銀行キャッシュカードでキャッシングが可能?

バンク

 

三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行バンクイック、新生銀行カードローン レイクなどの銀行カードローンは、口座開設不要でも借入契約可能です。

 

しかし、銀行からキャッシングをするには、銀行口座があった方が何かと便利です。

 

というのは、銀行口座があらかじめある事で、自動契約機を利用しなくてもWEB完結で最短即日キャッシングが可能になります。

 

その際に、カードローン専用のローンカードを作らずに、手元にあるキャッシュカードにキャッシング機能を付ける契約方法があります。

 

つまり、銀行のキャッシュカードでキャッシングが可能です。

 

ただし、口座開設時に受け取ったキャッシュカードそのままではキャッシング利用できないので、ローン・キャッシング機能を付帯させる手続きが必要です。

 

取り扱っている銀行によって、「キャッシュカード兼用型カードローン」や「ローン付帯型キャッシュカード」などとされているのが、その方法にあたります。

 

以下からこのページでは「ローン付帯型キャッシュカード」の呼称で説明をしていきます。

 

金融機関によっては、キャッシュカードにカードローン機能を付帯させるのではなく、クレジットキャッシング機能を付帯させることが可能な場合もあります。
ただ、クレジットキャッシング機能をキャッシュカードに付帯させるのもカードローン機能を付帯させるのと、ほとんど変わりはありません。

キャッシュカードでキャッシング契約すると?

 

ローン付帯型キャッシュカードとしてキャッシング申し込みをすると、大概、本人確認書類の提出が省けます。

 

加えて、借り入れ希望額が少額(100〜300万円以下)であれば、銀行カードローンは原則、収入証明書不要で手続きが進められることが多いので、書類を用意する手間が省けます。

 

また、契約後はキャッシュカードとネットバンキングでの振り込み融資を利用してのキャッシングとなるので、ローンカード発行の必要がありません。

 

その為、即日キャッシングの為に自動契約機までカード発行に赴いたり、郵送でローンカード自体が送られてくることがありません。

 

カードが郵送されてくるのを待つ必要がないので、契約締結後すぐにキャッシュカードを利用してのキャッシングが可能となります。

 

ただし、キャッシュカードの郵送がない場合も、カードローン契約に関する書類は自宅へ郵送されてきます。

 

銀行からのキャッシングでローン付帯型キャッシュカードの利用を希望する場合は、「銀行口座がある方」という申し込み口か、ネットバンキング登録をしている場合は、そちらから申し込みをする必要があります。
通常の新規申し込み契約をすると、ローン付帯型キャッシュカードでの利用ではなく、ローンカードを改めて発行しての契約となってしまう恐れがあります。

 

通常カードローンと貸付条件は変わらない?

 

ローン付帯型キャッシュカードで契約するとして、契約先の銀行で扱っている通常のカードローンと金利や限度額が変わってしまわないか心配な方もいると思います。

 

基本的には、各銀行のローン付帯型キャッシュカードの取り扱い方によりますが、金利は通常カードローンと変わらないことが多いです。

 

しかし、限度額に関しては、通常カードローンよりもローン付帯型キャッシュカードの方が低い事があります。

 

その為、100万円以上の高額キャッシングを希望する場合は、ローン付帯型キャッシュカードでの契約は避けた方が良いでしょう。

 

逆に、10〜50万円までの少額キャッシングならローン付帯型キャッシュカードでも十分なキャッシングが可能です。

 

銀行ATM画面から申し込むことが出来る?

 

ちなみに、ずっと同じ銀行で長く口座利用やその他の取引をしていると、その銀行のATMを利用した際に、カードローンの案内が出ることがあります。

 

その案内から申し込む事でも、ローン付帯型キャッシュカードとしての契約は可能です。

 

ATMにカードローンの案内が出る場合は、最低限その銀行の扱うカードローンの審査基準を満たしている可能性が高いので、別のカードローンを契約するより希望があるといえます。

 

ただし、だからといってATMから申し込めば必ず審査に通過するわけではないので、与信状態が悪い場合は注意が必要です。

 

ローン付帯型キャッシュカードの自動貸越・自動融資とは?

