キャッシング即日融資のすすめ

総量規制と即日キャッシングの関係とは?

 

貸金業法の総量規制とは、貸金業者の過剰貸し付けと消費者の多重債務を防ぐ、キャッシングするにあたって必ず理解しておいた方が良い規則です。

 

総量規制の内容が、直接即日キャッシングに関して規制していることはありません。

 

しかし、総量規制で定められている内容を把握したうえで、キャッシング申し込みをしなくては、思いのほか融資を受けるまでに時間がかかってしまう可能性はあります。

 

総量規制の内容は?

  • 借り入れ側の年収3分の1を超える貸付は不可。
  • 1社50万円以上の貸付には年収証明を義務付ける
  • 複数社契約で100万円以上になる貸付の場合も年収証明の義務。

 

この貸金業法の総量規制が関わるキャッシングは、主に消費者金融カードローンとクレジットカード(キャッシング枠のみ)です。

 

一番借り入れ側にとって重要なのは年収の3分の1以上のキャッシングは出来ない。という事でしょう。

 

例えば、年収200万円なら約60万円までしか総額でキャッシングできません。

 

とはいうものの、昨今のキャッシング傾向は少額融資での繰り返し利用が多いので、借入限度枠はさほど必要がない場合が多いかもしれません。

 

また、貸金業法の総量規制は貸金業者に対して適用される法律ですから、もし、総量規制以上の金額のキャッシングがしたいなら、貸金業者以外からのキャッシングを検討すれば良いでしょう。

 

加えて、借り入れ契約を検討する際には、金額もさることながら、早く借りたい!という希望も強い事でしょう。

 

即日キャッシングを希望する場合は、借り入れ希望額が50万円を超えない方が審査も早く済み、申し込み当日中のキャッシングの可能性が高いといえます。

 

というのは、総量規制の年収証明の義務が関係してきます。

 

年収の証明は、キャッシング申し込み時の自己申告だけでなく、所謂、収入証明書類ですることとなります。

 

つまり、貸金業者からの50万円以上のキャッシングでは、貸付側からすると確認する書類が、借り入れ側からすると用意する書類が増えるわけです。

 

すると、必然的に契約手続きにかかる時間も長くなることが想定できます。

 

その為、即日キャッシングの可能性を高めたいなら、50万円以下の希望額での申し込みをオススメします。

 

特に、緊急で50万円まるまる要るようなキャッシング希望ではなく、融資の早さを重視するなら希望額は10万円程で申し込むのが良いでしょう。

 

また、貸金業者の借り入れ先が複数ある場合は、特に、借り入れ希望額とその時の借り入れ残高に注意をする必要があります。

 

借入先が3〜4社もある場合は、年収とキャッシング額のつり合いも勿論ですが、信用情報の確認も入念にされます。

 

多重債務まではいっていなくとも、他社借り入れ件数が複数ある事で、例え少額のキャッシングであっても審査に時間がかかり融資スピードが遅くなる可能性が否めません。

 

最悪は、即日キャッシングどころか審査に落ちてしまう事もあるでしょう。

 

総量規制は個人への無担保貸付に対して適用されるので、法人への貸し付けは適用外です。
また、貸金業者ではない銀行や信用・労働金庫からの借り入れは総量規制の影響を受けることはありません。

総量規制対象外の銀行は高額でも即日キャッシング可能?

 

ところで、総量規制は貸金業者以外には適用されない事は先述した通りですが、それなら銀行では高額即日キャッシングが可能か?という疑問がわいてくる事でしょう。

 

確かに銀行カードローンでのキャッシングの場合、総量規制対象外貸付になりますから、原則上述してきた範囲が絶対ではありません。

 

また、銀行カードローンでは希望額200万円以下であれば収入証明書が不要である事もあります。

 

銀行カードローンでの過剰貸し付けが最近は問題視されているため、以前より収入証明書不要額が下がっている銀行が増えています。
その為、現在はほぼ総量規制適用の消費者金融と変わらない50万円以上で収入証明書が必要なことが多いです。

 

そのような点から、希望借入額は消費者金融カードローンよりも融通が利くといえます。

 

銀行からのキャッシングは貸金業法で取り締まられることはありませんから、属性が良く信用情報も問題なければ高額のキャッシングでも早い段階でキャッシング出来る可能性は確かにあります。

 

