キャッシング即日融資のすすめ

銀行で即日キャッシングをするコツは口座の必要性にある?

コツ

 

昨今は、銀行からの借り入れでも、カードローンなら消費者金融とほぼ同じように最短即日キャッシングが可能です。

 

フリーローンや目的ローンは、審査に時間がかかるので最短即日キャッシング!とはいきませんが、カードローンでの融資スピードに消費者金融と銀行で差はほとんどなくなってきました。

 

ただ、銀行でWEB完結での即日キャッシングをしようと思うと、契約先の銀行口座が必須であることが多いです。

 

もし、契約先の銀行口座がなければ、口座開設から始めることとなるので、そうなるとキャッシングができるのは即日どころか、遥か先になってしまいます。

 

基本的に銀行口座開設は申し込みからキャッシュカードの受け取りまでに、最低でも2週間かかります。
銀行の営業していない日は含めないので、実質1カ月ほどはかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

また、銀行のWEB完結での振込キャッシングは、契約申し込み時も契約後も土日祝日の即日融資には、基本的に対応していません。

 

そこで、銀行のカードローンで即日キャッシングの不便をなくすには、WEB完結よりも自動契約機の利用がオススメです。

 

ところが、自動契約機を有している銀行は限られているため、キャッシング先の選択の幅は狭くなります。

 

消費者金融の場合は、名前のきいたことのある大手会社であれば、どこも自動契約機を設置しています。

 

自動契約機がある銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行(カードローン レイク用)

 

残念ながら、3大メガバンクの中のみずほ銀行だけは自動契約機を有していません。

 

その為、みずほ銀行で最短即日キャッシングをするには、口座を有したうえでWEB完結申し込みをするしかありません。

 

ちなみに、三井住友銀行カードローンだけは、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の自動契約機の利用も可能となっています。

 

銀行で即日キャッシングなら口座開設不要のカードローンがオススメ?

 

おすすめ

 

キャッシング契約に利用できる自動契約機を設置している銀行の場合、大体口座開設が不要です。

 

口座開設不要のカードローンなら、審査対応時間と即日融資対応時間にだけ気を付ければ、銀行でも即日キャッシングは難しくありません。

 

というのは、自動契約機を利用してのキャッシング契約の場合、ローンカードが発行されるため、必ずしも融資を口座振り込みで受け取る必要がないからです。

 

ローンカードがあれば、ATMからの借り入れ・返済が可能なので、銀行口座がなくてもカードローンの利用に困りません。

 

すると、口座開設の必要もない事になります。

 

また、自動契約機の営業時間は振り込み融資の最短即日融資対応時間よりも長いです。

 

銀行からの融資が遅いと思われる要因の一つは、即日振込融資対応時間が平日の午前中から最高15時までであることが挙げられます。

 

その時間を過ぎたり、土日祝日の場合は翌日・翌営業日にしか振り込みでのキャッシングは出来ません。

 

しかし、カードローンでのキャッシングに関しては、ローンカードが手元にありさえすれば振り込みがされるのを待つ必要がないわけです。

 

基本的に、カードローンでは契約先の審査対応時間までに申し込みをすれば、最短即日融資の最低条件は満たすこととなります。

 

カードローン審査結果が分かった後、即日キャッシングが可能かどうかは時間と融資方法が見合うかどうかが重要です。

 

銀行では最高でも平日15時までに審査結果が分かり振り込み融資申請も完了させなくては、振り込みでの即日キャッシングは叶いません。

 

それが自動契約機でローンカードを発行するなら、審査対応時間までに申し込み、自動契約機が営業している大体21〜22時までにカードを受け取りに行けばよいのです。

 

三菱東京UFJ銀行の自動契約機であるテレビ窓口は、土曜・祝日が18時まで、日曜日は17時まで、と他金融機関の自動契約機と比べて、営業時間が短いです。
その為、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックで土日祝日最短即日キャッシングを検討している方は、注意が必要です。

 

加えて、ローンカードを受け取った後は、ATMからキャッシングをするわけですから、コンビニATMなどを利用するなら時間の制限がありません。

 

その為、銀行で即日キャッシングをするなら、口座開設不要で自動契約の利用が出来る契約先が望ましいのです。

 

以上のように、自動契約機を利用してキャッシングまでの手続きをすることで、平日夕方以降の遅い時間や土日祝日でも、銀行で最短即日キャッシングできる可能性が高くなります。

銀行WEB完結で口座開設不要はあるのか?

