キャッシング即日融資のすすめ

急いで銀行口座を開設するなら何銀行がオススメ?

通帳

 

銀行口座の開設というと、全ての手続きが完了するまでに最低でも2週間かかり、申し込み時には時間の制限などもあり面倒に思う事でしょう。

 

基本的に、銀行での手続きは口座開設に限らず、平日の最高でも15時までに行う必要があります。

 

しかし、昨今はネットから申し込みをし、備え付けの機械で手続きをすることで、15時以降や土曜・祝日でも手続きが進められたり完了できます。

 

特に、通帳の発行をなくして、各銀行専用のスマホアプリやネットバンキングサービスを利用することで、口座開設手続きが早く進められます。

 

緊急で銀行口座が必要!休みの間に少しでも手続きを進めたい!という場合に、オススメなのが三菱東京UFJ銀行です。

 

三菱東京UFJ銀行には、無人の申し込み窓口である、「テレビ窓口」が各支店に設置されています。

 

有人の銀行窓口は営業時間が平日9時〜15時までとなっていますが、三菱東京UFJ銀行テレビ窓口は平日9時〜18時、土曜・祝日10時〜18時の間稼働しており、利用が可能です。

 

残念ながら、日曜日だけはテレビ窓口でも手続きが出来ません。

 

テレビ窓口はATMコーナーに併設されていることが多いです。

 

しかし、支店によっては有人窓口のロビ―内に設置されているところもあります。

 

ロービー内に設置されているテレビ窓口は、土曜・祝日利用が出来ないので支店によっては注意が必要です。

 

三菱東京UFJ銀行テレビ窓口で口座開設を素早くするには?

 

口座

 

三菱東京UFJ銀行口座をなるべく早く開設するには、テレビ窓口の利用が欠かせません。

 

申し込み当日に、テレビ窓口の営業時間までに手続きを完了させれば、通帳の最短即日発行が可能です。
(キャッシュカードは後日郵送。)

 

その際、テレビ窓口から直接申し込む事も可能ですが、それよりも事前にネットから口座開設を申し込むことをオススメします。

 

三菱東京UFJ銀行の公式HPの「ホームページ事前受付」から銀行口座開設を申し込むことが出来ます。

 

画面に表示された必要事項を入力後、HP受付番号が発行されるので、それをプリントアウトするなり、スクショするなりして手元に控えます。

 

その後、口座開設に必要な物をと控えた番号を持って、近くのテレビ窓口に向かいます。

 

テレビ窓口で口座開設に必要な物
  • 本人確認書類(免許証・パスポート・特別永住者証明書)
  • 印鑑(届印)シャチハタ不可

 

上記の本人確認書類であれば、テレビ窓口で手続きが進められます。

 

しかし、それ以外の本人確認書類(健康保険証や年金手帳、印鑑証明など)の場合は有人店舗での確認が必要となってしまいます。

 

すると、平日15時までにUFJ店頭窓口に行かなくてはいけなくなるので、上述した書類をなるべく用意しておきましょう。

 

また、親御さんがお子さん名義(未成年)の口座開設をする場合は、親子の続柄が分かる書類も必要です。

 

それらの確認完了後、ATMから三菱東京UFJ銀行の通帳を受け取ります。

 

ただし、この際、通帳をEco通帳で口座開設申し込みしている場合は、紙の通帳の発行はありません。

 

銀行口座開設手続きをするうえで疑問点がある場合は、テレビ窓口でオペレーターの方から案内を受けることが可能です。

 

テレビ窓口には備え付けの電話があるので、それでオペレーターの方とやり取りをしながら口座開設が進められます。

 

初めてアルバイトをする時や何かの支払いを自分名義でする際に、銀行口座や通帳が急に必要になることがあると思います。

 

場合によっては、勤務先や契約先などから利用できる銀行を指定されることもあるようです。

 

その際に、出来れば汎用性のある大手銀行の口座が用意できた方が後々便利でしょう。

 

大手銀行の中でも、三菱東京UFJ銀行の口座開設はネットとテレビ窓口を利用することで、迅速に手続きが可能です。

 

ちなみに、大手銀行でもみずほ銀行の場合は、店頭手続き以外では通帳の受け取りがすぐには出来ません。

 

昨今はインターネットバンキングなど、アプリやネット上で入出金や残高の確認が可能なので、個人の預金利用であれば紙の通帳は正直不要です。

 

しかし、未だに勤務先や契約先などから通帳の提出を求められることが、なかにはあるようです。

 

そんな時にも、テレビ窓口の利用でATMからすぐ通帳の発行が出来る三菱東京UFJ銀行の口座開設は便利といえるでしょう。

 

口座開設後すぐ振り込み融資が受けられるか?

