キャッシング即日融資のすすめ

家族や知人にバレずに最短即日キャッシング!?

秘密

 

キャッシングを希望する理由は人それぞれでしょうし、なかなか人に相談できない、知られたくないのがお金の問題のシビアなところです。

 

そこで、カードローン契約をしてキャッシングをする際、お金は急ぎで必要だけど誰にもキャッシングの事実を知られたくない!と考える方は少なくないでしょう。

 

キャッシング申し込み方法と手続きの進め方を工夫すれば、誰にもバレることなく最短即日キャッシングする事は、実際可能です。

 

まずは、キャッシングが誰にもバレずに済ませる為のポイントを簡単にまとめます。

 

バレずにキャッシングをするポイント
  • 郵送物が届かないようにする。
  • ローンカードを所持しない。
  • 電話(在籍確認)をしているところを見られない。
  • なるべくATMからキャッシングしない。

 

これらすべてのポイントを押さえてキャッシングが可能なのは、今のところモビットカードローンWEB完結契約のみです。

 

というのは、契約手続きに際して、電話連絡をなしに出来るのはモビットWEB完結だけのサービスだからです。

 

ただし、モビットカードローンWEB完結は郵送物も電話もなしで、カードレス契約できる代わりに、WEB完結する為の条件があります。

 

モビットでWEB完結契約をするには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座、社会保険証(組合保険証も可)、直近1カ月分の給与明細が必要です。

 

これらの一つでも欠ければ、モビットカードローンWEB完結契約は出来ません。

 

また、モビットカードローンWEB完結は、平日14時50分までに契約と振り込みキャッシング手続きを完了させることで、最短即日キャッシングも可能です。

 

電話連絡もなしで、バレずに最短即日キャッシングできる確率が一番高いのはモビットですが、それ以外のバレないポイントを満たすカードローン契約が出来る金融機関は他にもあります。

 

プロミスは自動契約機利用でもバレずに最短即日キャッシング可能?

 

モビットカードローンはWEB完結契約が出来れば、誰にもバレないように最短即日キャッシングが可能ですが、手続きの途中で自動契約機を利用してしまうと、郵送物が発生してしまうというデメリットがあります。

 

平日の最短即日振込キャッシングができない時間帯や土日祝日はモビットの場合最短即日キャッシングをするには、自動契約機を利用するしかありません。

 

しかし、そうすると最短即日キャッシングは可能でも、キャッシングがバレない可能性はWEB完結をする時よりも下がってしまいます。

 

どうしても、WEB完結での最短即日キャッシングには間に合わない時間帯の申し込みや土日祝日に申し込みをする場合は、プロミスでの自動契約機を利用してもバレない最短即日キャッシングがオススメです。

 

まず、プロミスの審査対応時間は9時〜21時までとなっているので、21時のせめて2時間前までには申し込みをネットから済ませます。

 

その後、審査結果が来たら返済方法を選びますが、この際なるべくATMを利用しているところを誰かに見られない為にも、口座振替での返済がオススメです。

 

口座振替であれば、ATMまで返済に行く必要がありません。

 

返済方法を選択した後は、プロミスの自動契約機への来店で引き続き契約手続きを締結まで進めます。

 

プロミスとモビットの自動契約機の違いは、契約書類が発行できるか否かに尽きます。

 

プロミスの自動契約機からは、ローンカードに加え契約書類も発行されますが、モビットは契約書類のみ郵送となってしまうのです。

 

郵送物は、けっこう家族などに見られる可能性が高いですから、バレないキャッシングをする為にはない方が良いでしょう。

 

その為、自動契約機を利用しないと最短即日キャッシングできない場合は、モビットよりもプロミスがオススメです。

 

時に、プロミスはWEB完結にも対応しており、平日14時までに契約と振込手続きを完了させれば、郵送物なしでカードレス(*対応金融機関は200以上)での最短即日キャッシングが可能です。

 

また、プロミスはWEB完結対応の際に、必須ではありませんが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があることで、いつでも最短10秒で振り込みキャッシングが可能な瞬フリサービスが適用されます。

 

利用明細書の発行にも注意!

 

時に、カードローン契約方法としてカードレス契約は確かに借り入れがバレない方法です。

 

しかし、1点カードレス契約した後で注意点があります。

 

それは、利用明細書の発行です。

 

カードレス契約をしたことで安心して、利用明細書の発行方法に気を使っていないと、振り込み融資・口座振替をした際に明細が郵送されます。

 

ただし、利用明細書は簡単に郵送を防げます。

 

上述したカードレス契約も対応可能なプロミスやモビットでは、キャッシングや返済をした際の利用明細書を電子発行にすることが可能です。

 

利用明細書の電子発行とは、なにも難しい事はなく、WEB上の会員ページから利用明細書をダウンロードしたり、メールで明細を送ってもらうように設定することで出来るようになります。

 

その為に、借り入れ側がすることは会員ページメニューで利用明細書の発行方法を選択し、メールアドレスを登録するだけです。

 

金融機関の中には、振り込みキャッシングや口座振替の利用をすると、必ずハガキなどで利用明細書を郵送してくるところもあります。

 

しかし、ここで紹介したプロミスとモビットに関しては、電子発行が可能となっています。

 

返済が滞ると督促の電話と郵送物が発生する?

 

時に、例え上記のようなWEB完結・カードレス契約も対応可能な金融機関で、契約時はバレずにキャッシングができても返済が滞った場合は、電話連絡も郵送物も発生します。

 

郵送物に関しては、電話連絡での督促の時点で返済が出来れば自宅に届く段階までいかずに済みます。

 

電話連絡に応じなかったり、連絡があった際に約束した遅れた返済をしなかった場合は、督促状が自宅に郵送で届きます。

 

借入側が金銭借用契約及び記入機関が設ける規約に反した場合、貸し付け側には督促を求める正当な理由が出来ます。

 

その為、例え、契約時はWEB完結手続きをすることで、電話連絡や郵送物なしのサービスを提供していたとしても、借入側の都合で債務の返済が滞った場合にはそのサービスの適用から外れます。