クレジットカードの作り方を初心者や学生にも分かりやすく解説!

 

サイト管理者が自分で「大人になったな…」と思ったのは、自分名義のクレジットカードを初めて作った時でした。

 

きっと共感してくれる方はどこかにいると思います。いなかったらそういう人もいるんだ〜ぐらいに思っていただければ幸いです。

 

クレジットカードは、初めて自分で作るお金が関係してくる大事な契約を交わすものになり易いので、作るのが不安な方は少なくない事でしょう。

 

そこで、クレジットカード初心者の方や学生の方が、いざ作ろう!と思った時にぶつかりそうな作り方の疑問について、分かりやすくまとめてみました。

 

VISA・MasterCard・JCBどの国際ブランドが良いのか?

 

最初にクレジットカードを作る時によく分からないのが、国際ブランドというやつだと思います。

 

VISA・MasterCard・JCBの3つがありますが、日本国内でクレジットカードを使う場合は3つの内どれを選んでも特に問題はありません。

 

しかし、海外で利用するためにクレジットカードを作るなら、VISAかMasterCardにした方が良いです。

 

JCBは日本のカードブランドなので、国内では利用に困りませんしメリットが大きいですが、海外では使えない事が少なくありません。

 

その点、VISAとMasterCardであればどちらでも海外での利用に困りませんし、日本国内でも勿論使えます。

 

それぞれカードの大本の発行元が3つの国際ブランドになり、ブランド毎に受けられるサービスが微妙に違ってくるので、サービスの内容を見てブランドを選ぶのも良いでしょう。

 

クレジットカードはネット申込で簡単に作ることが出来る!

 

クレジットカードは、百貨店などの有人店舗でも申し込みの勧誘を行っています。

 

ところが、実はネットからクレジットカードに申し込みをした方が、メリットが多いです。

 

特にクレジットカード申し込みをした際の特典などが、ネットから申し込みをした方が充実しています。

 

その為、作りたいカードを決めたらわざわざ店頭まで行かなくても、スマホやPCから申し込んだ方が良いでしょう。

 

何となく店頭で申し込みから発行までをした方が、特典がもらえたり早くカード発行できそうな気がしますが、実はそんなことないのです。

 

そもそも、申し込みを店頭でしても審査をするのは、その場に居るカード案内の方ではないので、申し込み内容を審査担当に回さなくてはいけません。

 

その点、ネットからのクレジットカード申し込みであれば、申し込み内容が直接審査をするところに送信されます。

 

また、店頭で人件費を割いて案内をしてクレジットカードを発行するよりは、カード会社も人の手を省いてネットで申し込みをしてもらった方が良いでしょう。

 

ネットから申し込みをすると、入会完了後にそのクレジットカードで貯められるポイントが沢山もらえる特典があることが多いです。

 

初めてクレジットカードに申込むなら審査通過は難しくない?

 

クレジットカードに申し込みをした後は審査が行われます。

 

クレジットカードの審査では信用情報の照会や申し込み内容(属性)の確認がされ、審査通過出来ればクレジットカードが作れる流れです。

 

例えば、学生の方や新卒の社会人の方が、初めてクレジットカードを作るような場合は、まず審査に落ちてしまう事はないでしょう。

 

というのは、クレジットカード以外にカードローンなどを契約した事などがあると、信用情報に傷があったりしますが、初めてカードを作る方の大半は何も審査で不利になるような情報の記載がない事が多いからです。

 

クレジットカードの審査に落ちてしまう方は、信用情報に異動情報といわれる金融事故の履歴が記録されている事が多いといえます。

 

金融事故はクレジットカードのような信用取引をしていて、返済不能になった場合などに起こしてしまうわけですが、学生の方や少し前まで学生だった新卒社会人の方などは、基本的にそれまでに自身の名義で信用取引をしてきている事が少ないです。

 

また、信用取引の中でも、クレジットカードはハードルが低い部類なので、学生の方などでも発行が可能となっています。

 

したがって、クレジットカードを初めて作るのなら、審査に落ちる心配はほとんどしなくて良いでしょう。

 

ただし、初めてクレジットカードを作るのが30歳以上の方の場合、審査の際にブラックの喪明けと勘違いされ、思い通りのカードが作れない可能性がゼロではありません。
原因は年齢を重ねている割に信用実績が何もない事なので、携帯割賦払いやかなりクラスの低いクレジットカードなどでクレヒスを積むようにしましょう。

 

年会費無料のクレジットカードでクレヒスを積む!