 

疑問

 

どの銀行のローン付帯型キャッシュカードにも元からついている事が多い機能に、自動貸越と自動融資というものがあります。

 

簡単に説明すると、ローン付帯型キャッシュカード契約をしていれば、銀行口座にお金がなくなった時に自動でキャッシングしてくれる機能です。

 

ただし、自動貸越と自動融資は一見同じ仕組みのようで別物になっており、自動キャッシングの仕方に違いがあります。

 

自動貸越

普通預金口座から現金を引き出す際、自動でカードローン口座からキャッシングし、普通預金口座残高以上の金額を引き出すことが可能な機能。

 

自動融資

普通預金口座から口座引き落としで何らかの支払いをする際、口座残高が支払額に対して足りなかった場合、自動で不足額分を口座にキャッシングする機能。

 

口座にある残高以上にお金が必要な時には両方とも便利な機能といえるでしょう。

 

ところが、自動でのキャッシングである為、借入金と気づかずに利用してしまわないように注意が必要です。

 

ローン付帯型キャッシュカード契約に必要なネットバンキングの利用で、口座管理と同時に自動キャッシング機能を利用したことも把握出来ますから、こまめに管理をすることをオススメします。

 

これらの機能は、ローン付帯型キャッシュカード契約で別途手続きをしなくても利用可能になっている事が多いですが、利用出来ないように変更することも可能です。

 

時に、通常カードローン契約の場合は、自動貸越・自動融資の機能を付帯させるには別途で申し込みが必要となってきます。

 

その手間がないのもローン付帯型キャッシュカード契約のメリットといえるでしょう。

 

ローン付帯型キャッシュカードキャッシング可能な銀行はどこ?

 

カードローン・キャッシングを取り扱っている銀行であれば、大手銀行でも地方銀行でも、基本的にローン付帯型キャッシュカード契約を可能としています。

 

ここでは銀行口座利用をしている方が多いであろう、メガバンク3銀行のローン付帯型キャッシュカードを紹介します。

 

みずほ銀行カードローンキャッシュカード兼用型

 

みずほ銀行カードローンをWEB完結契約することでキャッシュカード兼用型でキャッシング利用出来るようになります。

 

WEB完結には、みずほ銀行の口座とキャッシュカードに加え、みずほダイレクトに登録していることが必須条件となっています。

 

みずほ銀行のキャッシュカード兼用型カードローンには、自動貸越と「スイングサービス」の中の自動振替があらかじめ機能としてついています。

 

「スイングサービス」とは、自動融資と自動振替の機能が抱き合わせになったみずほ銀行カードローンの独立したオプションサービスです。

 

カードローン専用型での契約の場合は、別途でスイングサービスも自動貸越機能も申し込みが必要となります。

 

また、キャッシュカード兼用型で契約の場合、キャッシュカードが手元にある前提なので、限度額50万円以下であれば、必要書類の登録が不要
です。

 

デメリットは、セブン銀行ATMで一部の機能が、提携金融機関、ゆうちょ銀行ATMが一切カードローン兼用にすると利用できなくなることです。

 

みずほ銀行カードローンキャッシュカード兼用型は、金利設定も限度額もカードローン専用型と変わらず、WEB完結契約をすることで最短即日キャッシングが可能なので、みずほ銀行ユーザーの方の急ぎのキャッシングにはオススメです。

 

 

三井住友銀行カードローン(WEB完結)

 

三井住友銀行カードローンの場合、ローン付帯型キャッシュカード契約がプランとしてあるのではなく、カードローン契約時にローンカードを発行するかキャッシュカードにローン機能を付けるかが選べる。というものです。

 

