キャッシング即日融資のすすめ

最短即日キャッシングには自動契約機が便利なのか?

時計

 

自動契約機とは、各金融機関がローン契約手続きが行えるように設置している機械のことです。

 

その為、ローン契約機とも言われたり、また店舗のようにも見えるので無人店舗・無人機などとも言われます。
(ここでは「自動契約機」の呼称で説明していきます。)

 

大手消費者金融でカードローン・キャッシング契約する場合は、大抵どこも自社の自動契約機を設置しています。

 

銀行も、メガバンクや消費者金融を傘下にしたところは自動契約機がありますが、ネット銀行や地方銀行は設置していないことが多いです。

 

自動契約機がある金融機関

  • プロミス
  • モビット
  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行

 

自動契約機は、カードローン・キャッシング契約を一から申し込むことも可能ですが、自分の前に利用している方がいたり、万が一審査に審査に落ちてしまうと、自動契約機に赴いたことで時間のロスが生まれます。

 

自動契約機からの申し込みの方が優先して審査は行われます。
しかし、昨今はネット申し込み後に、契約先の急ぎの受付窓口へ電話をすることで、審査をすぐしてもらえるサービスもあります。

 

その為、自動契約機を利用するとしても、キャッシングを急ぐ場合、申し込みはネットからすることをオススメします。

 

自動契約機は、契約手続きの途中から利用することが可能です。

 

ネットから申し込みをし、審査結果通達後に大体どの金融機関も、契約締結をネットでそのままする(郵送の場合も)か、自動契約機(来店)でするかどうかの選択があります。

 

その際に、自動契約機でキャッシング契約締結をし、ローンカードを発行した方が最短即日キャッシングがし易い事があります。

 

そこで、最短即日キャッシング希望で、借り入れ契約先に迷っている場合は、銀行であれ消費者金融であれ、なるべく自動契約機があるところを選ぶ事をオススメします。

 

キャッシングで自動契約機が利用できるメリットとは?

 

  • 口座開設不要でも即日キャッシング可能
  • ローンカードが申し込み当日に受け取れる
  • 平日15時以降・土日祝日でも即日キャッシング対応可能
  • オペレーターに相談が出来る

 

実は最短即日融資・キャッシングがし易いかどうかは、自動契約機が利用できるかという事が関わってくることが多いです。

 

最近は、自宅に居ながらスマホなどでネットを利用してのキャッシング申し込み契約が人気ですが、途中から自動契約機を利用した方が都合が良い場合があります。

 

それは、WEB完結でのキャッシングが最短即日で出来ない場合です。

 

WEB完結は、キャッシングもネットから申請して口座振り込みで借入金が受け取れますが、金融機関の振込対応時間外の場合、申し込み当日中の融資が受けられません。

 

対応時間が長いところでも、大体平日15時までに契約手続きと振り込みキャッシング手続きの両方を終わらせておく必要があります。

 

日中仕事をしている方は、なかなか平日15時までにWEB完結での最短即日キャッシングをするのは難しいといえるでしょう。

 

また、WEB完結では、土日祝日の場合、特定の口座がないと最短即日キャッシングができないことが多いです。

 

銀行のWEB完結の場合は土日祝日は、ほぼ最短振込融資に対応していません。

 

そのように、WEB完結では最短即日対応をしていない時でも、自動契約機は稼働しており、ローンカードを発行することでATMからの最短即日キャッシングを可能にします。

 

ATM

 

自動契約機の営業時間は21時くらいまでとしている金融機関が多いです。

 

たまに自動契約機とATMを混同して、自動契約機も24時間稼働していると思っている方もいますが、ATMと自動契約機は別物です。
その為、自動契約機は24時間営業ではありません。
各金融機関ごとに自動契約機の営業時間は異なっています。

 

カードローン・キャッシングの審査対応時間も同じ時間くらいとなっていますから、自動契約機を利用するつもりなら、契約申し込みをどうしても午前中にする必要はありません。

 

