WEB完結での即日キャッシングを可能にするには?

がっちり

 

WEB完結は、来店不要でスマホやPCのインタ―ネットから、手軽に申し込みから借入れまでが出来る方法です。

 

WEB完結キャッシングのメリット
  • 来店・外出不要
  • 実店舗と違い申し込み受け付けが24時間対応
  • スマホ・PCだけで全て契約手続き可能
  • 書類提出が簡単
  • カードレス契約できることもある
  • キャッシングがバレるリスクが低い

 

WEBからの申し込み受付だけなら365日24時間どこの銀行も消費者金融も出来ます。

 

ただし、申し込み受付時間とカードローン審査対応可能時間は別物です。

 

その為、申し込みをしたその日のうちにWEB完結即日キャッシングするには、大抵の金融機関で平日の14時くらいまでにWEB契約手続きを完了させなくてはいけない事が多いです。

 

しかし、申し込みをしておくだけなら営業時間を気にしなくても良いというのは、少しでも早くカードローン契約をしたい人にとって嬉しい限りでしょう。

 

WEB完結の場合、本人確認書類や収入証明書の提出も、各金融機関の専用アプリやサイト、手続きのメールから、画像をアップロードすることで簡単に出来ます。

 

特に最近は、各金融機関が配信している専用のスマホアプリを利用しての申し込みが便利です。

 

時に、一般的な即日キャッシングでは、平日の14時以降や土日祝日の場合、申し込みはネットからしても、手続きの途中からは自動契約機を使う必要があります。

 

すると、自動契約機まで赴くことでキャッシングが出来る。というのは、最早WEB上で完結する域を超えてしまうので、WEB完結とはいえなくなってしまいます。

 

キャッシングの申し込み手続きまでをWEB上で完了できるのは、WEB完結契約ではなくWEB完結申し込みです。
WEB完結申し込みは出来ても、WEB完結契約は出来ないキャッシング契約もあるので、注意が必要です。
基本的にWEB完結契約をすると、借り入れ方法は振り込み融資となるので、ローンカードの発行をしに行く必要がありません。

 

その為、WEB完結での即日キャッシングをするなら、先述した平日14時に間に合うように、申し込みは午前中に済ませておくのが良いでしょう。

 

なぜそのように時間の縛りがあるのか?といえば、WEB完結で即日キャッシングする場合、融資の方法が振り込みになるからです。

 

振込は銀行が営業していない時間では、その日のうちに完了しません。

 

当日中に振込融資が受けられなかった場合は、早くて翌営業日の振り込みになってしまいます。

 

したがって、WEB完結で即日融資を受けるには時間の縛りがあるのです。

 

即日キャッシングをWEB完結で出来るところは?

 

最短即日WEB完結対応可能な金融機関
  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット

 

上記の金融機関であれば、大体、平日14時までに申し込みをし、審査や本人確認を完了することでWEB完結での即日キャッシング
が可能です。

 

また、この中でも条件を満たすことで、土日祝日や時間に関係なく、原則、365日24時間WEB完結契約での即日キャッシングが可能なのが、プロミスとモビットとなっています。

 

ちなみに、銀行カードローンの場合、WEB完結契約をするには契約先の口座が必要ですが、即日融資対応していません。

 

その為、WEB完結契約をして即日キャッシングをするなら、上記の消費者金融を契約先として検討するのがオススメです。

 

土日祝日でもWEB完結での最短即日キャッシングは可能?

 

すまほ

 

基本的にどこの金融機関であっても、WEB完結キャッシングが可能になる条件の要は、特定の銀行口座の有無となっています。

 

消費者金融の場合は、キャッシング申し込みをした本人名義の銀行口座がありさえすれば、平日14時までのWEB完結での即日キャッシングは可能です。
(モビットだけは平日であってもWEB完結に三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座いずれかが必要。)

 

また、以下の消費者金融は、平日14時以降や土日祝日でも必要な銀行口座が指定されますが、WEB完結での最短即日キャッシングに対応しています。

 

土日祝日も最短即日WEB完結対応可能な消費者金融

 

