即日審査キャッシング比較!即日融資も可能なのは消費者金融?

 

直ぐにキャッシングがしたいから、申し込み当日中に即日審査してほしい!という希望を持っている方は少なくありません。

 

その為、金融機関も即日キャッシング審査に対応しています。

 

ただ、どの金融機関のカードローンでもとりあえず申し込めば即日審査してもらえる!というわけではないので、注意が必要です。

 

即日審査・キャッシングが可能なカードローンは?

 

即日審査が可能なカードローンは限られています。

 

また、即日キャッシングも出来るといっても、最短融資時間は違ってくる事も抑えておくと良いでしょう。

 

即日審査・キャッシング可能なカードローンは以下の通りです。

 

カードローン 審査時間 融資時間 金利 限度額
プロミス 最短30分

最短即日
最短10秒振込(瞬フリ)可能

年4.5%〜17.8% 500万円
アコム 最短30分

最短即日
最短1分振込

年3.0%~18.0% 800万円
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日 年3.0%~18.0% 800万円
アイフル 最短30分 最短即日 年3.0%~18.0% 800万円
レイクアルサ 最短30分 最短即日 年4.5%~18.0% 500万円
AIスコア・レンディング 最短即日 最短即日 年0.8%〜12.0% 1,000万円

 

ちなみに、平日だけでなく土日や祝日といった世間一般的な休日でも、上記のカードローンであれば、即日審査に対応しています。

 

消費者金融のキャッシング審査は早い!

 

上記の即日審査にも対応しているカードローンを見ると、全部消費者金融のカードローンとなっています。

 

というのも、現在銀行カードローンはほぼ全部、即日審査・即日融資に対応していないからです。

 

また、そもそも消費者金融のキャッシング審査が銀行の審査よりも早い時間で完了できる仕組みになっているとも言えます。

 

昨今はネットからカードローンに申し込みをするのが一般的です。

 

ネットから申し込みを受けると、消費者金融では申し込み情報を基に直ぐにコンピューターが仮審査を開始します。

 

その仮審査が大体30分程度で完了し、本審査で人の目による確認をするという審査の流れを取っている消費者金融が多いです。

 

その為、申し込みが完了しキャッシングが出来るようになるまでには、融資が早いカードローンで大体1時間ほどといえます。

 

キャッシング審査の基準は?属性スコアリング・信用情報とは?

 

カードローンのキャッシング審査は大体、仮審査と本審査の2段階に分かれていることが多いです。

 

よくキャッシング審査で重要と噂される年収は、仮審査で精査される属性という情報にあたります。

 

仮審査では、年収をはじめとし、勤務先や雇用形態、住居形態などの属性をスコアリング(点数化)します。

 

基本的に安定した収入があり、申し込みをしたカードローンの申し込み条件を満たしていれば、キャッシング仮審査は通過可能です。

 

仮審査に通過後、本審査が行われますがその際チェックされるのが、信用情報といわれる個人の信用取引の履歴です。

 

信用情報では、例えば新規カードローン申し込みをするまでに、カードローンやクレジットカードで返済遅れや延滞、金融事故などの問題がないかどうかが見られます。

 

信用情報機関のJICCやCICに金融機関が信用情報を照会することで、取引履歴が確認されるのです。

 

また、本審査では仮審査で精査した情報の証明として提出を求める、本人確認書類や収入証明書の確認も行われます。

 

もし、申し込み情報で嘘を付いていると、本審査で信用情報と必要書類の確認をした結果、審査に落とされるといえるでしょう。

 

キャッシング審査に落ちてしまう原因は?

 

せっかく即日審査対応しているカードローンに申込んでも、審査に落ちてしまってはキャッシング出来ません。

 

また、審査の内容や具体的な基準は、どの金融機関でも公開されていないので、なぜ審査に落ちたのか分からない事も多いです。

 

ところが、キャッシング審査に落ちてしまう原因の目安を付ける事は出来ます。

 

審査に落ちてしまう原因として、以下のような事が考えられるでしょう。

 

安定した収入がない

 

毎月継続するくらいの収入が自身にないと審査に落ちます。

 

消費者金融では総量規制により年収の3分の1までしかキャッシング出来ないので、無職や専業主婦の方は申し込んでも審査に通過しません。

 

アルバイト・パートなどの非正規雇用でもいいので、月収・年収のように安定した収入があれば審査通過が望めるようになります。

 

収入金額が低くても、安定性が認められれば審査落ちは避けられる可能性が高いです。

 

勤続年数が短い

 

同じ勤務先で働いている期間が半年未満のように極端に短いと審査でかなり不利になります。

 

勤続年数は収入の安定性を証明する為にも、最低でも1年以上はあった方が良いでしょう。

 

3〜5年以上の勤続年数があると審査で有利です。

 

在籍確認が取れなかった

 

在籍確認が本審査の最終段階といっても過言ではないので、申告した勤務先で籍の確認が出来なかった場合は審査に落ちます。

 

基本的に勤務先への電話連絡で行われますが、どうしても電話では正確に在籍確認が取れない事情がある場合のみ、
書面での確認も対応している金融機関もあります。

 

電話での在籍確認について相談したい場合は、申し込み後すぐに金融機関に問い合わせてみてください。

 