最高で19時くらいまでに申し込みをし審査が滞りなく完了すれば、自動契約機の利用での最短即日キャッシングは可能です。

 

ただし、自動契約機の営業時間ギリギリで申し込みをした場合は、最短即日キャッシングできない可能性が出てきます。

 

あくまで、自動契約機は審査通過後にローンカードの受け取りが夕方以降でも出来るのであって、審査は各金融機関の対応時間内に完了させる必要があります。

 

ローンカードを自動契約機で発行後は、ATMでキャッシングをすれば良いので、手数料を気にしないのであれば深夜でも借り入れは可能です。

 

コンビニ提携ATMは利用手数料がかかることが多いですが、原則24時間稼働しているため、深夜でも早朝でもローンカードでのキャッシングができるのは便利な点といえるでしょう。

 

キャッシングの申し込みなどを午前や昼のうちに済ませておいて、審査結果を自動契約機の営業時間内までに連絡してもらえれば、ほぼ最短即日キャッシングが出来ることが確定するといえます。
金融機関の中で一番遅くまで自動契約機を稼働させているのは、新生銀行カードローン レイクです。
平日・土曜であれば8:45〜24時まで営業しているので、ローンカードの受取が21時以降にしか無理な方が最短即日キャッシング希望の場合にはオススメです・。
金融機関の各自動契約機の営業時間はトップページをご参照ください。

 

自動契約機営業時間と審査対応時間は別物

 

時間

 

時に、消費者金融の場合は、キャッシング審査対応可能時間が自動契約機の営業時間くらいまでとなっていることが多いです。

 

しかし、必ずしも審査対応可能時間は自動契約機の営業時間に合わせてあるわけではありません。

 

例えば、銀行カードローンの審査対応時間は、基本的に平日正午〜最高14時くらいまでが一般的ですが、自動契約機は銀行のものの場合でも21時くらいまで稼働しています。

 

その為、勘違いしないようにしたいのが、自動契約機の営業時間内にキャッシング申し込みをしても、審査対応時間外の場合は、最短即日キャッシングは出来ないという点です。

 

自動契約機からローンカードが発行できるのも、ATMからキャッシングができるようになるのも、審査結果が伝えられてから。となっています。

 

つまり、審査が完了していないのに、自動契約機が稼働しているからといって、ローンカード発行をしに行ってもカードは受け取ることは出来ません。

 

意外と初めてのカードローン契約などで、審査対応時間=自動契約機の稼働時間と思っている方が口コミ情報などを見ていると多いです。

 

最短即日キャッシングをするには、金融機関の指定する最短即日審査対応可能時間内までに申し込みをしていることが大前提となります。

 

問い合わせたい事がある場合も自動契約機が便利!

 

また、最短即日キャッシングの可能性が高くなるというメリット他に、オペレーターに問合せが簡単に可能というメリットもあります。

 

というのは、自動契約機には大抵備え付けの電話があり、それから直通で契約先の金融機関オペレーターに繋がるからです。

 

つまり、オペレーターとやり取りをしながら、キャッシング契約手続きを進めることが出来ます。

 

その為、初めてのキャッシングで何か不安な点や借り入れ契約に関して疑問がある場合は、自動契約機で契約をするのもオススメです。

 

携帯電話から問合せをすることも可能ですが、例えば、他人にキャッシングの話をしているのが知られるのを避けたい場合などは、自動契約機で問い合わせをする方が都合が良いでしょう。

 

加えて、長く電話で話すと通話料金がかかってしまいますから、キャッシング契約手続きで問い合わせたいことがある場合にも、自動契約機の利用は便利が利くといえます。

自動契約機利用でのキャッシングなら口座開設不要?

