キャッシング即日融資のすすめ

最短即日キャッシングの為の複数申し込みはダメ?

電話

 

どうしても今日中にお金が必要!なのに審査に落ちてしまった…

 

というような状況はありえなくないはずです。

 

その際、立て続けに他の金融機関へ申し込みをするのはあまりオススメ出来ません。

 

特に、審査落ちの理由が信用情報の傷によるものだと察することが出来る場合は、はっきり言ってその状態で他に申込むだけ無駄です。

 

確かに各金融機関の審査基準には違いがありますが、信用情報に返済遅延(複数回に渡る)や延滞、債務整理などの異動情報が載っている場合は、どの金融機関をあたっても借り入れは難しいといえます。

 

加えて、借り入れ契約の申し込み履歴というのも信用情報に記録されます。

 

その為、いつにどこへ申し込みをしたかも金融機関はチェックが可能です。

 

申し込み履歴は、審査に落ちてしまって融資が行われ無くても記録されます。

 

申し込み履歴は他社借り入れ件数などを精査する際に同じく見られ、申し込み履歴がいくつもあると、貸付側はあまり良い印象を抱かないことでしょう。

 

金融機関を短期間にいくつもあたるほど、金銭的に切羽詰まっており、貸し倒れのリスクが高い。

 

というように、判断されてしまう事があるのです。

 

つまり、短期間に何度も色々な金融機関に申し込みをしていると、どんどん審査結果に悪影響を与えることになります。

 

複数申し込みは2社まで?申し込み履歴の保管期間に注意!

 

借り入れ申し込みは、もし複数回する際には最高でも1カ月のうちに大体2社までといわれており、それ以上は半年(6カ月)日を置く必要があります。

 

2社までというのは、あくまで他社借り入れとしてあっても信用に響かない目安程度の基準ですが、半年という期間は出来るだけ忠実に守った方が良いです。

 

というのも、信用情報に申し込み履歴が記録として残る期間が、最高6カ月だからです。

 

出来れば、複数申し込みをしたとしても2社までが理想ですが、どうしてもという場合は最高3社まで申込んでもやぶさかではないでしょう。

 

ただし、たとえ即日中にキャッシングの必要があっても、焦ってその日のうちに手当たり次第キャッシング契約を申し込むような事はしないようにするのが良いといえます。

 

特に、総量規制で年収の制限が、借り入れ額に対して明確に設けられている消費者金融は他社借り入れに敏感です。
その為、万が一複数申し込み時に、年収制限を無視したようなキャッシング希望額を申請している場合、審査通過結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

時に、申し込み履歴は何も申し込んですぐ信用情報に記録されるわけではありません。

 

その為、即日キャッシングには審査対応時間や振り込み融資の時間の加減もありますから、同時に2社申し込みをするのは審査落ち予防として、しても良い最低限の対策といえます。

 

その際、申し込みをする2社の金融機関は保証会社が違うところを選ぶ事をオススメします。

 

審査は貸付を行う金融機関と保証会社両方が関係しますから、保証会社が違う金融機関を第2候補とすることで基準が異なる審査が受けられます。

 

一方では審査通過の基準に満たなかったのが、もう一方では審査通過までたどり着く可能性があるかもしれません。

 

また、消費者金融では総量規制により借り入れ額が制限されるので、もし高額融資を希望しているなら、2社のうち1社は銀行カードローンに申込むと良いでしょう。

 

銀行は総量規制対象外なので、返済能力が認められれば、年収の3分の1以上の金額を借りることが可能です。

 

消費者金融と銀行でも審査基準に差があるので、違う結果が臨める可能性があります。

 

複数申し込み=申し込みブラックとは?

 

キャッシングの申し込みで信用情報に傷が付いてしまう事を、申し込みブラックといいます。

 

これが正に、日を置かずに複数回申し込みをすることの弊害です。

 

ブラックというのは異動情報のことをブラックリストなどとも言ったりするところからきています。

 

申し込み先が2、3件というぐらいであれば、一応はそこまで痛い傷ではありません。

 

しかし、申し込みをし審査に落ちた。というのを4回以上も繰り返していると明確な異動情報として、先述もしたように審査結果に悪影響を及ぼすようになります。

 

カードローン申し込み手続きの途中で、何度も中途離脱を繰り返したり、申し込み先の何の連絡もせずに申し込みをキャンセルすることも、申し込みブラックの原因となります。
また、手続きの途中で申し込みをキャンセルした金融機関へ、すぐに再度申し込みをするというのも不自然な申し込みとされ、審査に落とされる可能性が否めません。
一度キャンセルをした金融機関へ申し込むのも避けた方が良いでしょう。

 

審査落ちを3、4社してしまった場合は、当分のキャッシングは諦めるのが賢明といえます。

 

中小消費者金融であれば、申し込み履歴が4、5社目であっても契約できる可能性はありますが、大手消費者金融や銀行と比べると貸付条件があまりよくないのでオススメしません。

 

加えて、流石に何度も審査落ちをして4社目に中小消費者金融でキャッシングができたとしても、借りられる金額は10万〜30万円以下の少額となる可能が高いです。

 

審査落ちや申し込みブラックの履歴だけなら、半年後には消えますから、それから再度キャッシングに臨んだ方が無難な借り入れ契約が出来ることでしょう。

 

複数申し込みは同日の内にする

 

日づけ

 

何件も続けて申し込むのはいけない!と述べた後では、混乱するかもしれませんが、以下は1件目の借り入れが審査落ちだった場合に限ります。

 

もし、キャッシング申し込みをしたものの審査落ちしてしまい、どうしても近日中に借り入れ契約がしたい場合は、審査落ちの記録が載らないうちに別の金融機関に申し込みをした方が良いです。

