キャッシングとカードローンの違いって何?

疑問

 

一般的に、キャッシングとカードローンは同じような意味で使われていますが、厳密には別物といえます。

 

ただし、借入れた金額(残高)を分割で返済していく。という仕組みは両方とも同じです。

 

キャッシングもカードローンも、することは同じ「お金を借りる事」つまり「借り入れ」です。

 

では、何が違うのかといえば、一つキャッシングは、クレジットカードのキャッシング枠を指した方が分かりやすいという事でしょう。

 

カードローンでの借り入れ可能な金額の枠は、キャッシング枠といわれることは少なく、借り入れ限度額(金融機関によっては極度額などとも)と説明されている場合がほとんどです。

 

加えて、カードローンでの「借り入れ」を「キャッシングする」という事がありますが、これはキャッシュディスペンサー(現金自動支払機)から現金(英訳=cash)を受け取る為に、混同して使われるようになったのです。

 

その為、カードローン契約(申し込み)をすること自体は、実際にはキャッシングをするとは言わず、カードローン契約後、「借り入れをすること」=「キャッシング」というのが、本来は正しい捉え方といえます。

 

また、カードローンもキャッシングも和製英語である為、実際に海外などでは日本人が思う意味では使えません。

 

さらに厳密には、カードローンは和製英語なのですが、キャッシングに関してはcashが現在進行形になってcashingなので本来は英語です。
しかし、海外でのcashは「現金払い、支払い」という意味で一般的に使われているので、日本で借り入れという意味で利用しているキャッシングは英語そのままの意味ではありません。

 

銀行=カードローン、消費者金融=キャッシングは間違い?

 

時に、銀行から借り入れる事をカードローン、消費者金融からはキャッシング。というように使い分けている方や情報もあります。

 

しかし、その捉え方は間違っています。

 

そもそも、カードローンとはローンの形態またはローンプラン名なので、銀行でも消費者金融でも同様に扱っています。

 

ただ、カードローンを扱う金融機関のなかには、商品に差異を持たせるために敢えてキャッシングという商品名でカードローンを扱っているところがあります。

 

その為に、銀行=カードローン、消費者金融=キャッシングという誤解が生じた可能性は大いにあるといえるでしょう。

 

カードローンとキャッシングはそれぞれ違う言葉で、それぞれ本来の意味があります。

 

しかし、昨今は慣習的な使い方がされ、一つの言葉が無理のある方向へ多様に使われているため、そのものの意味や仕組みを誤解してしまっている事が少なくありません。

キャッシングとカードローンの利便性の違いは?

 

でも、結局どっちでもお金を借りるのに違いはないんでしょう?

 

と以上の説明だけでは思われる方がいるかもしれませんが、クレジットキャッシングとカードローンの借り入れにはけっこう差異があります。

 

主な利便性の違いを挙げると…

 

  • クレジットキャッシング枠で借り入れできる金額はカードローンより少額。
  • 銀行カードローンと比較するとクレジットキャッシングの金利は高い。
  • 消費者金融カードローンには無利息期間がある。
  • カードローンの方が返済方法が自由。

 

など、カードローンの方が借り入れがし易い仕様となっています。

 

というのは、基本的にクレジットカードのキャッシング枠での借り入れ機能がショッピング枠の付属だからといえます。

 

もっとハッキリいうと、クレジットカードの主な機能はショッピング代金の立て替えであり、現金の貸付機能(キャッシング枠)はそれでは足りない時の補助としての機能といえます。

 

それに比べて、カードローンは貸付が専業ですから、消費者がお金を借りるのに都合が良いように、各金融機関それぞれサービスに工夫を凝らしています。

 

クレジットキャッシングにはない無利息期間

 

ちなみに、特に大手消費者金融のカードローンには多いサービスとして、カードローンには無利息期間が初めての契約で適用されることがあります。

 

クレジットカードだと、初回契約3カ月間はポイント還元率が3倍!などというサービスがあると思います。

 

それが、カードローンの場合は、借入金にかかる利息が一定期間かからないで利用できることがあります。

 

クレジットカードは、ポイントに関しては沢山もらえるのですが、キャッシングの利息がなしになることはほとんどありません。

 

少額借り入れでの短期間利用であれば、カードローンで無利息期間を上手く使う事で利息がかからずに完済も可能です。

 

カードローンは年会費無料

 

加えて、クレジットカードの場合は作るカードの種類によっては、年会費がかかりますが、カードローンにはそのような費用は要りません。

 

基本的に、カードローンでは借入残高にかかる利息以外に支払う料金はありません。

 

ATM手数料だけは、利息とは別に有料のものを利用するとかかりますが、それはクレジットカードも同様です。

 

カードローンでは、利息制限法によって礼金や事務手数料などの利息以外で徴収する金銭が、みなし利息とされるため金利に含まれているものとなっています。

 

それらの料金を利息とみなして、且つ最高でも年利20%までの金利設定の範囲内での貸付と法律で定められています。

 

また、カードローンの方が提携ATMが手数料無料で利用できることが多いです。

 

つまり、借り入れ利用にかかる利息以外の費用という点でも、カードローンでのキャッシングの方がお得といえるでしょう。

 

即日借り入れはクレジットカードキャッシングとカードローンどっちが良い?

