キャッシング即日融資のすすめ

個人事業主・自営業者のキャッシングとは?

フリー

 

個人事業主や自営業者の方のキャッシングは、なかなかいろいろな条件が必要となってくることが多いです。

 

また、資金用途にあった借入先を吟味する必要があり、事業性資金をキャッシングしたい場合は特によく検討する必要があります。

 

というのは、資金用途が事業性資金の場合、一般的なカードローンやフリーローンではキャッシングできないことが多いからです。

 

では、申し込み時に資金用途を偽れば良いか?といえば、そういうわけにもいきません。

 

事業性資金での借り入れ契約をするなら、基本的に事業者向けローン、所謂ビジネスローンまたは公的機関・政府系金融機関への申し込みが主となります。

 

ただし、それらで借り入れをする場合、即日キャッシングは望めません。

 

加えて、事業性資金としてそれらから借り入れをしたお金は、原則生活費などとして使ってはいけない場合が少なくありません。

 

このように、個人事業主や自営業者の方のキャッシングには様々な弊害がありますが、要点をおさえれば希望に沿ったキャッシングは可能です。

 

事業資金の場合追加融資が受けづらい

 

一つ注意点としては、資金用途が事業資金である場合は、キャッシング可能な契約先が限られてくるのに加え、融資は契約時の一度きりであることが多いです。

 

事業資金がメインのキャッシングは、希望額が高額であることが多いでしょうから、借入先は専用のビジネスローンとなってくる可能性が高いです。

 

あとは、銀行の目的ローンで事業資金にも利用可能なものなどを選ぶのが限度額的にも金利的にも良いでしょう。

 

しかし、いずれもカードローンのようにこまめにキャッシングと返済が繰り返せるような仕組みではありません。

 

その為、追加融資を簡単に受けるという事が出来ないあたりに注意が必要です。

 

銀行の目的ローンや事業資金用銀行融資は追加の借り入れは出来ない、または再審査が必要となる事多いです。

 

ビジネスローンの場合は、限度額内で繰り返し使える種類のものが稀にありますが、カードローン程借り入れ・返済の自由は利きません。

 

個人事業主・自営業者は審査に不利?どこで借り入れ可能?

 

個人事業主や自営業者の方のキャッシングは、一般的な会社員の方のように簡単にいかないことがあります。

 

というのは、個人事業主や自営業者の方の収入は、サラリーマンの収入より安定性にかける事が少なからずあるからです。

 

その為、キャッシング審査の際の属性スコアリングで評価が得にくく、万が一過去に個人貸付での信用情報の傷があった場合には、契約が難しいといえます。

 

また、生活費などに限った資金用途であれば、通常のカードローン契約が可能ですが、事業性資金のキャッシングである場合は、カードローンでは借りられないことは先述した通りです。

 

加えて、高額の事業性資金の調達となると、銀行のフリーローンなどが低金利で限度額設定も高めですから借り先に選びたくなるものですが、基本的にフリーローンも事業性資金での貸付は不可とされています。

 

あらかじめ、資金用途が事業性資金のみで、なるべく低金利で高額融資が希望である場合は、公的機関・政府系金融機関での借り入れをオススメします。

 

公的機関・政府系金融機関の金利は、民間の金融機関の比ではない低金利となっており、高額融資を受けたとして、返済期間も余裕があることが多いです。

 

その為、本腰を入れた事業性資金の調達なら、公的機関・政府系金融機関に目当てを絞った方が良いでしょう。

 

自身の生活圏内にある信用金庫や労働金庫が事業用ローンを扱っている場合は、それらを利用するのも良いでしょう。
もし、事業が地元地域に根差したものなら、経営状況や返済能力に問題がなければ、借り入れに少し有利になる可能性があります。

 

逆に、全て事業性資金として使うか定かでない、生活費としても利用する可能性がある場合は、消費者金融のビジネスローンがオススメといえます。

 

その際、アイフルは法人でも利用可能ですが、アコム、プロミス、モビットは個人事業主・自営業者のみを対象とした貸付プランとなっているので注意が必要です。

 

ちなみに、モビットだけはビジネスローンとしてではなく、カードローンでのキャッシングが可能となっています。

 

個人事業主・自営業者の銀行融資は可能?

 

法人の事業主、経営者であれば、銀行融資で事業用の資金を借りるのも難しくありません。

 

しかし、個人事業主や自営業者となると、まず銀行融資の中でもプロパー融資は高確率で受けられないといえます。

 

もし、個人事業主や自営業者の方が銀行融資での事業資金調達を考えるなら、保証付き融資もしくは担保付融資となります。

 

保証付き融資の場合は、保証会の審査を受けることになるので、その審査にまず通過する必要があります。

 

その為、出来れば財産価値のあるものを担保にしての銀行融資が、一番個人事業主や自営業者の方の場合は希望があるかもしれません。

 

ただ、先述もしたように個人事業主や自営業者の方は、銀行融資が受けられない可能性が高いために、総量規制例外貸付で消費者金融などから年収制限なく借りられるようになっています。

 

急ぎのキャッシングでなければ、一度銀行融資での事業資金キャッシングを申し込むのも良いですが、時間がかかってお金が借りられないのは困る!という場合は、消費者金融や専用ビジネスローンに申込ん作法が良いでしょう。

 

事業性資金の即日キャッシングは難しい?

