プロミスキャッシング基本情報

プロミスきゃぷ

 

消費者金融の中でおそらく一番知名度があるのはプロミスだと思います。

 

貸金業法改正前から広く営業しており、法改正時には過払い請求の煽りなども受けているはずでしょうが、豊富なサービス内容を見るに、そのような影はまったく窺えません。

 

カードローン・キャッシングを利用するにあたって、利用者が求める所を網羅しているのがプロミスの特徴といえるでしょう。

 

また、会員サービスが充実しており、別途手続きをすることでプロミスポイントがたまったり、三井住友VISAプリペイドカードが作成できたりします。

 

カードローンでのキャッシングに関するメリットだけでないところが、プロミスの嬉しい所です。

 

消費者金融からのキャッシングに絞って、契約を検討しているのならプロミスに申込んで後悔することはまずないといえるでしょう。

 

カードローン初心者の方にもオススメできる借入先となっています。

 

プロミスでの借り入れ契約基本情報は以下の通りです。

 

実質年率

4.5%〜17.8%

限度額

1〜500万円

審査時間

最短30分

審査対応時間:9:00〜21:00

本人確認書類

運転免許証またはパスポート

*来店契約の場合のみ健康保険証+その他1点(例:住民票)

*外国籍の方は在留カードまたは特別永住証明書が合わせて必要。

収入証明書

希望借入額50万円以上または他社借り入れ額との合計が100万円以上で書類必須。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

の中から1点

*賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書が必要。

個人事業主の場合は確定申告書なども必要。

申込条件

年齢20〜69歳で自身に安定した収入がある。

パート・アルバイトで収入があれば主婦や学生でも契約可能。

 

プロミスキャッシングのポイントは?
  • 新規契約で30日間無利息
  • WEB完結対応可能(瞬フリサービス)
  • 最短即日融資可能

(平日14時までに契約まで完了又は14時以降や土日は自動契約機利用でその場でキャッシング)

 

プロミスでは、初めて契約の方に限り、メールアドレス登録とWEB明細利用で30日間の無利息期間が適用されます。

 

無利息期間は、プロミスで契約後借り入れをして初めて適用されるので、契約の翌日には借り入れをしなくても無利息期間が始まってしまう金融機関の無利息期間と比べると、良心的といえるでしょう。

 

加えて、特定の銀行口座がなくても、ネット申し込みを審査対応時間までにし、その後契約締結とローンカードの発行を自動契約機で行う事で、最短即日キャッシングが可能です。

 

ローンカードでATMからキャッシングする場合は、口座開設不要ですし、ネットキャッシングしたい場合もプロミスは対応している金融機関口座が200行以上あります。

 

その為、大抵は既に日常利用している口座がプロミスのキャッシングで利用できることが多いです。

 

また、プロミスはWEB完結対応もしており、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座への振り込み融資であれば、土日祝日も含め24時間キャッシング受付完了から最短10秒で融資を振り込んでもらえます。

 

この最短10秒で振り込み融資がしてもらえるサービスを「瞬フリ」といい、プロミス独自のキャッシングサービスとなっています。

 

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関口座でも、0時〜9時の間に受け付けたものは当日9時半までに、9時〜14時50分の間に受け付けたものは最短10秒での振り込み融資に対応しています。

 

その為、とにかく早くお金が借りたい!という方にプロミスはおすすめできます。

 

毎週月曜日0時〜7時
毎週日曜日21時〜翌月曜日7時(三井住友銀行のみ)
元旦終日
以上はサービス停止となっています。

 

瞬フリを利用するには、会員サービスログイン後振込先口座を登録してキャッシング申請をします。

 

振込融資を時間や曜日関係なく最短即日で受けようと思うと、どの金融機関のカードローンでも特定の銀行口座が必要となることが多いです。

 

特に、土日祝日にカードローンをWEB完結契約する場合は、借り入れ先指定の口座の有無が最短即日キャッシングの可能性に関わってきます。

 

また、借り入れ先と持っている口座によっては振込キャッシングができないこともあります。

 

しかし、プロミスでカードレス契約する場合は、200行以上の金融機関に対応していますから、そうそう融資の振り込み先として使えない口座はないといえます。

 

プロミスの収入証明書提出キャンペーンとは?