 

加えて、自動契約機でカードローン・キャッシングの契約締結をするなら、自ずとローンカード発行での利用になります。

 

すると、ローンカードでATMを利用することで借り入れ・返済は可能です。

 

その為、振込キャッシングも口座引き落とし返済も、基本的に利用する必要はないので、銀行口座開設は不要です。

 

即日キャッシング希望で一番避けたいのは、口座開設手続きが必要な契約先への申し込みです。

 

銀行口座の開設は1日〜2日では出来ません。最低でも1週間はかかってしまいます。

 

そうなると、もし、WEB完結契約をした場合、振込キャッシングしか出来なければ、キャッシングまでにとても時間がかかります。

 

その為、金融機関が最短即日キャッシングに対応している口座を持っていない場合は、自動契約機でローンカードを発行しての契約がオススメです。

 

各金融機関の自動契約機の設置数は?

 

いざ自動契約を利用しよう!と思っても、近くにお目当ての金融機関の自動契約機がない事があります。

 

そういった場合は、契約を検討している金融機関の公式HPで、自分の生活圏などにある自動契約機を探すことが出来るので利用しましょう。

 

その前に、自動契約機の設置数が多い金融機関を選んでおくと、近場になくて困った!という事が無くて済むかもしれません。

 

自動契約機を設置している金融機関とその台数を下記にまとめたので、参考にしていただければ幸いです。

 

各金融機関の自動契約機設置台数

  • プロミス=997台
  • モビット=約400台
  • アコム=1,107台
  • アイフル=943台
  • ノーローン・新生銀行=947台
  • 三井住友銀行=720台
  • 三菱東京UFJ銀行=約640台

 

上記の内、プロミスと三井住友銀行の自動契約機は、お互いに利用できるので、実質合計で1,717台利用できることになります。

 

その為、プロミスフリーキャッシングか三井住友銀行カードローンで自動契約機を利用するのには、まず困らないといえるでしょう。

 

また、新生銀行カードローンレイクの自動契約機をノーローンでは利用するので、その2つの自動契約機台数は同じです。

 

モビットなどはWEB完結が売りである事もあり、自動契約機の台数は少なめとなっています。

 

自動契約機の利用にデメリットはある?

 

上述してきたように、カードローン契約時に自動契約機を利用すると、最短即日キャッシングがし易くなるメリットがあります。

 

しかし、自動契約機を利用することで、不都合が生じる場合もあるので注意が必要です。

 

自動契約機利用のデメリット

  • 申し込みからすると審査待ち時間が長い
  • 他に人がいるとさらに待ち時間がある
  • 正確な情報が分からない際その場で確認できない
  • 入るところを知人に見られる可能性がある
  • 生活圏に設置されていない可能性がある

 

一番注意したいのは、自動契約機からキャッシングの申し込みをすると、審査の間自動契約機から原則、退出できない点です。

 

審査が終わるまで、自動契約機の中に居なくてはいけないので、短くても30分〜1時間くらいは空白の時間が出来てしまいます。

 

他に何か予定がある場合などは、審査完了時間によっては時間が押してしまう可能性が否めないので、気を付けましょう。

 

自分の前に利用者がいる場合も同様です。

 

ただ、先述したように、自動契約機で最短即日キャッシングの可能性を上げるには、ローンカードの発行だけに利用出来れば良いので、申し込みはネットからすることをオススメします。

 

加えて、待ち時間があっても構わないという方でも、申し込み項目の正確な情報が分からなくて、出直す必要が出てくる事もあります。

 

例えば、勤め先の資本金や入社日といった項目を金融機関によっては設けているので、自身で把握できていない場合はやはりネットからの申し込みが良いでしょう。

 

また、誰にもキャッシングしていることを知られたくない…という方の場合、自宅や会社近くの自動契約機を利用する際に、誰かにその姿を目撃されてしまう可能性が否めません。

 

バレずにキャッシングしたい場合は、WEB完結契約をオススメします。

 

逆に、契約先によって設置台数や設置場所が違うので、生活圏内に自動契約機がない場合もあります。

 

自動契約機はローンカード発行を申し込み当日中に出来るという事で、即日キャッシングをするのに便利です。

 

しかし、利用の仕方や住んでいる地域によっては、デメリットがあるのでその点も良く理解して利用することが大切といえるでしょう。