プロミス

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行への振り込みであれば、原則、365日24時間最短即日キャッシング対応可能。
また、会員登録することで、最短10秒で融資が振り込まれる瞬フリも利用可能。
(三井住友銀行=毎週日曜日21時〜翌月曜日7時、ジャパンネット銀行=毎週月曜日0時〜7時、元日終日はサービス停止。)

 

アコム

 

楽天銀行への振り込みであれば、原則、365日24時間最短即日キャッシング対応可能。
キャッシング申請受付から1分程度で振込融資。
(アコム毎週月曜日1:00〜5:00、毎日 23:50〜0:10、楽天銀行メンテナンス日時はサービス停止。)

 

WEB完結が最短即日キャッシング可能な時間に間に合わなさそうな場合は、契約手続きの途中で、自動契約機からのカード発行契約に切り替える事をオススメします。
振り込み対応時間は、平日正午くらいまでという短い時間ですが、自動契約機でローンカードを受け取る場合は、営業時間が短いものでも19時、長いもので22時までカードの受け取りが可能となっています。
ローンカード受け取り後は、ATMから即時キャッシングが可能です。

 

WEB完結で即日キャッシングをする注意点は?

 

 

ここまで述べてきた要点を押さえれば、最短即日WEB完結キャッシングは、審査にさえ通れば誰でも可能です。

 

契約先の申し込み条件に合っていれば、アルバイト・パートで非正規雇用者であるからWEB完結契約は出来ない。といったことはありません。

 

ただ、キャッシング審査の結果によっては、WEB完結契約ではない方法での契約になる方もいます。

 

そのような場合は、キャッシングの申し込みに不備があったり、信用情報に無視できない傷があることが原因であることが多いです。

 

信用情報の状態が良くない場合は、なかなかすぐに改善というわけにはいきませんが、キャッシング申し込みでの不備は気を付ければなくすことが出来ます。

 

特に、モビットカードローンでWEB完結を検討している方は、申し込みに不備があると、本来一切ないはずの電話連絡がかかってきてしまうので注意が必要です。

 

他には、借り入れ先が複数ある場合は、それらの状況の確認のために時間がかかった結果、WEB完結での最短即日振込キャッシング対応時間を過ぎてしまう。という事例もなかにはあります。

 

WEB完結の即日キャッシングでは、審査時間と振り込み対応時間が要となってきます。

 

その為、即日振込対応可能な時間までに審査がなるべく早く終わるような申し込みを心がけましょう。

 

WEB完結で契約後はスマホなどからも簡単にキャッシングが可能です。
その為、本来はキャッシングする必要のない金額もついつい借りてしまわないように気を付けてください。
融資金はあくまで自身のお金ではなく、借り物だという意識をなくさないようにしましょう。

 

郵送物なしで即日WEB完結ならプロミス!

 

 

時に、上述してきた即日キャッシング可能なWEB完結は、申し込みからキャッシングまでがWEB完結であり、郵送物の観点では完全なWEB完結契約とは言えません。

 

というのは、銀行が借入先の場合は、契約書類などが必ず自宅などへ郵送されてきますし、消費者金融の場合は、郵送でなくても自動契約機まで取りに行く必要があります。

 

すると、結局のところWEB完結とはいうものの、キャッシングに関わる全てがネット上で完了しないわけです。

 

WEB完結でいつでも即日キャッシング対応可能、加えて郵送物もなしがいい…

 

そんな盛りだくさんの注文に応え得る金融機関はないのでは?

 

と思われる方もいる事でしょう。しかし、消費者金融のプロミスなら何とかなるかもしれません。

 

プロミスは、最短即日キャッシングもさることながら、郵送物なしのWEB完結も対応可能としています。

 

ただし、審査結果によっては、その通りにいかないこともあるので、そのあたりは自身の信用情報を顧みる必要があります。

 

また、平日14時50分までに契約手続きが出来るのであれば、モビットの郵送物なし、電話連絡なしの最短即日WEB完結もオススメです。

 

家族などにバレずにキャッシングがしたい場合は、郵送物や電話連絡に注意した方が良いですから、そういった際にもWEB完結契約は向いています。

 

モビットWEB完結がセブン銀行スマホATM取引サービスに対応したため、振り込み融資対応時間を過ぎても、ATMからの借り入れで最短即日キャッシングし易くなりました。
モビットではWEB完結の場合、カードレス契約になる為、振り込みしかキャッシングの手段がありませんでしたが、今後はSMBCモビットスマホアプリをセブン銀行ATMで利用してのキャッシングが可能です。

WEB完結のオススメ手続き方法はスマホアプリ?