 

銀行での即日キャッシング利便性を高めるには、口座開設不要で、自動契約機からローンカードを発行出来るのが良いのは先述したとおりです。

 

ところが、どうしても口座開設不要のWEB完結での即日キャッシングを銀行からしたい!という場合、方法がないわけではありません。

 

ただ、どちらにせよローンカード発行でのキャッシングと違い、銀行のWEB完結の場合、即日キャッシング可能なのは平日のみとなっています。

 

口座開設不要で尚且つ、土日祝日関係なく即日キャッシングしたいなら、契約先は消費者金融を選んでください。

 

消費者金融カードローンでのWEB完結であっても、土日祝日は各金融機関が指定する銀行口座がなくては、最短即日キャッシングは不可能となっています。
例えば、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行口座宛の振り込み融資のみ、土日祝日でも最短即日対応可能としています。

 

平日のみ対応でも良ければ、口座開不要でWEB完結最短即日キャッシング可能な銀行カードローンは以下の通りです。

 

口座開設不要最短即日振り込みキャッシング可能な銀行

  • 新生銀行カードローン レイク
  • 新生銀行スマートカードローンプラス
  • 静岡銀行カードローン セレカ
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

 

静岡銀行とスルガ銀行は地方銀行ではありますが、全国対応しているのでどの地域の方でもキャッシング申し込みが可能です。

 

また、上記の銀行カードローンで最短即日キャッシングを可能にするには、スルガ銀行以外は平日14時までに契約手続き及び振り込み申請を完了が条件です。

 

地方銀行は口座開設不要で融資を受けられますが、自動契約機は有していません。
その為、最短即日キャッシングをするには最短振り込み融資対応時間までに、契約手続きと振り込み手続きを完了させる必要があります。

 

スルガ銀行は、時間の期限が平日正午までとなっており、他の3行よりも最短即日キャッシング対応時間が短いので、注意が必要です。

 

ちなみに、新生銀行カードローン レイク以外はWEB完結と言えど、郵送物が発生します。

 

新生銀行カードローン レイクだけは、カードレスでキャッシングが可能となっています。

 

口座がある銀行カードローンは契約がスムーズ?

 

銀行から最短即日キャッシングする方法は上述の通りですが、融資を早く受けるには審査を滞りなくスムーズに済ませる必要があります。

 

また、銀行で審査を早く済ませようとするなら、平日午前中にはキャッシングの申し込みをするのが良いでしょう。

 

その際、銀行カードローンの場合は、口座が既にあったり他に取引などをしたことがある銀行を契約先にすることで、審査完了までが早く済む可能性が高いです。

 

というのは、銀行側は契約希望者が、自行の口座にどれぐらいのお金があるか把握していることが一つ理由といえるでしょう。

 

口座にそれなりに預金があれば、貸付額の目安がつけやすいといえます。

 

加えて、口座があるという事は、口座開設時に必要な個人情報を銀行へ既に提出していますから、どこの誰かの確認が早く済みます。

 

ただし、例え既に利用したことのある銀行でも、カードローンの最短即日審査に対応していることは大前提です。

 

銀行の中には、審査をするだけでも1週間要したりするところもあるので、その点は注意しましょう。

 

特に、口座がありキャッシュカードにローン機能を付帯させての契約の場合は、本人確認書類などの提出が省けることもあります。

 

すると、借り入れ側の書類用意の手間も省けるので、一石二鳥といえるでしょう。