土日祝日に申し込みをするなら、WEB完結対応も可能なプロミスがオススメです。
ただし、モビットでも自動契約機を利用するなら土日祝日でも最短即日キャッシング可能です。

 

基本的に、銀行カードローンを契約した場合、WEB完結契約をするとキャッシュカード兼用型カードローンでの利用となります。

 

銀行の場合は、すでに銀行口座があることによって手元にあるキャッシュカードにローン機能を付随させる事で、即日キャッシング・融資が可能になることがあります。

 

しかし、キャッシュカード兼用型での借り入れ契約では、キャッシング・カードローン専用での限度額よりも低い限度額内での借り入れとなるので、高額融資希望の場合は注意が必要です。

 

ちなみに、上記の表を見ていただくと分かると思いますが、三井住友銀行か三菱東京UFJの銀行口座があると、WEB完結での最短即日キャッシングはし易いといえます。

 

もし、まだ契約先が決めきれていないものの、WEB完結で最短即日キャッシングを検討しているなら、特定の口座があるか確認してみてください。

 

その際、もし利用できる口座がない場合は、キャッシング申し込みをする前に、銀行口座を開設しておくことで最短即日キャッシングまでの流れがスムーズになります。

 

消費者金融と銀行どちらが即日キャッシングし易い?

 

迷う

 

上述してきた即日キャッシング・融資の詳しいコツを改めてここでまとめると、以下の2点が挙げられます。

 

  • 自動契約機利用なら土日祝日も即日キャッシング・融資が可能。
  • WEB完結即日キャッシング・融資には銀行口座が必須。

 

この2点で消費者金融と銀行の即日キャッシング・融資の違いを比較すると、消費者金融の方が日時を選ばず即日キャッシング・融資に対応している事が分かります。

 

ただ、自動契約機がある銀行であれば、それなりに即日キャッシング・融資の可能性が高い事は先述してきた通りです。

 

しかし、消費者金融と銀行の自動契約機の営業時間と比べると、平日も土日祝日も消費者金融の営業時間の方が長く、キャッシング申し込みをする日時に自由が利きます。

 

加えて、WEB完結(申し込み)を利用の場合も、消費者金融の方が原則、銀行口座開設の必要がない分、即日キャッシングがし易いです。

 

消費者金融の場合、特定の銀行口座がなくても平日の14時までに必要な契約手続き、振り込み融資申請を行う事で、即日キャッシングが可能となっています。

 

ただし、モビットのWEB完結だけは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必須です。

 

銀行の場合のWEB完結は、基本的に銀行口座とキャッシュカードありきで申込をすることになるので、普段利用している口座がある銀行と借り先の銀行が違う場合は、キャッシングまでに時間がかかってしまいます。

 

また、銀行のWEB完結キャッシングは最短即日可能とはなっているものの、消費者金融のように振り込み融資までの時間が明示されていません。

 

その為、なるべく銀行WEB完結キャッシングで早く融資を受けるには、平日の午前中には申し込みをし、振り込み手続きまでを正午までくらいには完了させておく必要があるといえるでしょう。

 

日時の縛りを受けないで、最短即日キャッシングを自身の都合でしたい場合は、消費者金融からのキャッシングがオススメです。

 

銀行から最短即日キャッシングをするなら、口座開設が不要で自動契約機を設置しているところがオススメです。
確かに、契約先の銀行口座があれば、振り込みで最短即日融資を受けられる可能性はありますが、融資の時間は銀行任せになります。
それよりは、口座開設の手間も省け、自動契約からローンカードを受け取って直ぐに自分でATMからキャッシングした方が、最短即日融資の可能性があるといえるでしょう。

 

ネット銀行は即日キャッシングに不向き?

 

銀行からのキャッシングで一番即日キャッシングがしづらいのは、ネット銀行といえるかもしれません。

 

というのは、ネット銀行はインターネットを利用しての取引に特化しているので、実店舗もなければ自動契約機もありません。

 

その為、キャッシングに必要なローンカードの受け取り方法が郵送一択となってしまいます。

 

つまり、WEB完結契約が出来る状態でなくては、ネット銀行での即日キャッシングは絶対にかないません。

 

WEB完結での契約の場合、即日キャッシングを可能にするには、銀行口座が必要である事、平日14時までの契約手続きの完了が求められる事は上述してきた通りです。

 

ネット銀行の口座をはじめから持っている方というのは、まだまだ少ないでしょうし、加えて日時の縛りがあるのは即日キャッシングに不都合でしょう。

 