 

WEB完結申し込みはネットから申し込みが可能なので、PCだけでなくスマホからでも可能です。

 

加えて、書類の提出は各金融機関が配信しているスマホアプリからする方が簡単といえます。

 

というのも、例えばPCでWEB完結契約をしようと思うと、必要書類をスキャナーで読み取るか、スマホや携帯で撮った画像をPCに送るひと手間があります。

 

ところが、スマホアプリであれば手元でアプリをダウンロードして、カメラで書類を撮影しアプリからアップロードすれば良いだけで済みます。

 

その様に、スマホでキャッシングまでの一通りの契約を完了させる事をスマホ完結といいます。

 

スマホ完結で即日キャッシングする場合も、WEB完結での即日キャッシングと流れや注意点は変わりません。

 

また、スマホアプリは契約手続きの際にだけ利用できるのではなく、契約後はアプリから残高や約定返済日が確認できたり、キャッシングも可能です。

 

アプリからサイトに繋がってキャッシングを行えるので、ネットでわざわざ毎度検索したり、ブックマークをさかのぼる手間が省けたりします。

 

WEB完結契約をすると、契約先のマイページから振り込み申請をしてキャッシングすることが主になりますから、スマホアプリがあった方がキャッシングがし易いでしょう。

 

ちなみに、消費者金融プロミスのスマホアプリは飲食店などで利用可能なクーポン機能が備わってたり、連動しているサービスの三井住友VISAプリペイドへのチャージも可能とサービスが豊富です。

 

ちなみに、カードローン契約で利用できるスマホアプリがないからといって、WEB完結契約が出来ないことはありません。
WEB完結契約にも対応しているカードローンは、ネットから申し込みが必ず出来るのでどうしてもスマホアプが必要なことはありません。
大手消費者金融やメガバンクは専用スマホアプリも配信していますが、地方銀行カードローンではWEB完結契約は対応していても、スマホアプリがない事は珍しくありません。

WEB完結契約とWEB完結申し込みは別物?

 

非常に紛らわしいのですが、WEB完結でのキャッシングは本来スマホ・PCなどで申込からキャッシングまですべての手続きが、自宅などに居ながら完了できる契約方法です。

 

しかし、先述少し郵送物という点で触れましたが、自動契約機までローンカードや書類を最終的に取りに行く必要があるのは、厳密にはWEB完結契約とはいえません。

 

ただ、カードローンの申し込み手続きに関しては、WEBで完了できるため、そちらはWEB完結申し込みといわれています。

 

外に一歩も出ることなく、ネットやスマホアプリからの手続きだけでキャッシングまで出来ると思って、WEB完結申し込みをしても実際にネット・アプリ上で完結できるのは申し込み手続きだけです。

 

WEB完結契約とWEB完結申し込み何が一番違うかというと、ローンカードの発行方法です。

 

WEB完結契約の場合は、ローンカードそもそも発行されないカードレスまたはキャッシュカード兼用型、もしくは郵送でのカード発行となるので契約者が自分でローンカードを取りに行く必要がありません。

 

しかし、WEB完結申し込みの方は、あくまでネット上で完結できるのは申し込みまでなので、審査通過後、ローンカードを自身で取りに行く必要があり、キャッシング方法が振り込みではありません。

 

意外と、WEB完結契約だと思って、てっきりキャッシングまで振り込みでローンカードの受け取りに行く必要もなく契約できると思ったら、WEB完結できるのは申し込みまでだった。という事例は多くあります。

 

ただ、カードレスで最短振り込み融資時間内までにWEB完結契約できる場合は、WEB完結での最短キャッシングが理想的ですが、時間に余裕がない時はWEB完結申し込みでローンカードの発行は自動契約機からした方が最短即日キャッシングがし易い場合はあります。

 

どちらの契約方法でキャッシングした方が、最短即日キャッシングし易いか自身の状況にあわせて見極めることが大切といえるでしょう。

 

即日ネットキャッシング・WEB完結
についてさらに詳しく⇒



トップ ランキング クレジットカード