キャッシング即日融資のすすめ

主婦の緊急資金調達はイオン銀行カードローンがオススメ?

主婦

 

イオン銀行口座を持っている主婦(主夫)の方は、昨今多い事でしょう。

 

イオン銀行にはイオン銀行カードローンというカードローンプランが用意されています。

 

以前は、「イオン銀行カードローンBIG」でしたが、「イオン銀行カードローン」に名称改め、口座開設不要でも契約が可能になりました。
ただし、詳細は後述しますがイオン銀行口座がない場合、即日キャッシングは出来ません。

 

イオン銀行カードローン基本情報

実質年率(金利)

3.8〜13.8%

限度額

最大800万円

申し込み条件

20歳から65歳までの方 専業主婦(主夫)も可。

収入証明書

300万円まで原則、不要。

 

20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があったとしても、学生の場合はイオン銀行カードローンへは申し込めません。
ただし、学生ではなく社会人でアルバイト・パートの方は、安定した収入があれば審査対象です。
また、年金だけが収入の方も同様にイオン銀行カードローンは貸付対応していないので、注意が必要です。

 

このイオン銀行カードローン、数ある金融機関の中でも低金利で、イオン銀行口座があれば最短即日融資対応も可能となっています。

 

インターネットから、14時までにイオン銀行カードローンに申込むことで、最短即日で審査回答してもらえます。

 

カードローンへのキャッシング申し込み自体は、ネットから24時間受付ていますが、最短即日で審査が可能なのは14時までの申し込みとなっています。

 

また、審査が最短即日回答してもらえ、イオン銀行口座を持っているなら最短即日キャッシングも可能です。

 

イオン銀行口座がある方は、ネットから申し込む際にダイレクトバンキングにログインして申し込むことで、審査通過後に当日中のキャッシングが出来ます。

 

ただし、振り込みでの融資希望の場合は平日15時までに振り込み申請する必要があるので、その点は注意しましょう。

 

加えて、インターネットからイオン銀行カードローンに申込む場合は、本人確認書類として提出が認められるは運転免許証のみとなっています。

 

もし、本人確認書類が運転免許証以外の場合は、ネット申し込みが出来ないので必要書類は郵送で送るか、イオン銀行の有人窓口で提出しなくてはいけません。

 

イオン銀行カードローンでは口座がある場合、ローン専用カード型かキャッシュカード付帯型か選んで契約が可能です。
ローン専用カードを発行しての契約をする場合でも、ローンカードが届く前に口座振り込みでキャッシングが可能です。
その際も、平日15時までの申請であれば、最短即日キャッシングできます。

 

イオン銀行口座があり、ダイレクトバンキングから申し込みをすると、キャッシュカード(イオンバンクカード)にローン機能を付帯させる形でのカードローン利用となります。

 

ちなみに、イオンカードセレクトにもローン機能は付帯可能です。

 

その為、ローンカードの郵送はありませんが、契約書類はいずれにせよ自宅郵送となります。

 

口座がない場合は、14時までの申し込みで審査の最短即日回答対応していますが、残念ながらイオン銀行カードローン契約当日中のキャッシングは出来ません。

 

ちなみに、イオン銀行カードローンでは、専業主婦(主夫)の方への融資にも対応しており、収入証明書がなくても借り入れ限度額50万円まで設定可能です。

 

アルバイト・パートの方も、勿論キャッシング可能で、そのように自身に安定的な収入がある場合は、借入希望額300万円まで原則、収入証明書不要で契約手続きが進められます

 

また、専業主婦(主夫)の方への貸付は最高でも50万円までとなっていますが、それ以外の属性の方は最高限度額800万円までが設定出来る金額となっています。

 

借り入れ限度額は、高額になるほど金利が低くなりますが、30万〜90万円までは上限金利の13.8%となっています。

 

100万円になると8.8%と5%も金利が低くなりますが、初めての契約審査で限度額が100万円に設定されることは、非常に稀です。

 

イオン銀行カードローンに限らず、カードローン初回契約時の一般的な借入額は50万円以下といわれています。

 

その為、金利は13.8%でのキャッシングを想定しておくことが望ましいでしょう。

 

ちなみに、イオン銀行カードローンの審査結果は可決の知らせはメールで届きますが、否決で審査に落ちた場合は郵送での連絡になります。
その為、審査落ちだと次の方法に移るのにタイムラグが生じるので少し不便といえるでしょう。

イオン銀行口座がない=キャッシングまでにとても時間がかかる!?

