銀行即日キャッシングは申し込み当日は不可能!早く融資を受けるには?

 

2018年1月以降、銀行カードローンはすべて、申し込み当日中の即日融資が不可能になってしまいました。

 

というのも、既存の銀行カードローン審査の過程に、新たに警察庁データベースで本人確認及び身元確認をする事が加えられたからです。

 

警察庁データベースへ照会をする事で、暴力団など反社会勢力に銀行からの融資がされることを防ぐことが目的で、その工程が追加されました。

 

銀行自体やカードローンの保証会社での審査には変わりがないのですが、警察庁からの回答が最短で翌日、一般的に2〜3日かかります。

 

その為、銀行カードローンでは、申し込みをした当日中に審査が完了せず、即日キャッシングができません。

 

銀行キャッシングを早くする方法はある?

 

銀行ではどう頑張っても、申し込み即日中にキャッシングをすることは不可能です。

 

しかし、少しでも銀行からの融資を早く受けられるよう、工夫することは可能です。

 

銀行キャッシングを早くするには、とにかく審査がスムーズに完了することが大切といえます。

 

したがって、銀行審査の際の在籍確認や書類の提出を滞りなく済ます事が、融資スピードに繋がるといえるでしょう。

 

在籍確認や本人確認の電話連絡をきちんと取る

 

在籍確認とは、申込者が本当に職場で働いているかどうかを確認することで、銀行が職場へ電話をかけることで行われます。

 

勤務先が休日だったり、誰も不在で在籍確認が取れないと、それ以上手続きが進みません。

 

特に土日などは休業の会社が多いですし、銀行側の審査も基本的には平日しかしていないので、なるべく平日に申込むのが良いでしょう。

 

また、在籍確認と前後して本人確認の連絡が携帯などに入ります。

 

その本人確認にもきちんと応対することで、審査から契約手続きが早く完了するといえるでしょう。

 

何度も電話が取れないと、審査結果にも影響してくるので注意してください。

 

必要な書類はすべて揃えて銀行審査に臨む

 

銀行カードローンは即日融資ともに、書類の提出に関しても以前より厳しくなっています。

 

したがって、2017年以前のように本人確認書類や収入証明書類がなくても審査通過できる!というわけにはいきません。

 

その為、本人確認書類として運転免許証やパスポート、収入証明書類として源泉徴収票や直近2カ月分の給与明細書などを用意しておきましょう。

 

銀行カードローンでは、以前なら借入額200万円以上などの高額でない限り、収入証明書不要でした。

 

しかし、最近は借入額50万円以上で、収入証明書が必要な銀行が増えているので注意してください。

 

また、昨今は必要書類をスマホのカメラなどで撮影して、それをWebやアプリから画像で提出することが多いです。

 

その際に、送信した画像のピントがボケていたり、必要な部分が見切れていたりすると、書類提出に時間がかかります。

 

書類画像の再送信をしていると、時間がかかってしまうので気を付けましょう。

 

口座開設不要の銀行カードローンはキャッシングが早く出来る!

 

審査がスムーズに進むように申し込む他には、口座開設不要な銀行カードローンで契約する事が、融資スピードを上げる方法といえます。

 

口座開設が必須なのに、口座がない銀行へキャッシングを申し込むほど、融資までに時間がかかるものはありません。

 

例えば、みずほ銀行カードローンなどは、口座開設が必須条件ですから、口座がないとキャッシングが可能になるまでがかなり遅いです。

 

その点、口座開設不要で契約出来る銀行なら、口座開設の時間が省けますから、早く融資が受けられるでしょう。

 

口座開設不要な銀行カードローンとして以下が挙げられます。

 

口座開設不要銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

 

特にオススメなのは、三井住友銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローン バンクイックです。

 

理由は、そのどちらかであれば、口座開設不要である上に、ローンカードが自動契約機から発行できるからです。

 

自動契約機からローンカードの発行が出来る銀行は、ローンカードの郵送を待つ必要がありません。

 

その為、審査が完了後すぐに自動契約機からローンカードを発行し、そのままATMからキャッシンが可能です。

 

契約後なら銀行でも即日キャッシング可能!?

 

時に、銀行カードローンで即日キャッシング出来ないのは、申し込み当日の場合といえます。

 

どういう事かといえば、銀行カードローンは審査やローンカードの郵送などに時間がかかるのであって、それらが完了した契約後であれば、消費者金融のようにいつでもキャッシングが可能です。

 

即日振込融資に関しては、残念ながら契約後も時間帯や曜日によって銀行は対応していない場合もあります。

 

しかし、銀行の場合は、必ずローンカードが発行されるので、契約後はATMから即時キャッシングがいつでも可能です。

 

加えて、契約後の自行の口座への振り込み融資であれば、365日24時間いつでも即日対応している銀行カードローンもあります。

 

例えば、楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行口座への振り込み融資なら、契約後は24時間いつでも即時振り込み融資可能です。

 

他には、オリックス銀行カードローンも、ジャパンネット銀行の口座への振り込みなら、契約後ローンカードが届き次第、即時振り込み融資対応しています。

 

銀行キャッシングは金利が低いメリットがある!

 

銀行でのキャッシングも、申し込み当日とはいかないにしても、契約後であれば即日融資が受けられます。

 

また、銀行カードローンの金利は、消費者金融などの金利と比較すると低く、利息を少なくキャッシングする事が可能です。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利比較

 

銀行カードローン 消費者金融カードローン

みずほ銀行カードローン

金利:年2.0〜14.0%

最高限度額:800万円

プロミス

金利:年4.5〜17.8%

最高限度額:500万円

三井住友銀行カードローン

金利:年4.0〜14.5%

最高限度額:800万円

アコム

金利:年3.0〜18.0%

最高限度額:800万円

三菱UFJ銀行カードローン

バンクイック

金利:年1.8〜14.6%

最高限度額:500万円

SMBCモビット

金利:年3.0〜18.0%

最高限度額:800万円

楽天銀行スーパーローン

金利:年1.9〜14.5%

最高限度額:800万円

レイクアルサ

金利:年4.5〜18.0%

最高限度額:500万円

オリックス銀行カードローン

金利:年1.7〜17.8%

最高限度額:800万円

アイフル

金利:年4.5〜17.8%

最高限度額:800万円

ジャパンネット銀行

ネットキャッシング

金利:年2.5〜18.0%

最高限度額:1,000万円

ノーローン

金利:年4.9〜18.0%

最高限度額:300万円

 

キャッシングは基本的に上限金利が適用されることが多いので、消費者金融の金利と比較した時に銀行は低金利といえるでしょう。

 

中には、オリックス銀行カードローンやジャパンネット銀行ネットキャッシングのように、消費者金融の上限金と変わらないものも
ありますが、そういった銀行でも限度額が高くなると低金利でキャッシングが可能となっています。

 

時に、クレジットカードでもキャッシングは可能ですが、銀行キャッシングの金利はクレジットカードと比較しても低いといえるでしょう。

 

クレジットカードキャッシングの金利
  • アコムACマスターカード=年3.0〜18.0%
  • エポスカード=年18.0%
  • イオンカード=年7.8%〜18.0%
  • セゾンカード=年12.0〜18.0
  • 楽天カード=年18.0%

 

クレジットカードキャッシング金利は、消費者金融の金利と同じくらいなので、低金利とはいえません。

 

その為、銀行キャッシングは、消費者金融やクレジットカードからの借り換え先にもなることが多いです。


トップ ランキング クレジットカード