キャッシング即日融資のすすめ

やっぱりカードローンが一番早くキャッシングできる?

時間

 

申し込みをして、その日のうちにお金が借りられる方法といえば、やはりカードローン契約をしてのキャッシングでしょう。

 

ローン契約は、カードローンの他にも金融機関で各種取り扱われていますが、フリーローンや目的ローン、ビジネスローンなどは審査さえ即日対応していないことが少なくないです。

 

では、ローンではなく、クレジットカードであればどうか?

 

クレジットカードには、ショッピング購入額の前借以外にも、カードローンと同じキャッシング機能を付けることが可能です。

 

しかし、このサイトの「クレジットカードの即日発行についてのページ」で詳細は説明していますが、クレジットカードの場合、カードの即日発行は可能でも利用できるのはショッピング枠だけであることが多いです。

 

その為、クレジットカード払いできるものであれば、即日発行可能なクレジットカードの利用でキャッシングまでしなくても済む可能性はあります。

 

ところが、例えば、公共料金など基本的には現金で収める必要のある支払いなどの場合は、クレジットカードでは間に合いません。

 

そうなると、やはり最短即日融資に対応している金融機関のカードローンでキャッシングをするのが、一番早く現金を借りられる方法といえるでしょう。

 

ただし、既にクレジットカードが手元にあり、元からキャッシング枠もついているカードなら、カードローンを申し込む前に、クレジットキャッシングでATMから即時キャッシング可能です。

 

申し込みからキャッシングまでをその日のうちに…となると、カードローン契約の方が融資を受けるまでの時間が短くて済むといえるでしょう。

 

即日キャッシング不可なカードローンもある

 

失敗

 

昨今のカードローンは条件はあれど、最短即日キャッシング可能なものが多いです。

 

しかし、なかにはどうやっても、カードローン申し込み当日中のキャッシングは不可能な借入先もあります。

 

その様に、カードローンで最短即日キャッシングできない金融機関の特徴は以下の通りです。

 

  • 審査に2〜3日かかる。
  • 自動契約機の設置をしていない。
  • ローンカードが郵送で発行後しかキャッシング不可。
  • 小規模貸金業者(街金など)

 

審査がその日のうちに完了しない場合は、勿論キャッシングまで即日中に行きつくことはありません。

 

また、キャッシングをするにはローンカードが手元にあることが必須であるのに、自動契約機を設置していなかったり、発行方法が郵送のみの場合も即日キャッシングは不可能です。

 

口座のない場合のネット銀行カードローンでの契約は、結構カード発行の点で即日キャッシングができないことが多いので、注意が必要です。

 

加えて、ネット申し込みを受け付けている中堅の消費者金融などは、会社によっては最短即日対応していますが、街金ほどの小規模業者になると難しくなってきます。

 

しかも、街金の場合は下手をすると店舗まで直接借り入れや申し込みをしに行く必要があるので、キャッシングまでに時間を要するといえます。

 

カードローン以外では何日くらい融資までにかかる?

 

カレンダー

 

カードローン以外の方法でのキャッシングは、最短即日融資に対応していない場合が多いのは先述の通りです。

 

ちなみに、カードローンの扱いはあるものの最短即日融資対応していない金融機関の場合は、早いところで2〜3日、遅くても1週間いないくらいにはキャッシングが可能となることが多いです。

 

ただし、銀行カードローンなどで口座開設が必須条件で、カードローンと口座開設を同時に申込んだ場合は、口座開設に時間を要するので2〜3週間ほど時間がかかることがあります。

 

では、他のローンではどれくらいの日数で融資がしてもらえるか?といえば、契約先やローンプランなどによってまちまちといえます。

 

大まかに分けると下記の通りです。

 

即日対応していない融資にかかる日数

  • 銀行フリーローン=2〜3日
  • 目的ローン=2〜3日または1週間
  • ビジネスローン=2〜3日または1週間
  • 公的融資=1カ月以上

 

それぞれ契約先によって融資までにかかる時間は変わりますが、大体早いと2〜3日以内、長いと1カ月以上かかることもあります。

 

即日キャッシングが無理な理由が、郵送に時間がかかるということなら2〜3日以内で済むことが多いです。

 