 

イオン銀行カードローンは貸付条件が大手銀行に劣らず好条件です。

 

しかし、契約の際の難点として、イオン銀行口座がないとキャッシングをするまでにとても時間がかかることが挙げられます。

 

というのは、口座がない場合、カードローン契約時にイオン銀行口座開設が必須となるため、口座開設が済み尚且つローンカード(キャッシュカード一体型も可能)が手元に届くまで、キャッシングができないからです。
(イオン銀行カードローンは口座開設不要でもキャッシング可能になりました。)

 

ローンカードがイオン銀行から郵送されて、手元に来るまでに最短でも5日はかかります。

 

イオン銀行カードローンは2017年3月より口座開設不要でも申し込み可能となりましたが、口座開設不要で最短即日キャッシングができるわけではありません。
口座がない状態で契約した場合は、最短でもローンカードが届く5日後に初めてキャッシングが可能となります。
いずれにしても、イオン銀行口座がない場合、融資を受けるまでに時間がかかることは変わりありません。

 

加えて、イオン銀行は口座がなくても最短即日キャッシング可能な銀行には必ずある自動契約機がありません。

 

その為、口座開設は必須ですし、基本的に手続きの途中からは郵送手続きがある為、何日も日を跨いでしまいます。

 

カードローン申し込みと口座開設を同時にしたとして、約2週間ほどかかります。

 

緊急でお金が必要だけれど、イオン銀行口座はない。といった場合は、イオン銀行カードローンはオススメしません。

 

時間がかかっても良いから、イオン銀行カードローンでどうしてもキャッシングしたい!という事であれば、少しでもキャッシングまでの時間を短縮できる方法が一応あります。

 

それは、ネットからのカードローン申し込み後、審査結果が分かったその日のうちに、イオンモールへ赴きイオン銀行・口座募集カウンターで口座開設をしてしまう方法です。

 

そうすることで、口座開設手続きを郵送で行う必要がなくなり、その分の郵送期間分だけかかる日数が短縮できるのです。

 

ちなみに、銀行口座開設を店舗でするなら、当たり前ですが、本人確認書類と銀行員登録用の印鑑が必要なので、忘れないよう持参しましょう。

 

カードローン契約締結、口座開設が完了したら、あとはイオン銀行カードローンのローンカードが郵送されてくるのを待つだけなので、早ければ4、5日後にはキャッシングが可能になります。

 

イオン銀行カードローンでは、ローンカードの郵送にあたって「受取人確認サポート」というサービスがあります。
受取人確認サポートを利用すると、郵送物の受け取りに際して、本人確認が必要となり契約者本人の受け取りしか出来ません。
その為、家族の方などが受け取って、勝手に郵送物を開けてしまうようなことを防ぐことが出来ます。
本人確認は運転免許証(番号)と生年月日で、宅配業者(佐川急便ドライバー)によって確認されます。

イオン銀行カードローンは少額キャッシングに向いている?

 

イオン銀行カードローンBIGだった頃は、限度額の範囲が30万円〜800万円でしたが現在は10万円から設定が可能となっています。

 

その為、以前は限度額は最低でも30万円でなくては審査通過出来なかったわけですが、それが下がったので少額キャッシング希望の方でも利用がし易くなったといえるでしょう。

 

また、3万円以下の借り入れ残高の場合、約定返済額は1,000円という少額からなので毎月の返済が楽です。

 

借り入れも1,000円から可能なので、少額借り入れにイオン銀行カードローンは特化したといえるでしょう。

 

イオン銀行カードローンは金利が最高値でも13.8%と低金利なので、限度額が低額の方でも低金利キャッシングが出来るの大きなメリットといえます。

 

ネット銀行なのに手数料無料のATMが少ない?

 

イオン銀行は、一応銀行の種類としてはネット銀行に区分されます。

 

ネット銀行といえば、店舗を基本的に持たずに営業している銀行であるため、自社ATMがなくその代りに様々な提携ATMが利用可能なのが特徴です。

 

しかし、イオン銀行の場合は、おなじみのイオンモールなどに有人窓口を設けていたり、自社ATMも有しています。

 

その為か、イオン銀行カードローンで手数料無料で利用できるATMは自社のものと、一部提携金融機関のもののみとなっています。

 

手数料無料の提携ATM

  • イオン銀行=365日24時間
  • E.net=365日24時間
  • ローソンATM=365日24時間
  • みずほ銀行=平日8:45〜18:00の間のみ
  • 三菱東京UFJ銀行=平日8:45〜18:00の間のみ
  • ゆうちょ銀行=平日8:45〜18:00、祝日除く9:00〜14:00の間のみ

 

E.netやローソンATMといったコンビニATMが24時間手数料無料で利用できるので、手数料無料の提携金融機関ATMが少なくてもそこまで不便は感じないかもしれません。

 

ただ、キャッシュカード一体型でのキャッシング利用では、コンビニを含む提携ATMが利用できずイオン銀行ATMの利用のみとなります。

 

契約時の最短即日キャッシングをするには、イオン銀行カードローンの場合、キャッシュカード一体型として契約する必要があります。

 

すると、キャッシュカード一体型カードローンの場合、イオン銀行ATM以外から直接キャッシングすることは出来ません。

 

もし、提携ATMの方がイオン銀行ATMより生活圏に多く設置されている場合は、若干不便といえます。

 

ただし、一度ダイレクトバンキングで口座に振り込み融資をしてもらって、キャッシュカードとして提携ATMから引き出すことは可能です。

 

ローンカードとしては、提携ATM利用が出来なくなるという点を、イオン銀行カードローンで即日キャッシングする場合は理解しておく必要があります。