キャッシュカードが手元にある場合、WEB完結契約が可能なのでローン付帯型キャッシュカードで利用することで、契約手続きからキャッシングまでがPCやスマホで出来ます。

 

三井住友銀行口座とキャッシュカードがあれば、申し込み時にSMBCダイレクトの契約がなくても、WEB完結契約もローン付帯型キャッシュカードでの契約も可能なのが特徴です。

 

加えて、審査時間もSMBCダイレクト契約の有無に左右されず、最短30分で完了し最短即日でのキャッシングが可能です。

 

ローン専用カードを選択すると、ローンカードを自動契約機まで取りに行くか、郵送してもらう必要がありますが、ローン付帯型キャッシュカード契約ではその手間が省けます。

 

三井住友銀行カードローンのWEB完結契約では、本人確認書類不要で、極度額50万円以内なら原則、審査書類提出もありません。

 

デメリットは、提携金融機関とゆうちょ銀行ATMの利用がローン付帯型キャッシュカードでは利用できなくなることです。

 

また、三井住友銀行の場合、自動融資(バックアップ)機能はローン付帯型キャッシュカードでもローン専用カードの利用でも、別途手続きが必要です。

 

三井住友銀行のローン付帯型キャッシュカードは、通常カードローンのWEB完結契約とほとんど手順が変わらないので、キャッシングに利用するカード選択にだけ注意をすれば良いでしょう。

 

 

静岡銀行カードローン セレカ

 

ネット申し込みで、人気の静岡銀行は地方銀行ですが全国対応している為、誰でも申し込みが可能です。

 

限度額は10万〜500万円まで、300万円以下であれば収入証明書が原則、不要です。

 

静岡銀行カードローン セレカは、何も特定の手続きを踏まなくてもローンカードとキャッシュカードが一体型になっています。

 

静岡銀行の口座は、申し込み時にはなくても良く、初回の振り込み融資は契約者名義の他金融機関口座で受けられるのがメリットです。
口座の開設自体は必須。)

 

平日にネットからカードローン申し込みをすることで、最短30分で審査が完了し、最短即日融資にも対応しています。

 

ただし、土日祝日は審査も融資も対応していないので、早く借りれがしたい場合は注意が必要です。

 

ローンカード兼キャッシュカードは郵送となりますが、ローンカードが到着する前に振込で融資が受けられるのは嬉しい点でしょう。

 

大手銀行カードローンのキャッシュカード一体型ローンカードと違い、手数料無料で利用できる提携ATMがあります。(例:セブン銀行)

 

 

三菱東京UFJ銀行マイカードプラス

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのローン付帯型キャッシュカードは、通常カードローン(バンクイック)とは全く別のプランとなっています。

 

マイカードプラス商品ページから、ネット申し込み後、約2週間後に郵送物で審査結果が分かります。

 

その為、メガバンクのローン付帯型キャッシュカードでは唯一即日キャッシングが出来ません。

 

また、金利はバンクイックの上限金利と同一ですが、限度額は30万円までと少額までしか設定されません。

 

マイカードプラスのメリットは、バンクイックにはない自動融資機能がある事と必要書類提出が不要である事だけです。

 

どうしても、三菱東京UFJ銀行普通預金口座への自動融資とローン付帯型キャッシュカードが利用したいという事でなければ、バンクイックでキャッシングした方が迅速な借り入れ契約が可能です。

 

 

どこの銀行のカードローンでもローン付帯型キャッシュカードでの契約が良いとは一概にいえません。

 

ローン付帯型キャッシュカード契約をすることで、銀行カードローンでWEB完結による即日キャッシングが可能になる。というのが、一番のポイントではないでしょうか?

 

ローン付帯型キャッシュカード契約は便利な点もありますが、提携ATMが一部利用できなくなるデメリットがあります。
その為、ATMを利用した借り入れ・返済を中心にする場合は、ローン付帯型キャッシュカードではなく、専用のローンカードを発行する契約の方が良いといえます。