クレジットカードからカードローンに低金利借り換え?

カード

 

クレジットカードのキャッシング枠やリボ払いのキャッシング残高の返済が厳しい…

 

その原因は、一概に支払い回数(返済回数)の多さによる金利と手数料の負担が大きいためといえるでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠やリボ払いの金利は大体どのカードでも18%です。
(年会費や保証料が別途でかかるクレジットカードの金利はもっと低い場合がある。)

 

金利18%というのは、消費者金融のカードローンと同じ金利になります。

 

もし、1〜3カ月程度の短期間借り入れで、一定期間無利息期間のある消費者金融カードローンを利用するなら、下手をするとクレジットカードキャッシングの方が、元金にかかる総利息は高い場合もあります。

 

また、クレジットカードでの借り入れを、約定返済(毎月の引き落とし)以外に繰り上げ返済しようと思うと、その都度ATMにしろ、銀行振り込みにしろ、繰り上げ返済手数料がかかります。

 

電話でカード会社に問い合わせることで、口座引き落としでの繰り上げ返済も可能ですが、毎月繰り上げ返済での問い合わをするのは気が引ける事でしょう。

 

カードローンの返済では、契約先の自社ATMを利用したり、ネットバンキング機能を利用したりすることで、繰り上げ返済時も手数料無料で返済可能です。

 

残高の早期完済をする為には、毎月の支払以外にも繰り上げ返済をすることが重要となってきます。

 

だというのに、クレジットカードでの繰り上げ返済では手数料がかかるわけですから、その分損をしている事になります。

 

クレジットカードで自由払いとも言われるフレックス払いが話題ですが、フレックス払いでクレジットカードを利用する事で以前よりは繰り上げ・追加返済の自由が利きます。
しかし、フレックス払いは一括での支払いなら手数料がかかりませんが、それ以外の繰り上げ・追加返済については今までのクレジットカード同様高い手数料がかかります。

 

加えて、金利が高い分利息も多く付くのですから、なかなか残高は減っていきません。

 

そこで、今あるクレジットカ―ドのキャッシング残高やリボ払い分を一括で返済してしまうようなことは出来ないにしても、今後返済していく際にかかる利息や手数料を減らすにはどうするか?

 

その方法が、クレジットカードからカードローンへの借り換えです。

 

キャッシング残高を低金利カードローンに借り換える方法とは?

 

時に、借り換える際は、消費者金融では先述したようにほぼ金利が変わらないので、低金利である銀行カードローンへ借り換えをしましょう。

 

オススメ低金利銀行カードローン

銀行カードローン

金利

みずほ銀行カードローン

エグゼクティブプラン:年3.0%〜14.0%

コンフォードプラン:年3.5〜14.0%

住宅ローン併用で0.5%金利引き下げ適用

三井住友銀行カードローン

年4.0〜14.5%

イオン銀行カードローン BIG

年3.8〜13.8%

静岡銀行カードローン セレカ

年4.0〜14.5%

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

年3.9〜14.9%

 

借り換えの流れ

  1. 希望の金融機関のカードローンに申し込みをする。
  2. 借り換えたいクレジットキャッシング残高額(利息・手数料含む)をキャッシングする。
  3. カードローンキャッシングしたお金で既存の残高を一括返済。

 

クレジットカードの返済のために新たにカードローンで借り入れたお金で、既存の残高を一括返済したら、クレジットカードは解約してしまった方が良いでしょう。

 

というのは、借入先が複数ある状態というのは、信用情報的にあまり好ましい状態ではないからです。

 

複数借り入れがあるというのは、例え多重債務ほど深刻化していなくとも、貸付側の金融機関から見たときに貸し倒れリスクとして少なからずみなされる原因となります。

 

例えば、借り換え後のカードローンで借り入れが可能な枠を増額したい!といった時、クレジットカードキャッシング枠が利用はしていなくてもあることで、希望通りの金額に増額出来ない。という事が起こりえます。

 

借り換え直後は、クレジットカードを解約しない限り、両方からキャッシングが可能な状態になりますが、そこで両方から少しずつ借りる。というようなことはやめましょう。

 

借り換え時に余分にキャッシングをしては、借り換えをして金利や手数料を抑えたとしても、返済額は増えることになってしまいます。

 

それでは借り換えの意味がありません。

 

借り換えの際に、余分なキャッシングをしてしまわないか心配な方は、完済するまで追加でキャッシングが不可能なフリーローンや借り換え専用ローンを利用するのもオススメです。

 

逆に、クレジットカードキャッシングしていた時のように、自身の懐事情に合わせてキャッシングも返済もその都度繰り返していきたい場合は、通常の銀行カードローンへの借り換えが良いでしょう。

 

ちなみに、借り換えのためにキャッシングした融資金を借り換え以外の用途で利用するのはご法度です。
その様なことをすれば、残高が一気に増えてしまいますし、前のローンを利用し続けて借り換えていないことが借り換え先にバレた時点で、一括請求される可能性も否めません。

借り換えは毎月の返済額を少額にも出来る?

