みずほ銀行カードローンでキャッシング!申し込みや借り入れ・返済の仕方は?

 

みずほ銀行は有名な大手銀行なので、安心感があり口座を持っている方も多いと思います。

 

その為、キャッシングを考えたときに、みずほ銀行カードローンを契約しようと思う方は少なくないでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの貸付条件は?

 

みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも、特に低金利でのキャッシングに向いています。

 

また、最高限度額も800万円と高額でキャッシングの借り換えにも対応可能です。

 

みずほ銀行カードローンの貸付条件は以下の通りとなっています。

 

金利

年2.0〜14.0%

(住宅ローン併用で0.5%引き下げ適用)

限度額

最高800万円

資金用途

自由(事業資金のみ利用不可)

申し込み条件

・契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方

・安定かつ継続した収入の見込める方

・保証会社の保証を受けられる方

・永住許可を受けている方(外個人の方の場合)

必要書類等

【本人確認書類】

以下のいずれか1つ

・運転免許証(運転経歴証明書も可)

・パスポート

・健康保険証

・住民票

・在留カード

・特別永住者証明書

 

【収入証明書類】

以下のいずれか1つ

・源泉徴収票

・住民税決定通知書または課税証明書

・納税証明書(その1・その2)

 

印鑑

返済日

毎月10日

遅延損害金

年19.9%

 

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の住宅ローンも併用している事で、適用金利から年0.5%引き下げがされます。

 

すると、金利が年1.5〜13.5%となり、さらに利息を抑えてのキャッシングが可能です。

 

みずほ銀行カードローンの限度額毎に設定されている金利は以下の通りとなっています。

 

限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

 

みずほ銀行カードローンの場合、限度額毎に設定されている金利は一律なので、適用される金利がきちんと分かるところも好感が持てます。

 

加えて、限度額が高めに設定されることで、一桁の金利でキャッシングができる可能性があるのも特徴といえるでしょう。

 

みずほ銀行カードローンへの申し込み方法は?

 

みずほ銀行カードローンは、口座開設をしていないと契約が出来ません。

 

その為、みずほ銀行の口座がない場合は、カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みもします。

 

口座開設も同時にする場合は、キャッシングが可能になるまで時間がかかる為、融資を急いでいる方は他のカードローンを検討した方が良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンへ申し込む方法は以下の通りです。

 

みずほ銀行カードローンの申し込み方法
  • ネット申込
  • 電話
  • 店舗申込
  • 郵送

 

一番おすすめなのは、来店不要でスマホやPCから申し込みが手軽に出来るネット申込です。

 

ネットに苦手意識のある方は、電話申し込みが良いでしょう。

 

店舗に赴いて申し込みをする場合、みずほ銀行は自動契約機がないので銀行の有人窓口が営業している時間までに行く必要があります。

 

また、銀行の有人窓口は土日などは営業していないので、申し込みをしに行く時間を作るのが難しいといえるでしょう。

 

加えて、一番避けたいのが郵送申し込みといえます。

 

というのは、郵送申し込みの場合、書類の返送なども含めると融資までにかなり時間がかかってしまうからです。

 

銀行カードローンは、そもそも即日審査や即日融資に対応していないので、キャッシングに至るまでに時間がかかります。

 

したがって、なるべく申し込みから融資までをスムーズに進めようと思うなら、郵送申し込み以外の方法で申し込むのがおすすめです。

 

みずほ銀行口座開設済みならキャッシュカードで借り入れが可能!

 

時に、みずほ銀行口座が既にある方は、キャッシュカード兼用型にする事で、審査通過後わりと早く借り入れが出来ます。

 

ローンカードが家族の方に見つかってしまうのを避けたい!という方にも、キャッシュカードでのキャッシングはオススメです。

 

キャッシュカードとは別にローンカードが欲しい場合は、専用のローンカードを発行しての契約も出来ます。

 

ただ、専用ローンカードを発行する場合、みずほ銀行は郵送での発行しか出来ないので手元に届くまでに時間がかかる点に注意しましょう。

 

みずほ銀行カードローンでの借り入れ方法は?

 

みずほ銀行カードローンの借り入れ方法は3つあります。

 

借り入れ方法
  • ATM
  • 口座振り込み
  • 自動貸越

 

カードローンといえばローンカードを使ってのATMキャッシングが基本です。

 

その為、みずほ銀行カードローンでも勿論ATMからの借り入れが出来ます。

 

みずほ銀行のATMに加え、セブン銀行やローソンATMなどのコンビニ提携ATMも利用可能です。

 

ただし、みずほ銀行のATM以外は提携ATM利用手数料がかかります。

 

また、キャッシュカードをローンカードにする場合は、一部の提携ATMが利用出来なくなるので注意しましょう。

 

ATMキャッシングの他には、みずほダイレクトからネットで振込融資申請をして口座振込で借り入れする事も可能です。

 

口座振り込みで借り入れをする場合、振込手数料はかかりません。

 

ネットから融資の申請が可能なので、キャッシングの為だけに外出をしなくてはいけないという事がないです。

 

その口座振り込みに自動機能が付いたのが、自動貸越での借り入れといえます。

 

自動貸越はみずほ銀行カードローンならではの借り入れ方法といえるでしょう。

 

みずほ銀行口座から引き出しや引き落としがされた際、残高が足りなかった場合に自動で融資をしてくれるのが自動貸越です。

 

口座残高がマイナスにならない限りは、勝手に自動貸越がされる事はないので安心してください。

 

銀行カードローンは即日キャッシング不可!

 

ちなみに、みずほ銀行カードローンに限らず、銀行カードローンは即日キャッシングができません。

 

2018年1月以降、銀行カードローンは即日審査も即日融資も停止となっています。

 

その為、みずほ銀行カードローンでの契約を検討している場合は、即日融資が受けられない点に注意してください。

 

みずほ銀行口座が開設済みでキャッシュカードにローン機能を付帯させるのであれば、即日とまではいきませんが少しは早めにキャッシングが可能です。

 

みずほ銀行カードローンの返済は自動引き落とし?

 

みずほ銀行カードローンの約定返済日は毎月10日で、基本的な返済は口座からの自動引き落としとなります。

 

ただ、繰り上げ返済や任意返済に関しては、自動引き落とし返済以外の方法も可能です。

 

返済方法は以下の3つが用意されています。

 

返済方法
  • 自動口座引き落とし
  • みずほダイレクト(インターネット返済)
  • ATM

 

みずほダイレクトに登録していると、インターネットバンキングとテレホンバンキングを利用しての繰り上げ返済などの任意返済が出来ます。

 

インターネットバンキングの場合は、約定返済以外で任意返済したい金額を画面表示に従って入力する事で返済が可能です。

 

ネットではなく、電話でも同じように任意の金額を伝えての返済が出来ます。

 

みずほ銀行ATMや提携ATMからも臨時の返済が出来ますが、提携ATM手数料がかかる場合はなるべくみずほダイレクトを利用した方が良いでしょう。

 

時に、みずほ銀行カードローンは最低返済額が1万円と他のカードローンと比較して少し高めです。

 

その為、毎月の返済はあまり楽ではないかもしれませんが、返済額が高い分残高の減りが早いので返済期間は短く済むでしょう。

 

金利も低く、返済期間も短縮できるので、完済までにかかる利息が抑えやすいのもみずほ銀行カードローンの特徴です。

 

 

 



トップ ランキング クレジットカード