 

プロミスで契約する場合、キャッシング額が50万円以下で且つ総量規制で定められる金額を超えないなら、原則、収入証明書は不要です。

 

しかし、プロミスでは、収入証明書を提出するとギフトカードがもらえるキャンペーンを、それなりの頻度で開催しています。

 

貰えるギフトカードは、三井住友カードVJAギフトカード、QUOカード、家電商品券(ビッグカメラ)、ジェフグルメカードなどがあります。

 

また、最近リニューアルされたプロミススマホアプリを利用することで、岐阜地カードの抽選当選率が2倍になったりもします。

 

そのような特典があるので、プロミスでの契約時やキャッシング利用中はキャンペーンに乗じて収入証明書を提出することをオススメします。

 

直近の収入証明書提出キャンペーンは2017年4月1日〜6月30日の開催となっています。

 

プロミス申し込み方法はどれがオススメ?

 

すまほ

 

プロミスへの申し込み方法では、即日キャッシングが目的であれば、やはりネット申し込みからの自動契約機の利用がオススメです。

 

WEB完結対応可能な時間帯での申し込みや24時間原則、瞬フリ可能な銀行口座があるなら、契約締結からキャッシングまでネットで完了させるのも良いでしょう。

 

その他の申し込み方法にもプロミスは対応していますから、自身の都合にあった方法を選ぶ事が出来ます。

 

 

プロミス各種申し込み方法

  • ネット
  • 自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)
  • 電話(プロミスコール)
  • サービスプラザ(店舗窓口)
  • 郵送

 

 

郵送物なしでの契約手続き希望の場合、自動契約機や店舗窓口までローンカードを受け取りに行けるなら、郵送以外であればどの方法で申し込みをしても大丈夫です。

 

ただし、自動契約機などまでいけない場合は、ネット申し込み手続きの流れで返済方法を「口座振替による返済」を選択して、カードレス契約をする必要があります。

 

時に、プロミスには女性専用ダイヤル(レディースコール)も用意されています。

 

その為、女性の契約希望者の方でも気軽に電話での申込や問い合わせが可能です。

 

プロミスでキャッシング契約の為にサービスプラザを利用する場合、来店の予約をすることが出来ます。
また、自動契約機の利用と同様の流れで、申し込みだけネットで済ませ、ローンカードの発行と契約締結のみをサービスプラザですることも可能です。
ただし、プロミスお客様サービスプラザの営業時間は月〜土曜日の10時から18時までとなっています。(店舗によっては土曜日が休業の場合があります。)

ATMからの借り入れ・返済希望ならプロミスが断然おすすめ?

 

消費者金融で提携先のATMを利用するとなると、手数料がかかってくることが多いです。

 

自社ATMは手数料がかからずに大抵の金融機関でも利用できます。

 

かといって、借入・返済の度消費者金融のATMがある自動契約機コーナーな度まで赴くのも正直面倒でしょう。

 

その点、プロミスの場合は自社と三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用可能です。

 

銀行ATMは消費者金融ATMと比べると、わりと見つけやすいところに点在していることが多いです。
大体、駅やショッピングセンター内にあります。

 

加えて、LoppiやFamiポートといったコンビニメディア端末を利用した返済も手数料がかからずに可能となっています。

 

カードレスでネットバンキング機能での振込や口座引き落としでキャッシング利用をするなら、ATM手数料がかかることはありません。

 

どうしても、ローンカードでATMを利用してのキャッシング希望の場合は、なるべく手数料がかからない所で借り入れ契約をするのをオススメします。

 

プロミスインターネット返済が便利!

 

ちなみに、プロミスはATMの利用も他の消費者金融と比べると自由が利き易いですが、インターネット返済が可能なのも嬉しい点です。

 

というのは、約定返済以外に随時・繰り上げ返済がわざわざATMまで赴かなくてもネットから可能だからです。

 

インターネット返済はネットバンキング機能を利用して、登録している自身の口座から任意の金額をいつでもプロミスに返済することが出来ます。

 

ネットの入力画面に、返済したい金額を入力するだけで、任意の金額が自動で口座から返済され、その際振込手数料などはかかりません。

 

随時・繰り上げ返済は、完済までの利息を抑えるための大事なポイントですから、インターネット返済で手軽に出来るのはプロミスで契約するメリットの一つといえるでしょう。

 

特に、消費者金融はどうしても銀行でキャッシングするよりも金利が高く付いてしまうので、利息が嵩張らないようにする手段は大切です。

 

口フリ(口座振替)返済の注意点

 

プロミスでは口座振替による返済も可能なので、自動で引き落とし日に口座から返済される方法を取ることも出来ます。

 

ただし、その際三井住友銀行とジャパンネット銀行口座であれば、振り込みキャッシングもそうですがある程度自由が利きます。

 

返済期日は5日、15日、25日、末日の内から利用者が自身の都合に合わせて選ぶ事が出来ます。

 

また、口座振替後の残高の変更が当日中になされるので、もし限度額いっぱい借りた状態でも、返済することで限度枠の範囲に空きを作ることが出来ます。

 

ところが、その他の金融機関口座の場合は、返済期日毎月5日のみしか選べなかったり、引き落とし返済後の残高への変更が3営業後となってしまいます。

 

ただ、口フリはインターネット返済同様、返済する際に手数料などが発生することがありません。

 

加えて、返済日に自身で何か手続きをする必要がないので、登録口座に預金残高さえあれば、うっかりの返済忘れを防ぐことが出来ます。

 

プロミスと契約で様々な割引が利く!?