また、自動契約機がないので、基本的に土日祝日の即日キャッシングはネット銀行では不可能です。

 

ただし、ネット銀行は即日キャッシングには向きませんが、契約後のキャッシング利用は利便性が高いといえます。

 

ネット銀行のメリット
  • 手数料無料で利用できる提携ATMの数が多い。
  • 借り入れ先の他サービス利用で金利引き下げがある。

 

ネット銀行キャッシングの最大のメリットは、利用できるATMが多い事です。

 

ネット銀行は、自動契約機もなければ、専用のATMもありませんが、その代り他金融機関やコンビニATMなどと多く提携しています。

 

加えて、提携ATMは大体が手数料無料で利用できるので、ATMからの借り入れ・返済で余計な支出をしてしまう事を避けることが出来ます。

 

また、楽天銀行やじぶん銀行、イオン銀行などといったネット銀行は、金融関係以外のサービスを利用していることで、金利引き下げやその他特典が見込めます。

 

地方銀行ネット支店の融資スピードが優秀?

 

もし、ネット銀行系で最短即日融資をどうしてもしたいなら、地方銀行のインターネット支店が扱うカードローンがオススメです。

 

銀行の種類としては、地方銀行ですが融資の仕組みはネット銀行に近いです。

 

ところが、何が違うかといえば、ネット銀行とは違いローンカードが届く前でも、初回融資に関して最短即日振込してくれる点です。

 

また、口座開設が必須でも、開設をする前に初回に限り別の金融機関口座宛てでも、振り込み融資対応してくれます。

 

その為、ネット銀行でのキャッシングよりも融資までの待ち時間が短く、申し込み日時にさえ気を付ければ最短即日融資も可能です。

 

特にオススメなのは、静岡銀行カードローン セレカです。

 

高額融資希望は審査に時間がかかる!?

 

即日キャッシングをするために、気を付けることにキャッシング希望額も一つ挙げられます。

 

キャッシング可能な金額は、貸し付け側の審査によって決まる限度額の範囲内となります。

 

つまり、どれだけ高額なキャッシング希望額で申し込みをしても、審査に通らなければ希望の金額で借りることは出来ません。

 

加えて、あまりに返済能力に見合わない希望額の場合は、審査落ちになってしまう可能性もあります。

 

また、希望額が50万円以上、または他社借り入れと合わせて残高が100万円以上の場合、消費者金融では総量規制の兼ね合いで収入証明書の提出が必要となってきます。

 

すると、借り入れ側も書類を用意する手間がありますが、貸し付け側も審査で確認する材料が増えるため、時間がかかる可能性が高くなります。

 

もし、キャッシング申し込みが金融機関の審査対応時間ギリギリの場合は、あまり高額な希望額での申し込みをすると審査に時間がかかり、即日キャッシングが出来なくなる可能性が高いです。

 

限度額は、借り入れ契約後に増額(増枠)申請をすることが可能です。

 

その為、即日キャッシング希望の場合は、なるべく審査に時間がかからないように、希望額50万円以下での申し込みをオススメします。

 

実際、契約をした後、どうしても高額限度額を設定してもらいたい場合は、半年〜1年ほどキャッシングを利用して増額申請をしましょう。

 

ちなみに、増額の際には再審査が行われる事になり、また、増額は即日審査されない事が多いです。

 

クレジットカードは即日でキャッシングできない!

 

キャッシングというと、クレジットカードのイメージもあると思います。

 

しかし、実はクレジットカードは申し込み当日に、キャッシング枠を利用することは出来ません。

 

基本的に、クレジットカードはカードローンと違い、最短即日キャッシングには対応していないことが多いです。

 

カードローンでは、上述もしたようにローンカードを自動契約機で即日発行出来たり、最短即日振込で融資がしてもらえます。

 

ところが、クレジットカードの場合は、申し込み当日に最短即日発行できるのは仮カードが多いですし、振り込みで融資できるような機能は元々ありません。

 

クレジットカードの仮カードは、ショッピング枠を申し込み当日中に利用することは出来ますが、キャッシング枠は利用できないもしくはないことが多いです。

 

クレジットカードはカードをATMで利用してのキャッシングしかできないので、最短即日でキャッシング枠が付いたクレジットカードが発行されなくては借り入れが出来ません。

 

その為、最短即日でキャッシングをしたい場合は様々な方法をとることが出来るカードローンの方がオススメといえるでしょう。