しかし、審査や融資実行までに時間がかかる場合は、基本的に1週間以上を要してしまいます。

 

加えて、カードローンは個人向けの少額融資が主な貸付用途ですが、銀行フリーローンや目的ローン、ビジネスローンなどは資金用途が高額融資額が必要場合が多いです。

 

その為、カードローンよりも審査に時間がかかる傾向にあるといえます。

 

また、国や自治体に申し込みをする公的融資に限っては、打ち合わせや手続きなどに時間がかかるのに加え、貸し付ける方も様々な所に掛け合い確認する必要があるので、1ヶ月以上の膨大な時間がかかります。

 

基本的に、その日のうちに現金をキャッシングしたい場合は、最短即日対応可能な金融機関のカードローンを契約するのが良いでしょう。

 

キャッシングでない方法でお金を即日用意する?

 

カードローンはあくまで最短即日でキャッシングをする方法として、一番有効です。

 

しかし、お金をその日のうちに用意する方法は何もキャッシングに限る必要はないといいます。

 

ただ、ここで間違ってはいけないのは、クレカ現金化をしたり最近話題になりましたがECサイトなどで「現金」を購入する方法は、選んではいけませんし検討する価値もありません。

 

というのは、それらの方法は確実に利用した側が損をするからです。

 

只々、正攻法ではないから、法律的にグレーだからというのではなく、計算をすれば確実に自身の金銭状況へ悪影響があり、合理的な方法ではないので勧めません。

 

クレカ現金化やキャリア決済枠現金化は、破産法に定められる免責不許可事由にあたります。
その為、もし自己破産をしたくても、現金化での債務は破産の中に含まれず、返済をし続けることになる可能性があります。

 

では、他にその日お金を作る真っ当な方法として何が挙げられるか?というと以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

即日でお金を用意する方法

  • 要らない物をとにかく売る
  • 日雇い・前払いの仕事をする
  • 非常時払(労働基準法25条)を請求する
  • 家族に借りる

 

売れる物は全てお金に換えてナンボ!

 

まず絶対やるべきなのは、不要物というより身の回りの物の売却といえるでしょう。

 

要らないものというと、「自分の物差しで要らないもの」しか売らない方もいますが、なくても生活に困らないものはすべて売却してしまうのが正解です。

 

かくいうサイト管理者も、アルバイトは既にしていたものの家庭の事情で、学生時代に学校生活で必要金額が捻出出来なかった時があり、持っていた靴やらカバンはすべて1つだけ残して、手当たり次第売りました。

 

集めていた小説などの娯楽品も、「お自分で稼いでまた買おう。」と思い、その時は手放しました。

 

一番つらかったのは、幼い時に祖母に買ってもらって、8年近くは何度も周回しているゲームを手放した瞬間でした。

 

ゲーム自体の売却額は千円ほどだったと思いますが、その時負った心の傷はプライスレスです。

 

どれもそこまで高く売れる物ではありませんでしたが、売却は直ぐ現金が手に入る良い方法です。
部屋も物が減ってきれいになって一石二鳥です。

 

ちなみに、ブランドものなら専門店に駆け込むのが良いでしょう。

 

しかし、そうでなくても今は大手リサイクルショップなどに持っていけば何円かにはなります。

 

下手に、ノーブランドの物を専門店に売りに行っても、突き返されるか処分で良いか聞かれるだけです。

 

経験則ですが、すぐお金が欲しいなら売り先にはこだわらない方が良いでしょう。

 

不用品売却と日雇いまたは給与の前払いをしてくれる仕事をすれば、何十万円必要!という事でなければ、キャッシングするまでもなく必要なお金が用意できるかと思います。

 

最近、不用品の売買で話題なのがメルカリやヤフオクです。
ネットでの販売は送料を考えると利益がないのでは?と思うかもしれませんが、商品のもの自体の価値よりもそれを使ってできる何かや付加価値を買うという事で、自分ではゴミだと思っている物が売れることがあります。
先日は、TVでも浜辺で角が丸くなったガラス片をネットで売って年収何円というレベルで稼いでいる女性の方の特集も見かけました。
また、ネットでは卵の殻が亀の餌として売れるといった情報もあります。(粉末レベルくらいまで粉砕して与えるらしい…あくまでネット上での噂です。)
何も売れる物が手元にはない!と思っていても、自分の近くに何かしら物体があるうちはお金に代わると思ってまず行動に移しましょう。

卵の殻が亀の餌になる情報に関しては、サイト管理者は亀の専門家ではないので必ず専門書などで確認後、自己責任で販売・購入してください。

 

日雇いは何がオススメ?