 

金利が高く、支払う利息額が多いと毎月の返済額や分割額も大きくなります。

 

もし、クレジットカードの毎月の支払額が4,000円以上であるなら、その金額よりカードローンに借り換えた方が返済額が少額になります。

 

消費者金融のカードローンでも、借入額が10万円以下の場合は最低返済額4,000円で済みますし、銀行カードローンなら毎月2,000〜3,000円で済むこともあります。

 

毎月クレジットキャッシングで1万円以上支払っていて、そろそろ返済遅延してしまいそうだ…。

 

という場合にも、カードローンへの借り換えで一時的に出ていくお金を減らすことが可能です。

 

ただし、カードローンに借り換え後、何とか懐に余裕が持てるようになったら、最低返済額以上の金額で返済するようにしましょう。

 

カードローン借り換え後に、あまり完済までの返済期間を長引かせては、総利息額が結局膨らんでしまう恐れがあります。

 

借り換え後は、返済が楽になった分なるべく早く完済することが望ましいといえます。

 

おまとめローンの場合は毎月の返済額は少なくならない

 

クレジットキャッシング残高をただカードローンに借り換えるだけなら、毎月の約定返済額を少額に出来る可能性は高いです。

 

しかし、他の借り入れ先と一纏めにおまとめローンにクレジットキャッシング残高を盛り込んだ場合、約定返済額は少額にならない場合があります。

 

というのは、クレジットキャッシングと他の残高をまとめたことにより、借り入れ総残高が高額になるので、おまとめ当初は返済額がそれに伴って大きくなるからです。

 

その為、とりあえずクレジットキャッシング分の返済を楽にしたい!という事であれば、他にカードローンも利用しているならそちらに借り換えだけした方が良いかもしれません。

 

その後、最終的にローンを一本化するのが、返済負担がいきなり重くならないおまとめ方といえるでしょう。

 

リボ払いも途中で一括返済可能?

 

購入時にリボ払いを指定することも出来れば、昨今はリボ払い専用カードなる物もありますが、両方とも支払い途中での一括返済は可能です。

 

契約しているクレジットカードの種類やカード会社によって、一括返済の仕方は異なります。

 

ATMから一括返済できる場合もあれば、口座振り込みによる返済方法しか取れない場合もあります。

 

一番簡単なのは、ネットからクレジットカード会員ページにログインしてリボ払いの一括時返済申請が出来る方法でしょう。

 

大体どのクレジットカード一括返済でも利用できるのは、電話での問い合わせです。

 

電話での一括返済の問い合わせの場合は、残高の元金分全額とその月の返済にかかる手数料分が、次回の支払日にいつも引き落としをしている口座から引き落とされる方法となります。

 

また、リボ払い専用カードの場合は、カード払いをした分の金額全額を引き落としの日までに、支払額として設定し直す事で、事実上の毎月一括返済が可能です。

 

ただし、そのように支払額を簡単に設定しなおせるリボ専用カードもあれば、そうでないものもあるので、自身のカードはどのような支払い設定が可能か、ちゃんと把握しておきましょう。

 

以上のような方法を取ることで、リボ払いの残りの支払い回数分も一括返済が可能なので、キャッシング枠利用残高と同じ要領で借り換えが可能です。

 

リボやキャッシング枠の代わりにボーナス一括払い!?

 

カードローンへ借り換えをするほどではないものの、リボ払いやキャッシング枠をそれなりの頻度で使っている。

 

という方にオススメしたい支払い方法として、ボーナス一括払いが挙げられます。

 

ちなみに、ボーナス払いというのは、例え勤め先にボーナス(賞与)制度がなくても、利用が可能です。

 

ボーナス払いは、夏期と冬期のボーナス時期の中で、カード会社が設定する月まで支払いが先伸ばしに出来る仕組みです。

 

その為、何かの購入代金の支払いを約半年間はしなくても済みます。

 

そして、重要なのはボーナス「一括払い」であることです。

 

通常クレジットカードは一括払いには手数料がかかりませんから、ボーナス払いも分割にしなければ手数料がかかりません。

 

つまり、ボーナス一括払いにすればリボ払いやキャッシング枠を利用しなくても、支払いの猶予があり、加えて、支払いまでの間の利息手数料負担もないのです。

 

ただし、ボーナス払いで先延ばしにした支払を忘れて、ボーナス月にあたる引き落としまでに使いすぎてしまわないように注意が必要です。

 

いつに利用したボーナス一括払いが、夏期と冬期どちらでの支払いになるかは、それぞれカード会社によって異なります。

 

クレジットキャッシング枠同士の借り換えは出来る?

 

カードローンでは銀行同士で借り換えをすることが可能です。

 

消費者金融同士の借り換えも可能ですが、借り換えメリットはほとんどないといえます。

 

では、クレジットカードキャッシング枠同士で残高を移すのはどうか?といえば、事実上は可能ですが消費者金融同士の借り換え同様、借り換えに望めるはずのメリットがないといえます。

 

というのは、大体どのクレジットカードのキャッシング金利は18.0%ほどとなっている為、残高を移したところで利息分の削減にはつながらないからです。

 

例えば、有名どころのクレジットカードの金利は以下のようになっています。

 

  • 楽天カード=18.0%
  • セゾンカードインターナショナル=12.0〜18.0%
  • エポスカード=18.0%
  • イオンカード=1.65〜19.80%

 

楽天カードなどは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が年1.9%〜14.5%と低金利となっていますから、同じ系列であったとしてもその差は大きいです。

 

ちなみに、金利はカードローンでもクレジットカードでも、100万円以下でのキャッシングの場合は上限金利が適用されますから、セゾンカードの12.0%やイオンカードの1.65%などの下限金利が適用されることはほとんどないといえるでしょう。

 

また、約定返済額に関しても、あまりどのクレジットカードの返済額が低いというのはないといえます。

 

そもそも、最近はクレジットキャッシング残高のフレックス払いが売り出されており、返済額はカード利用者自身が任意で決められることが多いです。

 

その為、確実にクレジットキャッシング残高の借り換えを成功させるなら、カードローンへ借り換えた方が良いといえるでしょう。