キャッシング即日融資のすすめ

金利と利息はキャッシングにどう関わってくる?

ぶた

 

カードローンでキャッシングをする際に、返済のことを考えると重要になってくるのが金利です。

 

住宅ローンなどもそうですが、キャッシングした金額にかかる金利は低い方が借入側が支払う利息が少なく済みます。

 

金利と利息はほぼ同じ意味で捉えられ、実際それで間違っていることはありません。

 

しかし、厳密にいうと、金利は寧ろ借入額に対する利息額を割り出すための数値や割合といえます。

 

また、同じような意味合いで使われる言葉に、利率というものがありますが、金利はどちらかといえばこの利率の方とイコールといえるでしょう。

 

ちなみに、利子は利息がほぼ同じ意味ですが、利子は「払う」というより「付く」というイメージが慣用的に強いでしょう。

 

金利や利率は、年利や月利として、キャッシングでは借入額にかけられます。

 

そうして割り出されるのが、利息額です。

 

その際、年利と月利の利息の違いは文字通りといえます。

 

年利というのは借りた金額そのものである元金に対してかかる1年間の金利の割合で、月利はひと月でかかる金利の割合です。

 

日歩といい1日当たりの金利を指す言葉もありますが、「銭」の単位となる事が多いので年利や月利程、利息額として意識されることはありません。

 

カードローンでは、大体どの金融機関でも年利計算で元金に対するひと月分の利息額を割り出します。

 

 

年利での利息額計算

 

実際に、年利でひと月の利息額を割り出すと以下のような計算になります。

 

【借入額=元金10万円、実質年率18.0%】

 

100,000×0.18÷365×30=1,479.452…

 

 

一般的に、割り出された小数点以下は切り捨てとなるので、上記の場合はひと月1,479円が利息額となります。

 

時に、年利は実質年率として提示されている場合、年利の中に貸付の諸費用(保証料や手数料など)も含まれて、実際元金にかけられる割合となっていることを意味します。

 

つまり、ただ年利〇%とある場合は、別途費用がかかることがありますが、実質年率とある場合は元金にそれ以上の費用がかかることがないという事です。

 

以前はカードローン契約において、利息以外に別途発生していた礼金や割引金、調査料などは、現在では実質年率に利息とみなされ盛り込まれています。
その様な仕組みを、みなし利息といいます。
しかし、カードローン利用におけるATM手数料やカードの再発行手数料、印紙代などはみなし利息例外となっているので、利息とは別に支払いが生じます。

 

消費者金融と銀行の金利差に注意!

 

カードローンでキャッシングする場合に、最低限理解しておきたい金利設定として、基本的に銀行カードローンの方が低金利だという事があります。

 

例外もありますが、一般的な銀行と消費者金融のキャッシングに際する金利は、約3.0%ほどの差があります。

 

銀行カードローンの金利は14.0〜15.0%程、消費者金融の金利は17.8〜18.0%が平均となっています。

 

ちなみに、どちらでキャッシングしたとしても、借入額が100万円以上となった場合は、利息制限法により自ずと金利が15%以下になります。

 

初めから金利が低いところでキャッシングが可能な場合もあれば、与信の状態によってはそうでないこともあります。

 

その際、カードローンは借り換えができるのですが、銀行の方が低金利であることから、借り換えは消費者金融から銀行にすることが勧められます。

 

また、金利設定は大体、下限金利〜上限金利というように各借り入れ額(残高)や限度額毎に定められていますが、上限金利での契約になる事が大半です。

 

ただ、一応は限度額のように金利もカードローン審査によって決まるとされています。

 

その為、低金利でキャッシングがしたいなら、それに見合う与信である事が求められます。

 

主なカードローンの金利はどれくらい?

 

考える

 

カードローンの金利の平均は先述した通りですが、実際どのくらいの金利設定を金融機関がしているのか疑問だと思います。

 

そこで、主な金融機関のカードローンの金利を下記に表にしてみました。

 

金融機関(カードローン)

金利

三井住友銀行カードローン

年4.0〜14.5%

みずほ銀行カードローン

年3.0〜14.0%

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

年1.8〜14.6%

新生銀行カードローン レイク

年4.5〜18.0%

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

年3.9〜14.9%

静岡銀行カードローン セレカ

年4.0〜14.5%

プロミス

実質年率4.5〜17.8%

モビット

年3.0〜18.0%

アコム

年3.0〜18.0%

アイフル

年4.5〜18.0%

ノーローン

年9.5〜18.0%

みずほ銀行カードローン金利は住宅ローン併用金利引き下げ−0.5%適用後の金利

 