 

ただ、どのタイミングで申込履歴としてキャッシング審査落ちの記録が記載されるかは定かではありません。

 

その為、なるべく日を置かずに、2件目の申し込みはした方が良いといえます。

 

流石に、申し込み当日中にキャッシング審査落ちなどの情報が、金融機関から信用情報機関へ送られることはないでしょう。

 

つまり、とりあえず申し込みをした1件目がダメであった場合に、次の金融機関でのキャッシングに賭けるなら、2件目まではその日のうちに申し込みをしましょう。

 

2件キャッシングを申し込んでダメな場合は、自身の返済能力を向上させて半年後にまた別の金融機関に申し込みをするのが安全策です。

 

手当たり次第のカードローンに申込んで複数回本審査を受けるよりも、もし自身で思っている範囲で借り入れが可能か不安な場合は、各金融機関のお試し診断を使ってみることをオススメします。
ただし、お試し診断での結果が絶対に本審査にも反映されるという事はありません。
あくまで「お試し」なので、実際に申し込みをして審査を受けたものの落ちてしまう、という事はザラにあります。
しかし、借り入れの目安を多少つけることは可能ですから、やたらに複数申し込みをするよりは利用した方が良いでしょう。

 

借入先が複数必要な場合

 

ところで、様々な理由があって、借入先が実際に複数欲しい事もあると思います。

 

その場合でも、同時に4〜5社も申込むのは止めましょう。

 

複数の借り入れ先が必要でも、まずは審査に通過しなくてはいけませんから、申込ブラックのような信用の傷を作ってしまわないようにしなくてはいけません。

 

借入先がすぐに複数欲しい場合、まずは1社だけに申込、審査通過後に他社に申込むのが良いです。

 

審査結果が出る前に申込んでしまうよりも、審査に通った後の方が審査での印象が良いといえます。

 

また、複数申込みは2〜3社までに留めるのが良いと先述しましたが、借り入れ件数も同じく多くても3社までにしましょう。

 

複数申し込みブラックと多重債務は別物?

 

時に、申し込みブラックと多重債務は別物の異動情報として扱われています。

 

ここまで述べてきた通り、申し込みブラックは複数回に及ぶ不当な申し込みが原因で信用の傷となるものです。

 

ところが、多重債務は既に契約している借入先が複数に及んでいる事を指します。

 

その為、申し込みブラックでもあり、多重債務でもある。という異動情報を重ねた状態になってしまう事もあるわけです。

 

勿論そのような信用情報の状態では、新規借り入れ契約はおろか追加キャッシングも出来なくなるといえます。

 

ただし、申し込み履歴は半年経てば信用情報から消えます。

 

しかし、多重債務は既存の債務を完済させるか、債務整理などをしない事には解決しません。

多重債務になる前の対策は?なった後はどうする?

 

金の亡者

 

まずは、短期間にしろ日を置くにしろ、複数の借り先に申し込みをしなければ、多重債務になることはありません。

 

申し込みブラックにならない件数が2社であるように、実際借り入れをしている先というのも2社までに収めるのが良いです。

 

金融庁は借入先5社以上が多重債務の定義としていますが、信用情報の状態として借り入れ先3〜4社までが審査通過できる範囲といわれています。

 

加えて、借り入れ先4社目となってくると、基本的に消費者金融でも大手では契約できなくなってきます。

 

借入先が4社になり、多重債務予備軍になる前に、借入先3社の時点で検討すべき手段として、おまとめローンが挙げられます。

 

いくつもの借入先へ各々返済を繰り返すより、一度借り入れ先を絞ることでキャッシング状況を立ち直らせる必要があります。

 

おまとめローンは、一番いいのは低金利の銀行カードローンに債務の残高全てを借り換えてしまうのが良いでしょう。

 

ただし、おまとめローンにも審査は付きものです。

 

そこで、おまとめローンさえできないような多重債務の状態の場合は、債務整理をするしかありません。

 

ところが、一重に債務整理といっても、誰しもが自己破産という手段しかないわけではありません。

 

債務整理には、任意整理や個人再生など他の方法もありますから、自身の状況にあった方法を専門家の方と相談して決めるのをオススメします。

 

債務整理をしたからといって、そのあと一生借り入れが出来なくなるわけではありません。
ただ、債務整理は信用情報の上で金融事故として記録される、異動情報の中でも一番ペナルティが重いものです。
債務整理の種類にもよりますが、手続き完了から最高5〜10年の間キャッシング・ローン契約の類が出来なくなります。
しかし、債務整理の記録もその期間がたてば信用情報から消えるので、その後はクレジットカードを作ったり、必要であればまたカードローンなども契約できるようになります。

 

クレジットキャッシング枠をなくす!

 

ちなみに、キャッシングの借り入れ件数の中には、カードローンでの借り入れ件数の他に、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

 

その為、利用していないキャッシング枠は利用できないようにしたり、カード自体を使っていないなら解約してしまう事で、借り入れ件数を減らすことが可能です。
(ショッピング枠はキャッシングではないので他社借り入れ件数には含まれません。)

 

カードローンの件数を減らすわけじゃないから効果がないのでは?と思われるかもしれませんが、クレジットキャッシングも借入には違いありません。

 

加えて、キャッシング枠に関しては総量規制の対象なので、扱いとしては消費者金融のカードローンと同じです。

 

また、クレジットキャッシング残高もカードローンに借り換えたりまとめることが可能です。

 

その為、クレジットキャッシング残高が残っている場合は、借り換え後に解約すると良いでしょう。