 

喜ぶ

 

まず一つはプロミスの公式スマホアプリで会員ログインをすることで「アプリdeクーポン!」というサービスが利用できます。

 

アプリ内限定のクーポン配信サービスで、クーポン利用時はスマホの画面を見せるだけで有効となります。

 

スマホアプリは、プロミス申し込み時の書類提出にも利用出来るので、契約前にインストールしておくと良いでしょう。

 

もう一つ、プロミス会員限定で登録できる「おとくらぶ」というサービスがあります。

 

プロミス会員登録とは別途に申し込みが必要になりますが、特に大変な手続きはないので利用をお勧めします。

 

というのも、おとくらぶ会員になることで、特定の飲食店やレジャー施設、宿泊先などで割引が利くようになります。

 

プロミスと契約をしていれば、キャッシングをする6カ月前からでも利用することが可能となっています。

 

つまり、契約だけして借入0円でも優待割引を受けることができます。

 

加えて、完済した後でも、プロミスとの契約を解約しなければ、6カ月間はおとくらぶサービスを引き続き利用できます。

 

また、現在2017年6月1日(木)までにプロミスおとくらぶ会員登録をすることで、ギフト券1,000円がもらえるキャンペーンが開催されています。

 

ギフト券の種類は全部で4種類あり、メールで受け取り可能(郵送物なし)のものもあります。

 

メール配信
EJOICAセレクトギフト
コンビニdeクーポン
(おとくらぶに登録したメールアドレス宛に送信。)

 

郵送
QUOカード
三井住友カードVJAギフトカード
(郵送先はおとくらぶに登録した住所宛て。)

 

プロミスポイントを貯めて無利息期間を復活?

 

また、プロミスで契約後ポイント会員登録をすると、各種お知らせメールの受信や借り入れ・返済によってプロミスポイントが貯まるようになります。

 

貯めたプロミスポイントは、利用手数料有料提携ATMの手数料を申込み日から1カ月間免除にしたり、無利息期間を再び適用するのに利用できます。

 

今のところ、消費者金融・銀行両方含めたカードローンの中で、このようなポイントシステムが存在するのはプロミスのみとなっています。

 

特に、無利息期間はポイントごとに、250ポイント=7日間、400ポイント=15日間、700ポイント=30日間というように選択肢があります。

 

ポイントをたくさん貯めて、30日間の無利息を丸っと復活させるのも良いですし、それ以下の期間を細かく無利息にするのも、利用者が自由にポイントの範囲内で決める事が出来ます。

 

ちなみに、ポイントによる無利息期間の適用は、ポイントでの無利息適用申し込み後、取引(利息以上の返済、完済時の借り入れ)の翌日からされる仕組みとなっています。


プロミスでキャッシング記事一覧

WEB完結でのキャッシング契約といっても、どこで契約してもサービスは同じかといえば、そんなことはありません。まず一つ言えるのは、銀行でWEB完結をしようと思うと、契約先の銀行口座が必須であるのに対して、消費者金融では原則本人名義の金融機関口座があれば、WEB完結対応してもらえます。その為、基本的には口座開設の手間がない分、即日キャッシングのしやすさもあって、WEB完結契約は消費者金融の方がサービス...

プロミスをネット検索した際、偶に「プロミスレディースキャッシング」のバナーや名称を見るかと思います。キャッシングやカードローンが初めての人は、似た名前の貸金業者でもいるのか?または、プロミスと提携している別の会社なのか?と勘違いしてしまう事もあるかもしれません。プロミスレディースキャッシングは、簡単に言ってしまえば通常のプロミスへの女性専用申し込み窓口です。その為、通常プロミスで契約する内容と何ら...

プロミスは、平日は勿論土日祝日も9時〜21時まで審査に対応しています。また、自動契約機は最高で22時まで営業しているので、ローンカードを発行してのキャッシング契約であれば高確率で最短即日キャッシングが可能です。しかし、プロミスはWEB完結契約も対応しており、その際の振り込み融資のスピードも他金融機関より抜きんでています。プロミスの振り込みキャッシングのスピードが速いのは、「瞬フリ」というサービスが...