下限金利〜上限金利という幅を持たせた金利設定がどの金融機関のカードローンもされていますが、キャッシング残高50万円以下の場合は基本的に上限金利での貸付となります。

 

また、最低金利でキャッシングができる事は、ほとんどないと思っておいた方が良いです。

 

その為、下限金利を見て一番低金利なところを契約先として選ぶより、上限金利を目安に検討するのが望ましいです。

 

銀行カードローンの場合は、借り入れ額が100万円以上になると上限金利よりも2.0%から最高4.0%低い金利が適用されることがあります。
ところが、消費者金融の場合は、利息制限法に則った15.0%より下の金利で借りられることは滅多にないです。
その為、高額の借り入れを低金利でしたい場合は、銀行カードローンでのキャッシングをオススメします。

 

利息の引き下げは出来ない?

 

最初のカードローン契約時に審査で決まった金利は、基本的に無条件で引き下げられることはありません。

 

また、借り入れ側から契約先の金融機関に金利の引き下げを希望しても、原則下がることはないです。

 

契約後に、金利が下がるとしたら、それは限度額の増額に成功した時か借り換えをした時といえるでしょう。

 

限度額増額といっても、100万円以下の範囲での増額では金利は下がりません。

 

限度額が100万円以下から100万円以上に設定される、または既に100万円なら150〜200万円以上に増額されることで、金利は下がります。

 

というのは、限度額が100万円を超えることで、先述したように利息制限法が適用され金利が下がります。

 

限度額が150〜200万円に増額されたとしたら、高額の融資も可能と貸付側にみなされているので、それに見合った低金利になるわけです。

 

借り換えに関しては、既に契約しているカードローンよりも低金利設定のカードローンに借り換えることで、金利が下げることが出来ます。

 

ただし、限度額増額や借り換えをするには、再度与信審査を受ける必要があるので、確実にそうして金利が引き下げられる保証はありません。

 

利息は毎月の返済額の中に含まれている?

 

初めてのキャッシングで勘違いしやすいのが、各金融機関で提示されている返済額に、割り出した利息額を上乗せするというものです。

 

上記で割り出した利息分は、カードローンの場合、提示する毎月の約定返済額(最低返済額)に既に含まれています。

 

よって、借り入れ側は貸付側が提示している毎月(毎度)の約定返済額を最低限返せば、利息も支払っていることになります。

 

例えば、10万円キャッシングした際の約定返済額が毎月4,000円だとすると、その金額の中に、元金への返済+利息という2種類の支払いが盛り込まれているという事です。

 

年利計算の例で割り出した1,479円がその際の利息額であれば、4,000円-1,479円=2,521円が借りた金額の返済に充てられる実際の金額となってきます。

 

その為、借りた金額(元金)が10万円でしたから、ひと月目の返済をすると残高は97,479円という風に減ります。

 

借入側は、貸付側から提示されている約定返済額を、実際の返済額だと無意識に思い込みがちですが、意外とその認識が危ない事が分かると思います。

 

支払う金額は4,000円ですから、キャッシングに慣れていない方は、その金額が丸まる残高から引かれると思ってしまいがちです。

 

ところが、約定返済額には利息額の支払いも含まれているため、その分は残高から引かれることがない事はきちんと理解する必要があるでしょう。

 

返済が遅れると利息が増える!

 

時に、カードローンでもクレジットカードでもキャッシングした後の約定返済が遅れると、通常の利息の他に遅延損害金という金額がかかります。

 

遅延損害金も利息の一種といえばそうなのですが、ただ利息というよりは決まった日に返済が出来なかったことへの罰金という面が強いです。

 

その為、問題無く返済が出来ていれば、遅延損害金は払う必要が全くない利息といえます。

 

遅延損害金が損なのは、利息制限法で定められる最高金利が適用されることが多い点です。

 

利息制限法では、最高20.0%が適用して良い金利とされていますが、基本的にカードローンなどのキャッシングでは通常金利は最高でも18.0%までとなっています。

 

つまり、遅延損害金の利率は通常のキャッシング金利よりも2.0%ほど高いので、返済遅延をする事は確実に損といえるでしょう。

 

ちなみに、遅延損害金も一応利息扱いなので、万が一返済に遅れて発生してしまった場合は、直近の次回返済日に約定返済額から自動的に引かれます。

 

すると、約定返済額からは通常の利息と遅延損害金分が引かれるので、残高の返済に充てられる金額は少なくなってしまします。

 

金融機関の中には、遅延損害金利率が通常と変わらない設定であるところもありますが、だからといって気軽に返済遅延をしても良いわけではありません。

 

返済遅延は低金利で利息額を押さえたキャッシングがしたいなら、絶対に発生しないに越したことはないので、約定返済は遅れないようにしましょう。

返済額が少額だと総利息額が増える!?

