借入金でカード支払いを可能にする方法とは?

カード

 

カードローンでキャッシングしたお金を、現金や口座引き落としだけで利用するよりお得に済む方法を知っていますか?

 

上手くいけば、カードローンが低金利で借りられなくても、金利が0.2〜1%ほど普通にキャッシングするより低く利用できます。

 

まず、そのお得なキャッシング方法に必要な物があります。

 

それが、デビットカードとプリペイドカードです。

 

 

デビットカードとは?

 

カード決済をすると、利用代金が即時銀行口座から引き落とされる仕組みのカードです。

 

その為、銀行が自行口座に対応するデビットカードを発行していることが多いです。

 

特にこだわりがないなら、自分が口座を持っている銀行のデビットカードを持つと良いでしょう。

 

カード申し込みの際、クレジットカード申込時のような審査はありません。

 

自身の銀行口座にある分の金額までしかデビットカードでは利用が出来ず、キャッシングではないので与信に関係がありません。

 

支払いは一括のみ対応可能で、クレジットカードのような分割やリボ払い、ボーナス払いは出来ません。

 

 

 

プリペイドカードとは?

 

利用したい金額分だけカードにチャージ(前払い)することで決済が可能になる仕組みのカードです。

 

チャージをしておくことで、その範囲で即時カード払いが可能です。

 

交通機関ICカードや電子マネーなどと同じような利用が可能で、カード残額がなくなるまで繰り返し利用出来ます。

 

プリペイドカードは、チャージ限度額が設定できることが多いので、使いすぎの予防も可能です。

 

支払い方法は、一括払いのみです。

 

デビットカード同様、自身のお金をプリペイドカードにチャージして利用するので、与信が問われません。

 

 

プリペイドカードとデビットカードは作成にあたって、クレジットカードやカードローンのように与信が問われることはありません。
その為、債務整理後にカード支払いをしたい場合などでも申し込み・作成が可能です。
ただし、プリペイドカードとデビットカードにはキャッシング機能はないので、カードで利用できるのは自身の手元にあるお金だけとなります。

 

これらはどちらか一方だけでも、場合によっては両方利用しても良いでしょう。

 

この2種類のカードで借入金を利用することで通常のキャッシングよりメリットが得られます。

グッド

 

デビット・プリペイドカード利用のメリット

  • ポイントやキャッシュバックがある。
  • ATMを利用しなくても済む。

 

大きくはたった2点だけですが、このメリットがあるかないかで、キャッシングの元金の返済以外にかかる料金が変わります。

 

どういう事かといえば、まず、デビットカードもプリペイドカードもそれぞれカード利用額やキャンペーンなどでポイントが付いたりキャッシュバックがあります。

 

例えば、デビットカードなら、ポイント還元率1.0%の楽天銀行デビットカード(JCB)や利用額に対しての自動キャッシュバック率0.2〜0.5%の三菱東京UFJ-Visaデビットなどで借入金を利用することで、金利がその分抑えられると考えられます。

 

プリペイドカードなら、携帯キャリア(auやソフトバンク)提供の物を契約して、携帯料金や携帯サービスでの利用料金をプリペイドカードに借入金をチャージして支払う事でポイントが付く分お得です。

 

加えて、どちらのカードでも言えるのが、原則ATMを使わずに済むため、有料提携ATM利用手数料や時間外手数料を支払ってキャッシングをする必要がなくなります。

 

デビットカードは上記の特徴にもあるように、口座から利用額が引き落とされるので、現金をATMから出金する必要がありません。
また、プリペイドカードはコンビニでチャージ用のカードを購入したり、ネットやアプリを使って口座からカードに任意の金額がチャージ可能ですから、この場合もATMを使うことなく必要な金額を手に入れられます。

 

ただし、それにはキャッシング方法を振り込みでカードローン利用をする必要があるので、その点だけ注意しましょう。

 

また、デビット・プリペイドカードを作成するなら、キャッシングはカードレス契約でするのもオススメです。

 

ローンカードが手元にあると、ついちょっとした時にATMから借り入れをしがちですから、不要なキャッシングを制限するという点でもカードレス契約は良いと思います。

デビット・プリペイドカードはキャッシング以外でもメリットあり!

 

デビットカードやプリペイドカードは、ローンカードやクレジットカードのように、「お金に困っている時だけ」利用価値があるものではありません。

 

本来の利用目的が借り入れがメインではない事も、キャッシングとの併用をオススメする理由の一つです。

 

もし、キャッシング残高を完済しても、デビットカードやプリペイドカードでの支払いをすることで、キャッシュバックやポイント還元が受けられるので、契約して損はないカードといえるでしょう。

 

デビットカードの種類

  • Sony Bank WALLET(Visa)
  • 三菱東京UFJ-VISAデビット
  • 住信SBIネット銀行デビット付キャッシュカード(Visa)
  • 楽天銀行デビットカード(JCB)
  • あおぞら銀行キャッシュカードプラス(Visa)