金融事故(債務整理や自己破産など)を起こしている

 

債務整理や自己破産などの金融事故を起こすと、信用情報に異動情報という履歴が付きます。

 

異動情報が信用情報に記載された状態では、キャッシング審査含む信用取引全般が出来ないと思いましょう。

 

異動情報は5〜10年間信用情報から消えないので、その間はカードローンに申込んでも審査に通過することはないです。

 

他社借り入れが多すぎる

 

既に他のカードローンやクレジットカードでキャッシングしている場合に、件数が4社以上だと多重債務とみなされます。

 

多重債務の場合、いつ返済不能になってもおかしくないと審査で判断され、通過出来ない可能性が高いです。

 

また、多重債務ではなくても、属性や信用情報などの総合的な返済能力を見て、他社借り入れが多いと判断された場合も審査に落ちてしまいます。

 

複数申し込みのし過ぎ

 

一度に複数のカードローンへ申し込むのも、審査通過の為にはなるべく避けた方が良いです。

 

申し込み履歴も信用情報に記録されるので、短期間に3社以上の申し込みをすると審査に不利になる可能性が高いです。

 

申し込み履歴は信用情報から6カ月経つことで、記録が消えるのでそれを待ってから申し込みをするのが良いでしょう。

 

特に、審査に落ちてしまった場合は、なるべく申し込み履歴が消えてから他に申し込むことをおすすめします。

 

即日審査可能なら即日キャッシングも可能?

 

2017年〜2018年以前は、即日審査は可能だけど即日融資は不可!というような銀行カードローンが多くありました。

 

その為、即日キャッシング審査に対応していれば即日融資も可能!とは言い切れませんでしたが、現在即日審査に対応している消費者金融のほとんどは申込当日中の融資にも対応しており、即日キャッシングが可能です。

 

ちなみに、当然ですが審査が申し込み当日中に完了しないと、即日キャッシングは出来ません。

 

加えて、単純にキャッシング審査が即日完了すれば、即日キャッシングが必ず可能!というわけでもないです。

 

というのも、即日キャッシングをするには申し込んだカードローン毎に条件があるからといえます。

 

キャッシング方法は、振込とATMからの引き出しの2種類があり、それぞれの方法で即日対応になる条件を以下にまとめました。

 

各カードローンの即日キャッシングの条件
カードローン 即日振込キャッシング 自動契約機・ATMで即日キャッシング
プロミス

・平日14時50分までに振込手続きまで済ませる
・三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座宛てであれば365日24時間いつでも瞬フリ(最短10秒振込)

・自動契約機の営業時間9時〜22時までにカード発行後ATMキャッシング
・スマホATM取引でセブン銀行ATMから24時間即時キャッシング可能(ATM手数料有料)

アコム

・平日14時までに振込手続きまで済ませる

・初回振込キャッシングに限り三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行口座宛てであれば平日18時まで即日対応

・楽天銀行口座宛てであれば365日24時間いつでも最短1分振込融資

・自動契約機の営業時間8時〜22時までにカード発行後ATMキャッシング
SMBCモビット

・平日14時50分までに振込手続きまで済ませる
(申し込み時間・曜日によっては翌日以降の扱いになる場合も)

・スマホATM取引でセブン銀行ATMから24時間即時キャッシング可能(ATM手数料有料)

アイフル ・即日振込も可能(対応時間記載なし目安は平日14時まで) ・自動契約機の営業時間8時〜22時までにカード発行後ATMキャッシング
レイクアルサ ・平日14時までに申し込み及び必要書類の提出を完了させる

・自動契約機の営業時間9時〜22時までにカード発行後ATMキャッシング
・スマホATM取引でセブン銀行ATMから24時間即時キャッシング可能(ATM手数料無料)

AIスコア・レンディング ・平日14時までに振込手続きまで済ませる ・カードレスのためATMキャッシングは不可

 

上記の各カードローン毎の条件を満たせば、申し込み当日の即日キャッシングが可能となっています。

 

即日キャッシングについてさらに詳しく⇒

 

金利比較もするなら銀行からのキャッシングも検討!

 

即日審査や即日融資対応に拘ると、おろそかになりがちなのが金利の比較といえます。

 

ただ、消費者金融のカードローン同士は金利を比較しても、あまり差がありません。

 

また、金利を消費者金融と銀行で比較すると、銀行カードローンの方が低金利でキャッシング出来る事がほとんどです。

 

金利比較一覧
カードローン 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
レイクアルサ 年4.5%〜18.0%
AIスコア・レンディング 年0.8%〜12.0%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
ソニー銀行カードローン 年13.8%
イオン銀行カードローン 年13.8%
三井住友銀行カードローン 年14.5%
楽天銀行スーパーローン 年14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 年14.6%

 

しかし、銀行は即日キャッシング審査に対応していませんから、審査には早くても2〜3日かかります。

 

もし、金利にもこだわって、且つ即日審査も即日キャッシングも叶えたいなら、J.ScoreのAIスコア・レンディングがおすすめです。

 

AIスコア・レンディングは即日キャッシング審査に対応しているローンの中では、上限金利が年12.0%一番低金利となっています。


トップ ランキング クレジットカード