 

時に、ひょっとしたら振り込みキャッシングをするために銀行口座が即日必要!という方もいるかもしれません。

 

その際に、三菱東京UFJ銀行口座のように最短即日で開設出来た口座で融資を受け取ることが出来るのか?といえば、事実上は可能です。

 

カードローン契約後、振り込みキャッシング利用に際して、口座番号や銀行支店などが入力できれば、融資を振り込みで受けることは出来るでしょう。

 

ただし、条件を満たすことで即日口座開設は出来ても、キャッシュカードはどの銀行であっても後日郵送又は窓口受け取りです。

 

その為、もし口座開設をしてすぐ振り込みキャッシングをするなら、モビットWEB完結契約がオススメです。

 

なぜモビット一択なのか?といえば下記の理由が挙げられます。

 

モビットWEB完結がオススメな理由

  • 三菱東京UFJ銀行口座が指定口座になっている。
  • スマホATM取引でカードがなくてもキャッシング可能。
  • カードレス契約が可能。

 

三菱東京UFJ銀行口座は、モビットWEB完結契約をするのに必要な銀行口座の一方として指定されています。
(もう一方は三井住友銀行口座です。)

 

一番重要なのは、モビットカードローンが唯一今のところ、スマホでATMからキャッシングができる点です。

 

つまり、口座開設したてでキャッシュカードがなくとも、三菱東京UFJ銀行口座に振り込まれた融資を現金として引き出すことが出来ます。

 

通常、WEB完結などで振り込みキャッシングした場合、振込先の銀行口座からキャッシュカードで引き出すか、口座引き落としで融資金を利用するしかありません。

 

しかし、その場合キャッシュカードがない状態では現金が引き出せないわけですから、不都合が生じることもあるでしょう。

 

それがモビットWEB完結とスマホATM取引を利用することで、キャッシュカードがなくとも現金でのキャッシングが可能なのです。

 

加えて、振り込みキャッシングをしたい方は、基本的にローンカードを持ちたくない方も多いでしょうから、カードレス契約できる点もモビットの利点です。

 

スマホATM取引は全国のセブン銀行ATMで可能です。

 

口座開設とキャッシングを最短即日で行うなら、三菱東京UFJ銀行口座とモビットの利用が望ましいでしょう。

 

モビットWEB完結には、社会保険証(または組合保険証)と給与明細書の直近1カ月分が必要です。

 

モビット公式サイトはこちら⇒

 

キャッシング目的で口座開設するなら三井住友銀行?

 

ちなみに、キャッシングをメインに考えて口座開設をするなら、三井住友銀行口座もオススメです。

 

三井住友銀行口座があることで、振り込みキャッシングでの利便性が高くなる金融機関は結構あります。

 

例えば、上述したモビットでのWEB完結契約でも指定の口座になっていますし、プロミスでも三井住友銀行口座があることで瞬フリという最短即時振り込み融資サービスがいつでも受けられます。

 

また、三菱東京UFJ銀行口座も開設が早く出来ますが、三井住友銀行もSMBCローン契約機を利用することで口座開設がスムーズに可能です。

 

SMBCローン契約機からの口座開設であれば、口座番号がすぐに分かります。

 

加えて、平日夕方や土曜日といった銀行窓口が営業していない時も口座開設申し込みがSMBCローン契約機であれば可能です。

 

ただし、キャッシュカードの受け取りは約1週間から10日ほどかかるので、振り込み融資を受けてもカードが来るまでは引き出しが出来ません。

 

その為、初回融資を急いでいる場合はローンカードでキャッシングするか、先述したようにモビットであればスマホATM取引でカードレスキャッシングすることとなります。