 

カードローン、キャッシングの悪い例でよく耳にする文言に「利息が雪だるま式に増える」といったようなのがあります。

 

実は、借り入れで返済が苦しくなる理由は、借りた金額がそのものが高額であるというよりも、借りている期間が長い事が原因として挙げられます。

 

というのは、借りられる金額というのは、貸付側が借り入れ側の信用情報や属性などを参考に、返済能力に見合った金額しか貸付しないからです。

 

もっと言えば、消費者金融の場合は、総量規制により借り入れ側は年収の3分の1以上は絶対に借りられませんから、高額の融資が原因で返済が苦しいというのは、現代では実情としてあまりないといえます。

 

ここまで、金利・利息の説明をしてきましたが、年利などともいうように、月日が利息額を決めるといっても過言ではありません。

 

残高は保持している期間が長いほど、つまり返済期間が長いほどそこに金利がかかり利息額が増えていきます。

 

その為、例えばたった3万円ほど生活の補填で借りたとして、実質年率18.0%で毎月の返済額4,000円で延々払ったとすると

 

 

【返済1回目】
30,000×0.18÷365×30=443.835…(利息額)

 

4,000-443=3,557(元金への返済額)

 

30,000-3,557=26,443(元金残高)

 

【返済2回目】
26,443×0.18÷365×30=391.211…

 

4,000-391=3,609

 

26,443-3,609=22,834

 

【返済3回目】
22,834×0.18÷365×30=337.818…

 

4,000-337=3,663

 

22,834-3,663=19,171

 

 

このように3カ月約定返済をちゃんとしても、たった3万円の残高が半分も返せません。

 

ちなみに、この3回の返済を経てで払った総利息額は1,171円です。

 

しかも、この計算は一度借りて返済のみをしていっているので、この間にキャッシングを再度するとさらに返済期間が長くなることが理解していただけると思います。

 

キャッシングした金額が、今の例のように10万円以下の少額の場合は、完済に1年もかけない方が無駄な利息を払わなくて済みます。

 

少額のキャッシングを繰り返す場合は、金融機関が提示する約定返済額のみの支払いでは不十分なことがあります。

 

カードローンなどは、返済日のみだけでなく随時、任意で返済が出来ます。

 

その為、懐に余裕があり短期での返済が難しくない金額での借り入れの場合は、約定返済額以上の金額を毎月返済していく事をオススメします。

 

そうすることで、利息が雪だるま式に嵩むことは防げ、無理のないキャッシング利用が可能です。

 

お金を借りるからには返済の目途も付けなければいけません。

 

その際に、欠かせないのが金利と利息についての理解といえます。

 

上記のように一々自分で計算するのは面倒だ!という方でも、カードローンなどのローンであれば契約先の金融機関公式HPで返済シミュレーションが簡単に出来、どれだけの金額が利息として引かれているかが分かります。

 

最低限、キャッシングする際は返済シミュレーションで自身の借り入れ残高と、今後かかってくる利息について確認するくらいはしましょう。

 

利息額の原則として、返済期間と金利によって約定返済額から引かれる金額が明確に算出できます。
その為、もしカードローンなどでキャッシングした残高を早期に完済したい場合は、直近の返済日までにかかる利息分の金額を約定返済額に足して返済すると良いでしょう。
すると、約定返済額満額が残高の返済に充てられるので、残高が早く減っていき早期完済が可能です。

グレーゾーン金利は今はない!

 

ちなみに、法改正がされるまで先述した貸金業者からの貸し付けに対する金利は2つの法律で上限金利がバラバラでした。

 

その為、貸金業者の中には一夫の法律が定める金利よりも高く金利を定めて営業しているところがありました。

 

その法律で定められていた金利差の歪をグレーゾーン金利といいます。

 

貸金業法が改正されたことで、現在はグレーゾーン金利は撤廃されています。

 

現代の利息制限法で定められている金利以上の値で貸付をしている貸金業者は、正規の業者ではありません。

 

また、法改正前にグレーゾーン金利で貸付をしていた金融機関へ、当時利用していた方は払い過ぎた利息分を返還してもらうよう、過払い請求が可能です。

 

最後の返済から10年たつと過払い請求権はなくなってしまうので、心当たりがある方は弁護士などの専門家に相談することをオススメします。