 

公的機関による事業貸付やビジネスローンの場合、カードローンのようには即日キャッシング出来ないことが大半です。

 

ところが、消費者金融のビジネスローンとモビットカードローンでのキャッシングでは最短即日利用が可能です。

 

ただし、ここでも一度考えたいのが、資金用途に加えて希望借入額です。

 

もし、最短即日キャッシングで事業性資金が希望でも、借り入れ額が高額である場合は、消費者金融は避けましょう。

 

というのは、消費者金融の金利はけっして低くはないからです。

 

その為、最短即日で事業性資金をキャッシングする場合は、つなぎ資金程度の利用が望ましいでしょう。

 

それなら生活費にも利用出来た方が良い!という事なら、俄然モビットカードローンがおすすめできます。

 

モビットカードローンでは、他社の通常カードローンのように事業性資金としての利用を規制する文言が入っていません。

 

加えて、モビットカードローンは、言わずもがなカードローンですから、資金用途が本来自由で生活費としても借入金が利用できます。

 

個人事業主・自営業者の方で、事業のつなぎ資金と生活費両方の利用と最短即日キャッシングを希望するなら、モビットカードローンを検討してみてください。

 

個人事業主・自営業者は収入証明が絶対必要!?

 

個人事業主や自営業者の方は収入の安定性にかけるとみなされる事は、先述した通りです。

 

その為、通常ならキャッシング希望額によって収入証明書類提出の有無が決まるところ、個人事業主や自営業者の方の場合は、絶対に必要となってきます。

 

資金用途が事業性資金であっても、それ以外であっても収入証明書類は用意しておくようにしましょう。

 

また、その他にも事業実態の証明として営業状況確認書類の用意が必要なこともあります。

 

それらの必要書類として、提出できる書類は以下の通りです。

 

個人事業主・自営業者のキャッシングに必要な書類

収入証明書類

  • 確定申告書(白色・青色申告書)
  • 納税証明書
  • 課税証明書
  • 所得証明書

 

営業状況確認書類

  • 営業許可証
  • 納品書・受注書
  • 請求書
  • 報酬明細

など

 

事業性資金として、消費者金融からキャッシングをする場合は、短期間での利用が望ましいといえます。

 

なぜなら、先述もしましたが、事業性資金をキャッシングできる金融機関の中で、消費者金融の金利は高めだからです。

 

その為、あまりにも高額なキャッシングの場合は、例え事業性資金と生活費など分け隔てなく自由に使えないとしても、借入先は消費者金融ではなく、銀行または政府系金融機関を選びましょう。

 

また、銀行や政府系金融機関での即日借り入れは無理なので、その点は割り切って契約をしましょう。

 

収入証明書の偽造や修正は違法!?

 

時に、自営業者や個人事業主の方中には、何が何でも高額で借り入れがしたくて、収入証明書の修正や偽造をしてしまう方がいるという話を聞きます。

 

申し込み情報での嘘が、貸し付け側にバレるのは書類の提出が求められ、裏がとられるからですがその材料も、審査に都合よく変えられていては、貸し付け側も気づきにくいといえます。

 

会社員の方などのカードローン契約では、収入証明書は会社からの給料という事で勤め先に明細が管理されますが、自営業者や個人事業主の場合は、自身が管理する場合が多いでしょう。

 

その為、ちょっとでも借り入れ審査に有利になるように、その時だけ書類を修正したりしてしまう方がいるようですが、立派な犯罪行為ですから賠償責任を求められてもおかしくありません。

 

まず、個人情報を意図的に偽って申告すると詐欺罪にあたりますし、書類の不正変更などは、公文書偽造罪や私文書偽造罪にあたります。

 

それで訴えられる!というところまでいくことはそうそうありませんが、もしそれで審査に通っても利用中にバレては、残高一括請求からの強制解約となり、二度と契約した金融機関では借り入れが出来なくなります。

 

キャッシングじゃない!?ファクタリングとは?

 

時に、事業資金そのものを借りるのではなく、自社の売り上げのキャッシュフローを変えることで資金繰りが良くなることもあります。

 

もし、キャッシングできるか自信がない…という個人事業主・自営業者の方は、一度ファクタリングという方法も検討してみると良いかもしれません。

 

ファクタリングとは、売り上げ債権・営業債権として、商品やサービスを販売したことにより、代金はは発生したものの代金の支払いが自社に入ってくるまでに時間がかかる流れを、ファクタリング業者に手数料を支払う事で、代金が自社に早く入るようキャッシュフローを流動的にする資金調達の方法です。

 

キャッシングと違い、借り入れをするわけではないので与信状態は問われません。

 

ただし、自社と売掛先などの事業状態などは細かく精査され、ファクタリングの手数料分が支払えるかの審査はあります。

 

ファクタリングは、キャッシングと返済という仕組みではなく、あくまで自社の売り上げの回収を迅速にし、契約したファクタリング業者が設定する手数料分を一括で支払います。

 

基本的には、ファクタリングをした売り上げのうちから、その手数料分を払うので分割払いなどは出来ませんが、その分キャッシングのように利息がかかるようなことはありません。

 

ファクタリング手数料は一般的に、売り上げ債権・営業債権の15〜20%が一般的で、それ以上の業者は手数料が高いといえます。