 

とりあえずその日限りでも働いて翌日くらいまでにはお金が欲しい!という場合は、当日払い可能となっている日雇いバイトを探すのが良いです。

 

日雇いと名の付くバイトがすべて、その日のうちに給料がもらえると思ってはいけません。

 

なかなか普通のアルバイト・パートに比べると日雇いは数がなく選択の幅が狭いですが、どうせ単発の仕事だし!と割り切って応募するのが良いでしょう。

 

日雇いでそれなりに稼ぐことが出来ると人気の仕事には、着ぐるみバイトや深夜のスーパー棚卸、倉庫作業などがあります。

 

あとは、最近は少ないかもしれませんが、治験なども高額日雇いとして昔から人気が高いです。

 

法律で勤務先への前借は認められている

 

また、既に働いている方で、必要な金額が出産や病気、災害などの非常時に関わるような用途であれば、働き先に非常時払いをお願いすることも、法律上では可能です。

 

非常時払いは、厚生労働省が定める非常時に準ずる事態に限り、労働者が雇用主に労働した分の金銭を定められた給与日よりも前に受け取ることが出来る仕組みとなっています。

 

ただし、雇用先が非常時払(労働基準法25条)を認知しており、且つ労働者の請求に応えるかどうかの確実性はまちまちといえるでしょう。

 

ただ、労働基準法で定められている事なので、本来は原則、労働者から非常時払の請求があった場合、雇用先はそれに応える努力をする必要があります。

 

自分ではもうどうにもできない。何かの手続きをするのは面倒…という方は、頼れる家族がいるならそこから借りるしかないでしょう。

 

その後家族とどういうやり取りをするのか、どんな関係を築いていくかは、最早借りた側とその家族の問題となりますから第三者に言及の余地はありません。

 

以上のように、キャッシングする以外にも即日でお金を用意する方法は少し考えれば、いろいろあります。

 

それらの方法の中でどれを選ぶのが良いかは、人それぞれ違いと思いますから必要な金額と自身の都合に合わせて、手段を講じるのが良いでしょう。

 

ポイントサイトやクラウドソーシングで片手間に稼ぐ

 

売却に行く時間があるならそうしている!まとまった時間副業が出来るならしている!という方の場合は、即日というわけにはいきませんが他の方法もあります。

 

つまり、短時間で日常の片手間にお金を工面する方法です。

 

ただし、先に述べておきますが根気が必要です。

 

片手間に稼ぐには、ポイントサイトやクラウドソーシングでタスクを大量にこなす方法が挙げられるでしょう。

 

しかし、この方法は1件あたりの報酬額が低く、すぐにポイントを現金に換金出来ないものもあるので、その点は理解が必要です。

 

携帯会社を契約しているなら、その会社のポイントを貯めるサイトなどがあります。

 

例えば、そのポイントを携帯料金の代金分だけ貯めて支出を抑えるという方法も考えられるでしょう。

 

もし、何らかの事情で会社勤めは出来ないけれど、自身の空いた時間で働くことはしたい!という方にはクラウドサービスがオススメです。

 

クラウドソーシングには、日々様々な企業から色々なジャンルのタスクと呼ばれる、ネット上またはデータのやり取りだけで完了する仕事が寄せられます。

 

それらをサイトに登録し、1件1件単発でこなしていく事なら長時間の労働は必要ありません。

 

仕事内容が良ければ、在宅などで雇用契約を結べることもありますから、仕事で稼ぐ意思があるのに時間がない方、自宅などを離れられない方にオススメの方法です。

 

タスクは1件5円などのアンケートのような簡易的なものもあれば、文章やイラストを作ったりして1000円〜何万円程の報酬がもらえる専門的なものもあります。