 

ちなみに、ゴールドカードやプラチナカードのようなグレードが高いステータスカードは、クレヒスを積んでからでないと発行できない事が多いです。

 

クレヒスは、クレジットヒストリの略で信用実績を意味します。

 

信用実績は、クレジットカードやカードローンなどの信用取引を問題なく利用している事で積めるものです。

 

その為、最初からゴールドカードやプラチナカードが欲しい!と思っても、審査に通過できるかどうかは微妙といえます。

 

よほど年収が高かったり、高給取りな職業だったりして、支払い能力が高い場合は別ですが一般の方が初めて作るには原則、向きません。

 

一度もクレジットカードを作ったことがない場合は、まず年会費無料の一般カードから作りましょう。

 

基本的にゴールドカードやプラチナカードは、一般カードで良いクレヒスを積んだことで、発行が出来るクレジットカードです。

 

特にプロパーカードのステータスカードなどは、一般カードを使い倒してインビテーション(招待)がカード会社から送られてこない事には、申込さえできないようになっています。

 

ただ、ある程度一般カードでクレヒスを積んで年会費を払えば、そこまで審査通過が難しくなく発行できるゴールドカードなどもあるので、年会費無料カードをある程度使ったら申し込んでみるのも良いでしょう。

 

カード申し込み時と受け取りの際は必要書類を忘れないように

 

クレジットカードを作るには、カード会社に必要書類を提出します。

 

ネット申込時の書類提出は、スマホなどで書類を撮影してその画像を送れば良いので、簡単で手間がかかりません。

 

クレジットカードで必要な書類は以下の通りです。

 

カードにキャッシング枠を付けない場合は、本人確認書類を1つ提出すれば大丈夫です。

 

クレジットカードの必要書類

 

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
など

 

収入証明書類
  • 給与明細2カ月分
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
など

 

20歳未満の方はクレジットカードでキャッシング出来ないので、必然的に本人確認書類だけの提出で済みます。

 

必要書類は、申し込み時とカードを店舗で受け取る際に必要です。

 

クレジットカード発行の際は、本人確認書類を忘れないように持参しましょう。

 

基本的に即日発行をする場合は、カードを所定の受け取りカウンターまで取りにいく事になり、その際に身分証の提示が求められます。

 

おすすめクレジットカードランキング

 

エポスカード

 

えぽすキャプ

 

申し込み対象

18歳以上の方(高校生を除く)

未成年者は親権者の同意が必要

年会費

無料

国際ブランド

VISA

ポイントの種類

エポスポイント

ポイント還元率

0.50%〜1.25%

ETCカード

年会費無料

 

エポスカードは優待・割引きになる店舗が7,000以上で、カードを提示すれば優待や割引利用が可能です。

 

また、マルイとモディで年4回行われるマルコとマルオの7日間というセールで10%割引が受けられます。

 

即日発行も可能で、海外旅行傷害保険も付いてくるので、急な海外旅行や留学、出張でカードを作るならエポスカードがおすすめです。

 

セゾンカードインターナショナル

 

せぞんキャプ

 

申し込み対象

18歳以上(高校生は除く)で、クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座がある方

年会費

無料

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB

ポイントの種類

永久不滅ポイント

ポイント還元率

0.50%〜1.00%

ETCカード

無料

 

セゾンカードでは、有効期限のないポイント永久不滅ポイントが貯められます。

 

期限を気にせず貯められるので、いざという時のポイント利用分が多く出来るといえるでしょう。

 

また、毎月5日・20日に西友やリヴィン、サニーでカードを利用することで5%の割引が受けられます。

 

パルコカードやローソンカード、無印カードはセゾンカードの提携カードで、セゾンカードインターナショナルはプロパーカードです。

 

イオンカード

 

いおんキャプ

 

申し込み対象

18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方

年会費

無料

国際ブランド

VISA、MasterCard、JCB

ポイントの種類

ときめきポイント

ポイント還元率

0.50%〜2.00%

ETCカード

無料

 

イオンカードを持っていると、毎月5日・20日のお客様感謝デーにレジで5%割引が受けられます。

 

その他にも、イオンカードは毎月のように割引優待(5〜20%)などが届くので、お得に買い物をしたい方におすすめです。

 

また、WAONも並行して貯められるのがイオンカードの強みといえるでしょう。

 

イオングループの店舗で買い物をよくする方は、作っておいて損をしないクレジットカードです。


トップ ランキング クレジットカード