レイクALSAは最短即日融資・最短即日審査可能なのか?

 

レイクが2018年4月よりまたまた様変わりしました。

 

新生銀行カードローンのブランドとしてのレイクは、新規受付を停止し新たに「レイクALSA」という消費者金融カードローンに切り替わっています。

 

ただ、もともとレイクは消費者金融だったので、少し前の状態戻ったといえるでしょう。

 

その為、実は限度額や金利、無利息期間などの主な貸付内容はそこまで変わっていません。

 

金利

年4.5%〜18.0%

限度額

最高500万円

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

収入証明書

  • 源泉徴収票 前年度(直近分)
  • 住民税決定通知書 前年度(直近分)
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)
  • 確定申告書 前年度(直近分)
  • 所得(課税)証明書 前年度(直近分)

直近の賞与明細書(取得日より1年以内のもの)もあれば用意
給与明細書に「発行年月」、「本人の氏名(フルネーム)」、「勤め先名」、「総支給額」が明記されている事を確認する
記載内容が手書きの場合は勤め先の社印もしくは社判が必要

申し込み条件

満20歳〜70歳(国内居住の方)

自分のメールアドレスをお持ちの方

 

新生銀行カードローンレイクだった時も、銀行カードローンの中では金利は高めだったので、消費者金融に戻ったからといって金利が上がっているような事はないです。

 

ただ、貸金業者は自身に安定した収入のない方には融資が出来ないので、専業主婦の方はレイクALSAの申し込み対象から外れる事になるので注意してください。

 

また、貸金業法の総量規制の対象になるので、借入側は自身の年収の3分の1までしかレイクALSAでは借りられません。

 

レイクといえば、2種類の無利息期間が特徴的でしたが、この度のレイクALSAでも引き続き扱っています。

 

したがって、借入額残額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息も、レイクALSAで初めて契約の場合にどちらか選んで受ける事が可能です。
(11/30まで新生フィナンシャルで初めての契約の方のみ60日無利息期間のキャンペーン実施中!通常の無利息期間との併用は不可)

 

180日間無利息を受けたい場合は、契約額200万円以下で5万円までという条件があるので、よく理解したうえで利用する無利息期間を選択してください。

 

契約額が200万超の場合は、30日間無利息の適用となります。

 

いずれの無利息期間サービスも、新生フィナンシャルで初めて契約する方のみが対象です。

 

レイクALSAのメリットは最短即日融資が便利に受けられる事?

 

レイクが銀行カードローンではなくなった事による一番のメリットは、最短即日融資対応に戻った事といえるでしょう。

 

そもそも、銀行は過剰貸付の指摘により最短即日審査・融資が停止されている傾向にある事が、今回レイクALSAとして新たに消費者金融になった要因とも考えられます。

 

レイクALSAの最短即日融資の特徴は、以下の通りです。

 

レイクALSAの最短即日融資ポイント
  • ネット申し込みからの審査が早い
  • 特定の口座不要でも最短即日振込
  • 平日14時までに、申込と必要類の確認の完了
    審査結果によっては希望に沿わない場合も

  • Web完結カードレス契約可能
  • 自動契約機でのカード発行が遅くまで可能

 

レイクALSAはネット申込の場合は最短即日審査対応時間内なら、申し込み完了後はそのままの画面で審査結果の確認が可能です。

 

レイクALSAの最短即日審査対応時間

  • 平日・土日・祝日(通常時間帯)=8時10分〜21時50分
  • 第3日曜日=8時10分〜19時
  • 融資時間は一部店舗によって異なり、年末年始を除きます

 

レイクALSA公式サイトはこちら⇒

 

特に問題なく審査通過の場合は、審査結果メールが送信されてきますが、申し込み内容によっては電話が入ります。

 

最短即日審査対応時間以外にネット申込をした場合は、申込確認メールがレイクALSAから送信された後、翌営業日に審査結果がメールで届く流れとなるので注意しましょう。

 

