キャッシング即日融資のすすめ

楽天ユーザーならメリット大!?楽天ペイとは?

ペイ

 

楽天ペイは、スマホにインストール可能な決済用アプリケーションです。

 

名前の通り、楽天が提供しているサービスで、楽天ペイの利用は無料で可能です。

 

アプリに自分が利用しているクレジットカードを登録することで、スマホでクレジット決済が可能になります。

 

楽天とついていることから、楽天カードしか登録できないのでは?と思うかもしれませんが、VisaかMastercardのクレジットカードなら楽天カード以外でも登録可能です。

 

ただし、JCBやアメックス、ダイナースなどは登録不可能となっています。

 

現在、楽天ペイのようなカードレスでスマホ決済をする為のアプリが増えつつあります。

 

その為楽天ペイでは利用できないカードでも、他のスマホ決済用アプリであれば利用できることがあるので、自身のカードにあったサービスを見つけると良いでしょう。

 

楽天ペイを始める際に必要なのは、会員IDとパスワード、登録したいクレジットカードの情報だけです。

 

それらをアプリの画面指示に従ってタップ入力していけば、楽天ペイがスマホで利用できるようになります。

 

楽天ペイの使い方(支払い方法)

 

楽天ペイは楽天ペイの加盟店で、代金の支払い時に利用を伝えることで利用できます。

 

楽天ペイでの支払いは3通りあり、自身で選ぶ事が出来ます。

 

コード表示

 

スマホ画面に楽天ペイのバーコードを表示させ、加盟店の店舗がそのコードを読み取ることで決済が完了します。

 

なお、コード表示では、1回の会計で支払い可能な金額が最高で20,000円までとなっています。

 

加えて、楽天会員ランクがレギュラーの場合は、4,000円までとなっているので高額の支払いには利用できません。

 

QRペイ

 

楽天加盟店が用意しているQRコードをスマホで読み取ると、金額が表示されます。

 

それを確認後、スライドでお支払いのボタンを文字通りスライドさせることで決済が完了します。

 

楽天スーパーポイントを利用したいときは、ポイントを利用するというボタンをタップすることで任意のポイントが利用可能です。

 

セルフペイ

 

セルフペイを選択すると、楽天ペイ加盟店がスマホの画面に表示されるので、利用した加盟店をタップします。

 

その後、利用額を入力すると、ポイントを利用するとスライドでお支払いのボタンが出ます。

 

ポイントを利用する場合は、ポイントの方のボタンをタップ、利用せず決済に進む場合はスライドでお支払いのボタンをスライドすることで決済完了です。

 

 

いずれの支払い方法を利用する場合でも、会計時には楽天ペイで支払う旨を伝えましょう。

 

何も言わずにスマホを出されたり、翳されても店員の方は、楽天ペイなのかApplePayなのか、QUICPayなのか何か分かりません。

 

また、急に楽天ペイのようなモバイル決済は普及してきましたが、まだまだ知らない方も多くいます。

 

自分では楽天ペイでの支払いを理解していても、誰しもがそうではありませんから、アルバイト店員の方などが戸惑っても怒ったりしないようにしましょう。

楽天ペイで楽天スーパーポイントの使い勝手がアップ!

 

楽天ペイで、今後は楽天スーパーポイントがオンラインショップだけでなく実店舗での購買でも貯まり、ポイント利用もできます。

 

特に、楽天スーパーポイントの利用が実店舗でも可能になったメリットは大きいといえるでしょう。

 

楽天スーパーポイントは、一度にたくさん獲得することが出来る機会はあるものの、有効期限が短いのがネックです。

 

しかし、楽天ペイであればコンビニや飲食店でも利用できるので、ポイントをこまめに利用することが出来ます。

 

ただ、1回の会計で割引に利用できるポイントは5,000ポイントまでとなっている点には注意が必要です。

 

期間限定ポイントも楽天ペイで利用可能なので、貯まったポイントは積極的に利用していくと良いでしょう。

 

また、楽天ペイで決済した金額の0.5%は楽天スーパーポイントして還元され、それとは別に登録したクレジットカードの特典の効果も得られます。

 

その為、楽天ペイでクレジットカード決済をする事でポイントの二重取りが可能です。

楽天ペイが利用可能なお店は?

 

モバイル決済などに対応している実店舗はまだまだ少なく、活躍の場がないのでは?と心配な方もいるでしょう。

 

ご明察の通りで、特に楽天ペイに関しては決済対応している実店舗の大半が大手企業チェーン店ではなく中小企業店舗または個人経営店です。

 

しかし、2017年8月から、全国のローソン(100円ローソンやナチュラルローソン含む)で利用できるようになったので、少し便利になりました。

 

また、実店舗の方での楽天ペイに対応しているメジャーなお店は少ないですが、ネットからの利用であれば、ドミノピザや無印良品店でも利用可能です。

 

ペイ

 

電子コミックストアのめちゃコミやフリマアプリのFRILなどでも利用可能なので、オンラインサイトでの楽天ペイ利用はそれなりに幅広く可能といえるでしょう。

 

おそらく今後は実店舗でも楽天ペイ加盟店が増えていく事でしょう。

 

楽天ペイの実店舗での利用を重視する場合は、もっとコンビニやスーパーなどの加盟店が増えてからの利用でも良いと思います。

 

ちなみに、楽天カフェで楽天Payを使って支払いをすると、コーヒーと紅茶の料金が半額となるので物凄くお得にお茶が可能です。

 

ただ、楽天カフェもまだまだ店舗数が少ないので、なかなか店舗が近く無いとメリットにはありつけません。

 

楽天カフェ近くにお住まいの方はお茶をする場所の選択肢にすると良いでしょう。

 

楽天カフェは二子玉川や渋谷にありますから、店舗数が少ないうちは観光ついでに寄ってみるのもプレミア感があって良いかもしれません。

楽天ペイのデメリットは?

 

楽天ペイのデメリットは大きく2つです。

 

1つは先述もしましたが、楽天ペイで支払いが出来る店舗が少ない事です。

 

厳密にいうと、消費者がよく利用するような大手企業のチェーン店などで導入されていないので、楽天ペイ加盟店が近場にない場合のメリットがあまりないのです。

 

ただ、そのデメリットに関しては、これから楽天ペイユーザーが増えていく事で、改善されていく可能性があります。

 

もう1つは、楽天ペイでの支払い間違えをした時の手続きがややこしい点です。

 

そもそもスマホ決済の仕組み自体が新しいため、まだキャンセルなどの手続きが簡単に出来るところまで至っていません。

 

その為、例えばセルフペイで利用した店舗や金額を間違えた場合に、決済完了後はキャンセルに手間がかかります。

 

また、ポイントでの支払いをキャンセルした場合はポイントの返還に時間がかかるので、なるべく誤用をしないように気を付ける必要があるといえるでしょう。