 

どっち

 

急ぎの借り入れでも、クレジットカードキャッシングとカードローンのどちらが便利かといえば、カードローンに軍配があがります。

 

まず、クレジットカードで即日発行できるカードというのは、ごく限られており、加えて、発行店舗まで赴く必要があります。

 

即日発行可能なクレジットカード

  • アコム マスターカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • エポスカード
  • MUFGカード ゴールド
  • PARCOカード

 

クレジットカードの即日発行は、一般的には実際にキャッシングに利用できるものではなく、仮カードである場合が多いといえるでしょう。

 

また、クレジットカードの発行店舗は、カード発行に使える無人機(自動契約機)などはなく、有人店舗となるので人目が気になる方には不都合かもしれません。

 

その点、カードローンであれば、機械だけがあるコーナーへ赴いて、人目を気にせずローンカードを即日受け取り、そのままキャッシングが可能
です。

 

加えて、WEB完結契約をすれば、ローンカードの発行をなくして(カードレス)の即日借り入れが可能です。

 

ちなみに、専用の無人機の利用とローンカードなしでのWEB完結契約の両方が可能なカードローン契約先は、プロミスとモビットの2社が挙げられます。

クレジットカードとカードローンのキャッシングの仕方に違いはある?

 

キャッシング方法としてよく利用されるのはATMキャッシングと振り込みキャッシングといえるでしょう。

 

その代表的な2つのキャッシング方法において、クレジットカードとカードローンに何かやり方に違いがあるか?といえば、そこまでありません。

 

ATMからキャッシングをする場合、クレジットカードでのキャッシングならクレジットカード、カードローンならローンカードをATMに読み込ませます。

 

そのあとは画面の案内従って操作して、ATMから任意の金額を出金するので、読み込ませるカードロの種類が違うくらいでATMの利用の仕方に違いはありません。

 

返済時も同様です。

 

また、最近はクレジットカードキャッシングもカードローンと同じように振り込みキャッシングに対応してきています。

 

以前はクレジットカードキャッシングの場合、ATMからのキャッシングしか出来ませんでしたが、最近はカードローンと同じようにネットや電話で振り込み申請をすることが可能です。

 

その為、キャッシングそのものの仕方でカードローンとクレジットカードに違いはないといえます。

 

上述してきたように、キャッシングをするまでのサービスや利息面ではカードローンの方が勝っていますが、キャッシング自体の利便性に関してはクレジットカードも劣っていないといえるでしょう。

 

クレジットカードキャッシングはカードローンより返済が甘い!?

 

クレジットカードといえば、リボ払いが出来るのが特徴ですが、このリボ払いが結構落とし穴です。

 

クレジットカードキャッシングでリボ払いを続けるのと、カードローンで約定返済を繰り返すのとでは、カードローンの方が早く完済できる可能性が高いです。

 

というのも、そもそもクレジットキャッシングの手数料の方が、銀行も消費者金融(大手)も含むカードローンの金利より高いというのが一つ。

 

もう一つは、リボ払いでの支払い額は、キャッシング額に対してカードローンの約定返済額よりも少額で済むことが多いからです。

 

また、中にはカードローンと同じように残高に合わせて返済額(支払額)が増減するクレジットカードもありますが、そうでじゃないクレジットカードでのリボ払いは注意が必要です。

 

例えば、残高が50万円以上あるのに、リボ払いで毎月払っているのは1万円以下。というような状況は避けましょう。

 

カードローンで残高が50万円以上ある際の約定返済額は、11,000円〜2万円程となっています。

 

また、カードローンの約定返済額でも、正直なところ返済期間が長くなりすぎることがあるので、上乗せ返済や繰り上げ返済をした方が良いでしょう。

 

クレジットカードはリボ払いやフレックス払いなど、利用者の都合に合わせた少額返済が売りになっていることが多いです。
しかし、確かに毎度の支払いは少なく出来るかもしれませんが、返済する金額を後に回す分だけ利息は増えていきます。
結果、最終的に借りた金額よりも多い金額を支払うハメになる為、少額返済で済むはずのリボ払いで破産まで行きついてしまう方がいるのです。

 

1回払いできるならクレジットキャッシング?

 

もともと、キャッシングした金額を分割で返済していくというのは、カードローンの返済の仕組みです。

 

クレジットカードは、ショッピング枠での購入代金の一時立て替えが主な機能なので、基本的は翌月1回払いとなります。

 

現代では、あとリボやリボ払い専用カードがサービスとして提供されているので、クレジットカードキャッシングでも当たり前に分割返済が可能です。

 

ところが、先述もしましたが、クレジットカードはキャッシング金利は高めで、分割返済にした際の毎回の返済額が少額となるので、利息が可能性が否めません。

 

その為、何度もキャッシングして返済をしてを繰り返し、その残高を分割返済していく形でお金を借りるなら、カードローンの方が向いています。

 

しかし、そうではなく、1回きりキャッシングをして翌月には一括返済できる範囲の金額の場合は、クレジットキャッシングでも構わないといえるでしょう。

 

あらかじめキャッシング枠が付いているクレジットカードなら、キャッシングするまでに契約手続きをする手間がありませんから、わざわざ審査を受けてカードローン契約をするよりも早くキャッシングができるといえます。

 

ただ、例え1回きりでも翌月1回払いが出来ないような金額をキャッシングする場合は、利息面でメリットがあるカードローンを契約する事をオススメします。