収入証明書不要のキャッシングは確かにあるけど…

 

カードローン契約、キャッシング手続きというのは、ただでさえ何となく小難しくて面倒な感じがします。

 

加えて、書類の提出が必要などと聞くと、本当に急いでお金が必要な時などは気だけが急いてしまうものです。

 

ただ、借り入れ契約に必要な書類というのは、実はそんなに手に入れるのが大変なものではありません。

 

どの金融機関で契約するにしても、最低限必要なのは本人確認書類と収入証明書の2種類の書類だけです。

 

また、収入証明書というと如何にも専門的な書類のように聞こえる方もいるかもしれませんが、所詮、給料明細や源泉徴収票がこれにあたります。

 

キャッシングに必要な収入証明書

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 課税証明書

その他、金融機関によっては別の収入証明書も指定されていることがあります。

 

給与明細や源泉徴収票は必ず会社から貰いますが、とりあえず確認した後、何気なく破棄してしまう方も少なくないでしょう。

 

その場合、即日キャッシングを希望している方は、収入証明書の提出に気を付ける必要があります。

 

なぜなら、給与明細や源泉徴収票の再発行は1日では出来ないからです。

 

そして、例え収入証明書不要のカードローン・キャッシングへ申し込みをしても、場合によってはそれらが必要になってくる事があるからです。

 

個人事業主や自営業者の方は、収入証明書不要範囲内の借り入れ希望額でも収入証明書の提出が必要なことが多いです。
また、事業資金をキャッシングする際には、確実に収入証明書や事業実態が分かる書類も合わせて必要になります。

収入証明書は用意しておいた方が良い!?

 

一般的に、消費者金融では50万円以下のキャッシングであれば、原則、収入証明書不要。

 

銀行の場合は、各行それぞれ金額にばらつきもありますが、大体200万円くらいまでの希望なら、原則、収入証明書不要とされていることが多いです。

 

ところが、収入証明書不要での貸付契約を謳っていても、自身の他社借り入れや信用情報、希望借入額によっては、金融機関が書類の提出を求めてくることが少なくありません。

 

それって詐欺じゃん!?と思う方もいるかもしれませんが、詐欺でも規約違反でもありません。

 

というのは、収入証明書不要を謳っている金融機関のほとんどは、「場合によっては収入証明書の提出を契約者に求める」ことを契約要項に記しているからです。

 

また、それは契約時だけでなく、キャッシング可能になってからも、途上与信の確認の際にも人によっては求められることがあります。

 

特に、消費者金融は総量規制により年収を基にした借入額の制限があるので、昨今は原則収入証明書不要としていても、実際には必要になってくることが多いようです。

 

貸金業法の総量規制により、消費者金融などの貸金業者からキャッシングをする場合、1社で50万円以上または他社の残高と合計して100万円以上の金額になると収入証明書の提出は必須です。
加えて、キャッシング可能な額は年収の3分の1以下と法律で定められています。

 

その為、出来れば、キャッシング申し込み前に何かしら収入証明書を用意しておくことをオススメします。

 

しかし、急いでキャッシングを申し込みたいけど、手元に提出できる収入証明書がない!といった時にこそ、収入証明書不要のキャッシングに頼るのだから、本末転倒な気はします。

 

そんな時、緊急でその日のうちに調達できる収入証明書が課税証明書です。

 

課税証明書は、役所の営業時間内に交付手続きをすれば、その場ですぐもらう事が可能です。

 

課税証明書の取得に必要なもの

  • 窓口で申込をする人の身分証明書(運転免許証・健康保険証)
  • 代理人(同居している親族)申し込みの場合、委任状と代理人の身分証
  • 印鑑
  • 発行手数料(300円ほど。自治体によって異なる。)

 

即日キャッシング希望なら、収入証明書はあった方が、契約手続きがスムーズに行き、申し込み当日中の借り入れの可能性が高いです。

 

ただし、どうしても用意できなかった。という場合は、ダメもとで収入証明書不要のカードローン、キャッシングに申込んでみるのもアリといえるでしょう。

 

金融機関によっては、収入証明書が本来要らない借り入れ希望額であるものの、些細な点が審査でひっかかっているという場合には、収入証明書の提出のみ翌日対応にしてくれることもあります。

 

銀行でのキャッシングなら収入証明書は不要?