レイクALSA最短即日キャッシングの流れ

  1. ネットからレイクALSAに申し込む(Webか来店どちらで進めるか選択*1)
  2. 審査
  3. 申込画面で審査結果通達(電話が入る場合も)
  4. メールまたはアプリで書類提出
  5. カード発行をするかどうか選択*1
  6. カードレスWeb完結の場合は平日14時までに契約で最短即日振込*2

*1カード発行の場合は自動契約機へローンカードを受け取りに行く事で最短即日キャッシング可能
*2平日14時までに、申込と必要類の確認の完了

 

レイクは銀行カードローンの時も、口座不要で振り込み融資が可能というメリットがありましたが、レイクALSAの場合もその点は同様です。

 

加えて、レイクALSAでは平日14時までに申込と必要書類の確認が完了している事で、最短即日振込融資に対応しています。

 

その様に、特定の口座がなくても最短即日振込に対応している事からも分かるように、Web完結契約が可能で来店不要です。

 

カードレス契約も可能で、契約画面で「Webで契約(郵送なし)」を選択する事で、ローンカードの発行も自宅への郵送物もなくレイクALSAで契約が完了します。

 

カードレスの場合、ローンカードの発行に自動契約機まで行く必要も、提携ATMにキャッシングしに行く必要もありません。

 

ただ、カードレスの場合は振込融資が主なキャッシング方法となるので、最短即日キャッシングをしたい場合は平日14時までに契約を確実にするようにしましょう。
審査結果によっては希望に沿わない場合も

 

自動契約機を使えば22時まで最短即日キャッシング可能!

 

もし、平日14時までにレイクALSAでの契約が難しい場合は、自動契約機でローンカードを発行することをオススメします。

 

というのは、振込で最短即日融資を受ける場合は平日14時までの対応ですが、自動契約機からローンカードを受け取る場合は22時まで対応しているからです。

 

レイクALSA自動契約機の営業時間

  • 平日・土曜日=8時〜24時
  • 日曜日・祝日=8時〜22時
  • 第3日曜日=8時〜19時

融資時間は一部店舗によって異なり、年末年始を除きます

 

自動契約機の営業時間は最高で24時までですが、最短即日融資対応は審査対応時間に準じます。

 

その為、厳密には21時50分までには審査結果を受け取り、22時にはローンカードの発行が出来ると良いでしょう。

 

勿論、審査通過をしているなら、最長営業時間内の24時までローンカードの発行は出来ます。

 

ローンカードの発行が出来れば、自分で提携ATMから即時キャッシングが出来るので、振り込みを待つ必要がありません。

 

レイクALSAの最短即日審査対応は、21時50分までなのでそれまでに契約完了をし、自動契約機の営業時間に間に合えばローンカード発行での最短即日キャッシングが可能です。

 

また、振込融資の場合は平日と限定されていますが、自動契約機でのローンカード発行は第3日曜日以外はそこまで時間に変わりがありません。

 

その為、土日や祝日にレイクALSAに申込む場合も、最短即日キャッシングの可能性を高めるなら、自動契約機を利用するのが良いでしょう。

 

ただし、毎月第3日曜日は、審査時間も自動契約機の営業時間も19時が期限で、通常時と比べて短いですから注意してください。

 

レイクALSAは、プロミスやモビットのようにカードではなくスマホで提携ATMからキャッシングするサービスの導入も予定しています。

 

スマホでの提携ATMキャッシングが導入された際には、ローンカードがなくても提携ATMから融資金を引き出すことが出来るので、ほとんどカード発行の必要はなくなるでしょう。

 

今まで新生銀行カードローンレイクを使っていた場合どうなる?

 

時に、既に新生銀行カードローンレイクで契約していて完済に至っていない場合は、引き続き新生銀行カードローンレイクが利用可能です。

 

終了したのは新規申込受付だけなので、急に新生銀行カードローンレイクの残高を一括返済しなくてはいけない!などという事はありません。

 

メールでのWeb問合せも可能なので、自身の都合に合った方法で今後のカードローン利用について問い合わせてみましょう。



トップ ランキング クレジットカード