キャッシング即日融資のすすめ

クレジットカードとカードローン返済のリボルビング払いは同じなのか?

 

クレジットカードでもカードローンでも大体同じ要領でキャッシングが可能です。

 

しかし、返済に関しては両者において見逃せない違いがあります。

 

クレジットキャッシングとカードローンの返済の違いの要点を簡単にまとめると以下の通りです。

 

クレジットカードとカードローン返済の違い

  • クレジットキャッシングは基本は翌月一括払い。
  • 同じリボルビング払い(リボ払い)でも仕組みが違う。

 

まず一つは、クレジットカードでのキャッシングの場合、返済方法を分割やリボ払いにしなければ、その月に利用した金額分は翌月に一括で支払う事になります。

 

カードローンでも、1〜5万円ほどの少額キャッシングであれば、直近の約定返済日もしくは繰り上げ返済で一括返済できますが、基本は借り入れ額(残高)を分割で支払っていきます。

 

ちなみに、クレジットカードでキャッシングした金額の返済方法はショッピング枠同様に口座引き落としも可能ですが、中にはATMや銀行振り込みでの返済になるカードもあります。

 

もう一つは、返済の仕方に関わってくる返済方式の種類が実は別であることです。

 

クレジットキャッシングとカードローンの返済方式の違いはちょっと分かりづらく、勘違いをしがちです。

 

リボルビング方式(分割払い)には種類がある

 

カードローンは基本的に分割での返済であるのは先述した通りです。

 

ところで、分割払いとリボルビング払いは同じことを意味します。

 

その為、クレジットキャッシングのリボ払いとカードローンの分割払いは、返済方法の大きな枠としては同じ扱いになります。

 

しかし、リボルビング方式はキャッシングに関わる返済方式の一番基礎となっており、リボルビング方式には元利・元金定額や定率、残高スライドといった方式が合わせられた様々な種類があります。

 

この返済方式の種類がクレジットカードとカードローンのキャッシングでは違う場合が多いのです。

リボルビング方式と残高スライドリボルビング方式での返済の違いは?

 

リボルビング方式にはいろいろな種類があるのですが、クレジットキャッシングはのリボルビング方式をそのまま、カードローンは残高スライドリボルビング方式が適用されていることが多いです。

 

リボルビング方式と残高リボルビング方式の違いは何かといえば、簡単に説明すると、返済額がキャッシング額に伴って増減するかしないか。という違いです。

 

通常のリボルビング方式で返済をしていく場合、ただの分割払いとなるのでキャッシング額が増えようが減ろうが、決まった金額を払い続けることが可能です。

 

例えば、クレジットキャッシングでリボ払いの設定をする際、毎月の返済額を5,000円と決めたら、5万円キャッシングしようが50万円キャッシングしようが、毎度の返済額は設定をし直さない限り5,000円のままです。

 

つまり、クレジットキャッシングでの返済の場合、キャッシング利用者のサジ加減で返済額が左右されます。

 

ところが、カードローンでキャッシングした場合、大体の金融機関はキャッシング額毎に、最低限支払うべき約定返済額を設定しています。

 

その為、キャッシング残高が増えれば返済額も自動で増え、残高が減れば返済額も少額になります。

 

カードローンの返済では、「残高スライド」の名称の通り、クレジットキャッシングの返済方式と同じリボルビング払いをベースにしていても、残高の変動を優先させて返済額が決まる方式となっています。

 

リボ払いが利息ダルマになるのは返済額が変わらないから

 

この返済方式の違いによって生まれる、クレジットキャッシングとカードローンの返済の差で大きいのは、利息額といえます。

 

というのは、先述した通り通常のリボルビング方式であるリボ払いでは、キャッシング額が増えても利用者が返済額を変更しない限り、返済額は増えません。

 

その為、月々の返済は楽ですが、キャッシング額が高額になった際に返済額が少額のままであると、返済期間が徒に伸び、手数料という名の利息がどんどん増えます。

 

最近はリボ払い専用カードといい、ショッピング枠もキャッシング枠も、翌月一括払いではなく自動的にリボ払いになるクレジットカードなどがあります。

 

リボ専用カードでキャッシングをする場合は、返済額の設定に気を付ける必要が大いにあるでしょう。

 

クレジットカードキャッシングでの返済をリボ払いにすると、毎月の返済額が少額になりがちで、利息が大幅にかかる可能性が否めません。
その為、なるべくクレジットキャッシングする金額は翌月一括返済できる少額にとどめることをオススメします。
高額のキャッシングをする場合は返済の際の利息負担を考慮して、クレジットカードよりもカードローンがオススメです。

 

また、カードローンでも基本的には、約定返済額が残高に伴って変動するので、リボ払いほど利息が嵩むことはありませんが、約定返済額は最低返済額とも言われています。

 

そこで、なるべくカードローンのキャッシング残高の返済でも利息がかからないようにするには、約定返済額より多めの返済をすることをオススメします。

 

クレジットカードの金利は消費者金融と同じ

 

そもそも、クレジットキャッシングの金利は、消費者金融のカードローンとほぼ変わらない18.0%が平均となっています。

 

カードローンの場合、銀行カードローンでキャッシングが出来れば、大体14.0%くらいの金利で契約が可能です。

 

また、カードローンの金利は限度額の設定ごとに細かく設定されており、限度額設定が高くなれば低金利でキャッシングが可能といえます。

 

その点、クレジットキャッシングの金利はそこまで細かに限度額毎に分けられていはいません。

 

というより、クレジットキャッシングはカードローンよりも扱える最高限度額が低い事が多いので、そこまで金利設定を分けることが出来ません。

 

キャッシング額が高額に及ぶ場合は、金利設定の面でも、返済のし易さでも、クレジットキャッシングよりカードローンを利用するのが良いといえるでしょう。

 

ショッピング分割払いは低金利?

 

クレジットカードの金利は、実はショッピング枠とキャッシング枠では違う設定がされています。

 

ショッピング枠では一括払いの場合、利息の類が発生しませんが回数分割払いやリボ払いを利用すると分割手数料がかかることになります。

 

その際、大体どのクレジットカードでもショッピング枠の分割手数料は最高年15.0%程で設定されています。
(ゴールドカードのような年会費がかかるグレードのカードは年9.0%〜12.0%程)

 

ところが、上述したように同じクレジットカードでもキャッシング枠の利用となると、一括払い・リボ払いに関わらず18.0%と3.0%も高い金利がかかるのです。

 

その為、クレジットカードショッピング枠の分割払いで決済可能な代金であれば、キャッシング枠を利用しない方が利息負担の少ない支払いが可能といえるでしょう。

 

ただ、そのショッピング枠の分割手数料よりも、銀行カードローンは低金利なので、利息をかけずに借りたお金を返したい場合は、カードローンでのキャッシングの方がやはりオススメです。