クレジットカードキャッシングのやり方は?海外キャッシングをする方法とは?

 

クレジットカードには、ショッピング枠とは違う機能のキャッシング枠も付帯させることが出来ます。

 

キャッシング枠というのは聞いた事があるけど、どんな機能かよく知らないし使い方も分からない。という方は意外と多いです。

 

キャッシング機能とは?何をする機能?

 

そもそも、キャッシングとは何をする事なのか分からない!という方もいるかもしれません。

 

キャッシングとは、現金でお金を借りる事です。

 

その為、どちらかというとクレジットカード本来のショッピング利用よりも、カードローンの利用に近いといえるでしょう。

 

クレジットカードショッピング枠は、支払い方法を一括払いするなら手数料がかかりません。

 

ところが、キャッシング枠の利用にはカード会社が定める金利で、日割り計算の利息がかかります。

 

したがって、キャッシング枠で利用した金額より、多めの金額を支払う必要がある点に注意しましょう。

 

クレジットカードの金利は消費者金融と変わらない

 

クレジットカードでキャッシングする際の金利は、大体どのカードも消費者金融と変わりません。

 

ゴールドカードなどのステータスカードになると、年15.0%程でキャッシング出来る場合もありますが大体は年18.0%です。

 

金利という面では、銀行カードローンであれば年14.0%くらいでキャッシングが可能なので、クレジットカードよりも利息が安く済みます。

 

キャッシング枠が付帯されているか確認する方法は?

 

クレジットカードは本来お金を借りるためのカードではありません。

 

その為、クレジットカード申し込み時に、キャッシング枠を付帯させずに発行する方は少なくないです。

 

申し込み時にキャッシング枠を希望していない場合、クレジットカードでキャッシングをする事が出来ません。

 

自分のクレジットカードにキャッシング枠があるかどうかの確認は、カード発行時に送られてきたハガキ(書類)で可能です。

 

契約時に届いたハガキなんてもう捨てた!という方もいると思います。

 

他の確認の方法としては、カード発行会社のネット会員ページか電話での問い合わせが挙げられるでしょう。

 

ちなみに、キャッシング枠はクレジットカードのショッピング枠の中の一部に設けられる形となります。

 

その為、ショッピング枠を満額まで使っている場合はキャッシングができません。

 

クレジットカードキャッシングのやり方は?ATM以外にもある?

 

キャッシング枠が確認出来たら、次はどうすればクレジットカードでお金が借りられるのかが疑問だと思います。

 

クレジットカードでのキャッシングのやり方は3種類です。

 

クレジットキャッシングの方法
  • ATM
  • ネット振込
  • 電話振込

 

一番主流なのは、ATMにクレジットカードを読み込ませるキャッシングのやり方といえます。

 

ただ、クレジットカードでのキャッシングでは、提携ATMを利用することになりがちでATM手数料がかかることが多いです。

 

その為、なるべく口座振込でキャッシングをした方が余計なお金がかかりません。

 

振込キャッシングには、カード会員ページから振り込み申請をする方法と電話で振込依頼をする方法があります。

 

どちらの方法でも振込キャッシングの際の振込手数料は、カード会社が負担してくれることがほとんどです。

 

ただ、振込キャッシングで当日中にお金が借りたい場合は、振込の即日対応時間に注意してください。

 

即日対応時間を過ぎて振り込み申請してしまうと、翌営業日の振込となってしまいます。

 

即日振込対応時間は、クレジットカード毎にまちまちなので、自身のカード会社のHPなどで確認しましょう。

 

ATMからキャッシングする流れは?

 

融資金が振り込まれるのを待っていられない!という場合は、ATMから直ぐにキャッシングした方が良いです。

 

その際、ATMキャッシングするにはどうすれば良いか分からない方もいる事でしょう。

 

カードローンを利用した事がある方は、ほとんど同じやり方でカードをATMに読み込ませ、案内画面にしたがって捜査していくだけです。

 

大体のATMキャッシングの流れを簡単にまとめると以下の通りです。

 

ATMキャッシングの流れ
  1. ATMにクレジットカードを読み込ませる
  2. 画面で出金または引き出し(借り入れ)を選択
  3. 希望の金額を入力
  4. 暗証番号を入力
  5. 支払い方法を一括か分割か選択
  6. 利用明細の発行とカードの返却
  7. キャッシング完了

 

クレジットカードでATMキャッシングする際に、カードローンと違う点といえば支払い方法を選択するところくらいといえます。

 

カードローンはあらかじめ返済方法が分割になっていますが、クレジットカードの場合は一括払いかリボ払い(分割払い)か選択可能です。

 

ちなみに、クレジットカードでATMキャッシングする場合、セブン銀行ATMやローソンATMなどのコンビニATMや大手銀行なども含む銀行ATMが利用できます。

 

自社のATMを設置しているカード会社もありますがそこまで台数が多くない事がほとんどです。

 

クレジットカードで提携ATMからキャッシングする際の手数料は、1万円未満で100円+税1万円超で200円+税がかかってきます。

 

海外キャッシングの方法は?国際ブランドごとに対応したATMを使う!

 

クレジットカードのキャッシング枠は、ひょっとすると国内よりも海外で使う可能性が高いかもしれません。

 

例えば、出張先の海外で両替が不十分で現地通貨が足りなくなってしまった時などに、海外キャッシングは便利です。

 

海外キャッシングも基本的にATMからするのは変わりませんが、その際に利用するATMはカードの国際ブランドごとに違う点に注意しましょう。

 

国際ブランドごとに利用できるATM
  • JCBカード=JCB・Cirrus
  • MasterCard=MasterCard・Cirrus
  • VISAカード=VISA・PLUS

 

海外でのクレジットカードキャッシングに使えるATMには、対応する国際ブランドのマークと上記にあるCirrus・PLUSのマークで見分けます。

 

キャッシングの流れは国内のATMを利用する時と変わりません。

 

時に、海外のATMは必ず現金がキャッシング出来るわけではなく、ATMの中に現金がなく現金が出金されない事があります。

 

その際に、カードの戻りが遅かったりしますが、必ず離れずにATMでカードの返却を待つようにしましょう。


トップ ランキング クレジットカード