しかし、一般的には、銀行でも新規契約時に即日キャッシングを円滑に完了するには、50万円以下の希望額が無難とされています。

 

銀行が明言していることではありませんが考えられる理由として、銀行というのは元々少額の個人貸付を専業としていたわけではない背景があります。

 

何故、昨今銀行が最短即日で消費者金融と同じように個人のキャッシングに対応できるようになったかといえば、保証会社として消費者金融やカード会社を傘下に収めたからです。

 

総量規制は、実は貸金業法が改正されて出来たわりと新しい法律で、施行(2010年6月)の際には貸金業者が大打撃を受けました。

 

その時、銀行の後ろ盾を得ることでなんとか立ち直ったのが、現在の大手消費者金融といえます。

 

その為、銀行カードローンの審査というのは、保証会社である消費者金融やカード会社が請け負っている、または関わっていることが多いです。

 

そこで一つ言えるのは、審査をする会社が同じならば、その審査基準や仕方も大差ないという事でしょう。

 

銀行系消費者金融は総量規制の対象

 

ちなみに、銀行の保証会社になっている消費者金融は銀行の傘下に入っていることから、銀行系とだけいわれたり銀行系消費者金融といわれることがあります。

 

銀行系消費者金融は、あくまで銀行とつながりがあるだけで、業態としては貸金業者ですから総量規制の適用です。

 

意外とこの銀行系というぼんやりとした輪郭の言葉で勘違いをしてしまう方が多いので、注意してください。

 

主な銀行系消費者金融は、プロミス、モビット、アコム、ノーローンです。

 

大手消費者金融の中で、唯一アイフルだけは銀行傘下に入らず、現在も独立系(またはノンバンク系)として営業しています。

 

消費者金融は、銀行系、独立系関係なく総量規制が適用されます。

 

高額融資を受けるなら口座があるところで契約

 

もし、どうしても必要があって総量規制の年収制限に関係なく、出来れば高額の金額をキャッシングしたいという場合は、なるべく自身が長年利用している口座がある銀行を契約先にするのが良いでしょう。

 

銀行からのキャッシングであれば、総量規制対象外なので借り入れ額が年収の3分の1までに絶対に限られるという事はありません。

 

特に、毎月の給与振り込み先として指定している口座がある銀行がオススメです。

 

金融機関側は何が貸付で一番不安かといえば、融資をした後で返済がされなくなることです。

 

その為、なるべくキャッシング利用者の収支が分かる状態であるのが望ましいといえます。

 

ですから、長年口座を利用しているとなると、銀行側には顧客データがありますから、先述したように200万円ほどのキャッシングまでは収入証明書も本人確認書類も要らない場合が多いです。

 

加えて、ある程度安定した収入があることは把握している可能性が高いので、消費者金融でキャッシングするより高額が借りられる可能性があります。

総量規制例外貸付は即日キャッシング可能?

総量規制対象外には二種類あり、銀行や住宅ローン、カーローンなどは総量規制除外貸付という扱いなので、総量規制の管轄ではありません。

 

もう一つ総量規制例外貸付という貸付がありますが、こちらは総量規制の年収制限が少し緩和されるだけとなっています。

 

総量規制例外貸付は具体的には以下のような用途でのキャッシングに適用されます。

 

総量規制例外貸付の内容

  • 顧客に一方的に有利な借り換え
  • 配偶者の年収と合算して3分の1以下の貸付
  • 個人事業主への貸付
  • つなぎ資金
  • 緊急性のある高額費用(医療費や葬儀費など)

 

これらにあたる資金用途での借り入れでは、特別に総量規制で定める年収制限以上の借り入れが可能となります。

 

ただし、あくまで例外貸付なので、借り入れ後は残高が総量規制の年収以下になるまで、新たな借り入れは出来ないようになります。

 

また、借り換えや個人事業主の方のキャッシングでの例外貸付の場合は、最短即日で行える可能性もありますが、それ以外は難しいといえます。

 

というのは、借り換えや個人事業主貸付以外の例外貸付は、通常の契約より必要な書類が多く、加えて資金用途の実際の証明がなかなか難しいからです。

 

その為、配偶者貸付やつなぎ資金、緊急性のある高額での借り入れの場合は、そもそも金融機関側が請け負っていないことが多いです。

 

つまり、借り換えや個人事業主貸付以外での例外貸付は、最短即日どころか例外として借り入れ契約をすることが、実際には難しいといえます。