 

消費者金融でのキャッシング申し込みの際には、なるべく収入証明書の用意があると良い事は先述の通りです。

 

では、銀行でのキャッシングなら収入証明書は不要なのか?といえば、消費者金融よりは寛容。といえます。

 

銀行の場合は、総量規制の範囲ではないので、元々はキャッシング額による収入証明書提出の義務は法律で定められていません。

 

ただし、銀行であっても各銀行ごとに限度額や借り入れ額に応じては、収入証明書が必要となってきます。

 

大体300万円くらいまでは収入証明書が原則不要という銀行が多いです。

 

原則収入証明書不要な銀行の限度額
  • みずほ銀行カードローン=200万円以下
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック=50万円以下
  • 三井住友銀行カードローン=50万円

 

ところが、ここでもひっかかるのが「原則」という言葉です。

 

つまり、銀行でのキャッシングであっても、例外的に収入証明書の提出が求められることがあります。

 

2017年6月現在、銀行カードローンの過剰貸し付けが指摘されており、収入証明書の提出の義務化が進んでいます。
その為、もし借り入れ希望額が50万円以下で収入証明書不要が良いなら、消費者金融の方が希があるといえます。

 

確かに原則は、各銀行指定の限度額(借り入れ希望額)までであれば、収入証明書不要とされていますが、実際は借り入れ希望額が50万円を超えるようなら、収入証明書を用意しておくに越したことはないといえます。

 

というのは、銀行は総量規制の適用外なので、厳密に法的な規制がされているわけではありませんが、初めての契約で借り入れが可能な額は大体50万円までといわれているからです。

 

加えて、一般的に、キャッシング審査に問題なく通過し、希望額額がちゃんとキャッシングできる最低ラインの年収は200万円ほどです。

 

その年収を総量規制の範囲で計算すると、キャッシング可能額は最高で60万円になります。

 

そこで、銀行も厳密には制限を設けていないものの、借り入れ側の年収以外の属性や信用情報の状態によっては、200万円以上の借り入れ額でなくとも収入証明書の提出を求めてくることがあるのです。

 

しかし、例えば自身がもとから銀行口座を所持し何年も利用していたり、住宅ローンなど他の商品契約をしている場合は、収入証明書にとどまらず本人確認書類の提出も省ける場合があります。

 

そのような点は、銀行のキャッシングならではの特徴です。

 

加えて、銀行口座が初めからあってのキャッシング申し込みであれば、銀行であっても最短即日キャッシングが出来る可能性が高いです。

 

収入証明書の準備の手間を省くなら、銀行口座のある銀行でのキャッシングが良いでしょう。

 

借り換え・おまとめでも収入証明書は必要!

 

ちなみに、銀行でのキャッシングの場合は、新規契約に限らず借り換えやおまとめといった利用があると思います。

 

勿論、借り換えやおまとめでのキャッシング契約の際も、収入証明書が必要な場合はあります。

 

おまとめローンは特に、複数の借り入れ残高を一つにまとめるのでキャッシング額が高額になり、収入証明書が必要なことが多いといえます。

 

また、借り換えやおまとめは元々即日キャッシングがし易い契約方法ではないので、収入証明書を提出しない場合でも、即日での手続き完了は難しい場合があります。

 

少額キャッシングなら収入証明書不要&即日可能?

 

どうしても収入証明書を用意している時間がない!という場合は、キャッシング額を10万円くらいで申し込むことをオススメします。

 

キャッシング希望額が少額であれば、審査もそこまで時間がかかりませんし、収入証明書も上述してきた金額の範囲より遥かに少ないなら不要である可能性が高いです。

 

基本的に、即日キャッシングをするなら、希望額は10〜50万円までの範囲にすることをオススメします。

 

特に、雇用形態が非正規雇用で年収が少なかったり、他社借り入れがあったりなど属性や信用情報に心配な点がある場合は、少額希望額でキャッシング申し込みはした方が良いです。

 

ただし、他社借り入れが嵩んでいる場合は、少額のキャッシングでも収入証明書の提出を求められる可能性がありますし、下手をしたら審査に落ちる可能性があることは肝に銘じておきましょう。