プリペイドカードの種類

  • 三井住友VISAプリペイドカード
  • エポスVISAプリペイドカード
  • Vプリカ
  • au WALLETプリペイドカード
  • ソフトバンクカード

 

利用している銀行や携帯会社があるなら、それらが扱っているデビットカードやプリペイドカードを持った方が、お得度が高いです。

 

若しくは、自分が良く利用する他のサービス(例:ネットショップ、電子書籍サイト、レンタルDVDサイトなど)で利用出来、ポイント付与率が高くなるカード類を持つのが良いでしょう。

 

普段あまり利用しないサービスに対応するデビット・プリペイドカードを持っても、あまり活躍の機会がないです。

 

その為、併用するサービスとの兼ね合いもカード作成時のポイントといえます。

 

カードの種類が色々ありすぎどれが自分に合っているか分からない!という場合は、とりあえず利用している携帯キャリアが発行しているプリペイドカードを選んでみるのがオススメできます。

 

キャリアと契約しているという事は、携帯料金を毎月支払っているという事なので、毎月その支払い分はカードにポイントが還元されます。

 

日常利用するかどうかわからないショップなどに対応しているカードを選ぶよりは、確実に毎月発生する料金の支払いでカードを利用した方が、カード作成後のお得度が実感しやすいといえるでしょう。

 

デビットカードの場合は、今までただ口座引き落としにしていた支払い料金を、口座に対応するデビットカード払いにすることで、ポイントが着実に貯められます。

 

例えば、公共料金の引きおとしなどを口座から直接引き落とすのではなく、デビットカード経由で引き落とすことで、それなりのポイント還元が望めるでしょう。

 

基本的には、デビットカードもプリペイドカードも即日発行対応していないことが多いです。
特にデビットカードは今のところ即日発行可能なものは見たことがありません。
プリペイドカードは、NEO MONEYなどの海外利用専用のトラベルプリペイドカードであれば、即日発行可能な場合があります。

プロミスと契約で三井住友VISAプリペイドも利用できる?

 

カードローンを扱っている記入機関で唯一、消費者金融のプロミスはキャッシング契約申込と同時に、プリペイドカードの契約が可能なサービスを実施しています。

 

プロミス新規契約時に、三井住友VISAプリペイドの作成をすると、あらかじめ2,000円がプリペイドカードにチャージされるお得なプレゼントつきです。

 

ちなみに、三井住友VISAプリペイド公式での新規契約では何故かそのようなプレゼントはありません。

 

三井住友VISAプリペイドは三井住友カードが発行するプリペイドカードで、借入金をプロミスのネット会員ページ(または公式アプリ)よりチャージすることが可能です。

 

その為、プロミスと三井住友VISAプリペイド両方の会員ページをいったりきたりするような煩わしさがなく済みます。

 

デビット・プリペイドカードはカードレス利用できる?

 

時に、キャッシングをカードレスでしている方などは、デビットやプリペイドに関してもカードレスで利用できないか?と考えることでしょう。

 

デビットカードは、口座やキャッシュカードと対応しているのでカードレスで利用するのは今のところ難しいです。

 

しかし、プリペイドカードであれば、スマホにカードを登録することでカードではなく、スマホによる決済が可能です。

 

例えば、au WALLETプリペイドカードやソフトバンクカードはApple Payに登録可能ですから、実質カードレスで利用が可能です。

 

プリペイドカードへのチャージも、アプリやネットから可能ですから、わざわざ現金を介す必要がありません。

 

ちなみに、クレジットカードもプリペイドカード同様、スマホに登録してカードレスで利用しることが可能です。

 

電子マネーと決済カード類は別物?

 

時に、電子マネーとデビットカード・プリペイドカードは利用が混同されがちですが、一応別物です。

 

しかし、特定のデビットカードやプリペイドカードでは電子マネー機能が搭載されており、利用額のポイント還元がその電子マネーとして還元されることが多いので勘違いしやすいといえます。

 

特にプリペイドカードはチャージ式で電子マネーの利用方法と同じである為、電子マネーのICカードをプリペイドカードだと思っている方は少なくないでしょう。

 

ただ、プリペイドカードと電子マネーはセットであることが多いので、その認識でも間違いはありません。

 

ところが、電子マネーとして貯まったポイントは、プリペイドカードに現金としてチャージ出来ないと、キャッシングの返済などには使えません。

 

その為、電子マネーポイントが貯まっているから、そこから返済分が引き落とされるだろうという考えは間違いなので、プリペイドカードで返済する際は現金をカードにチャージして引き落とし先として設定してください。

 

また、ポイントが貯まるデビットカードも同様のことが言えます。

 

デビットカードのポイントはキャッシュバック型が多いので、現金に交換してからデビットカードが対応している口座に入金する必要はそれほどありませんが、もしポイント還元の場合は電子マネー付帯プリペイドカードと同じく、一トポイントから現金に交換しなくてはいけません。

 

電子マネーやポイントは特定の店舗のサービスでしか利用できないので、プリペイドカードやデビットカードで利用できる現金と全く同じ使い方が出来るわけでhない点に注意が必要です。