キャッシング即日融資のすすめ

18歳以上の未成年者は即日キャッシング可能?

金欠

 

結論から述べると、未成年の場合、自身の一存だけでは即日どころかキャッシングが不可能です。

 

それ以前よりは様々な権利が認められるようになる18歳以上であっても、キャッシングは原則出来ません。

 

そもそも、よくTVCMなどで見かけるような、プロミスやアコムといった消費者金融カードローンでは貸付条件で満20歳以上と定めています。

 

銀行カードローンも同様ですから、未成年者は例えアルバイトなどで定期的に安定した収入があったとしても、キャッシングは出来ません。

 

それでは未成年者が即日キャッシングする方法は何もないのか?といえば、まったくないわけではありませんが親の同意が必要となります。

 

その為、保証人なしでキャッシングというわけにいきませんし、親の同意が得られない場合はやはりキャッシングは出来ません。

 

親の同意が得られるなら、クレジットカードでキャッシング枠を最高で5〜10万円程付帯させられる可能性があります。

 

ただし、クレジットカードならどれでも未成年がキャッシング可能という事ではなく、親の同意があればキャッシング枠も利用可能としているカードのみです。
(クレジットカードのショッピング枠は18歳以上から利用できることが多い。)

 

また、例えクレジットカードに未成年でもキャッシング枠が設けられたとして、即日でのキャッシングは難しいです。

 

ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠の利用となると審査が厳正になるので、カード発行は即日中に出来てもキャッシング枠は即日利用できない可能性が高いです。

 

学生ローンなら未成年でも契約可能?

 

もし、未成年で学生という事なら、やはり保護者の同意は必要ですが学生ローンを組むことが可能です。

 

ただし、学生ローンは専門の中小消費者金融や信販会社で取り扱われていることが多いので、やはり即日でのキャッシングは叶わないといえるでしょう。

 

また、学生ローンは公的機関の融資に比べて金利が高いので、どうせ保護者の同意が要るのなら、金利が低い国の制度で融資を受けるのが良いでしょう。

 

加えて、学生ローンという名称の通り、未成年でもどこかの学校に在学していなくては申し込めません。

 

その為、学生である事の証明として本人確認書類が学生証に限られたり、必要書類に加えて学生証が必要となります。

 

学生ローンの契約条件を満たし、アルバイト収入さえあればキャッシングは可能ですが、無職の場合は未成年も20歳以上も関係なくキャッシングは出来ません。

 

原則、ローンは契約者自身に安定した収入があることが審査通過の大前提となります。

 

なぜ未成年者は18歳以上でも簡単に即日キャッシングできないのか?

 

本

 

どうして未成年者はキャッシングが難しいか?といえば、法律で守られているからです。

 

未成年が簡単にキャッシングできない理由は、民法にあります。

 

簡単に未成年者の契約に関して民法での規制内容をまとめると以下の通りです。

 

民法で定められる未成年者の契約規則

  • 未成年者は法定代理人(親など)の同意なく契約が結べない
  • 万一契約した場合は法定代理人による取消が可能

 

未成年者は成人ではない為、金銭的にも法的にも責任能力が欠けています。

 

ちなみに、責任能力といっても学生時代に生徒会長をやっていたとか、そういったものではありません。

 

性格的に責任能力がない。という事ではなく、未成年者は等しく社会的な責任能力がないのです。

 

逆をいえば、成人すればどんなに無責任な人間でも、社会的な責任能力が課され問われます。

 

その為、原則、未成年者の保護者が同意し、法定代理人となって契約をしなくてはいけません。

 

それは、キャッシングであれば例えば返済出来もしない金額を未成年者が借りても、責任の問いようがないからです。

 

当然、同意をするのは成人している保護者なので、もし返済不能などになった場合はそちらに責任が問われ、債務の返済請求がいきます。

 

そこで、二つ目の項目にあるように、もしも未成年者が法的な効力のある契約を自らの一存で契約してしまった場合は、契約を交わした相手方に非が問われるので、保護者による契約の取り消しが可能となっています。

 

ところが、民法には未成年者が社会的責任を持つ特例の場合も定められています。

 

それは、結婚すれば20歳未満でも成人として扱われる。といった規定です。

 

しかし、それで成人として認められていても、親の同意が必要な場合がほとんどですし、カードローンでは成人・未成人ではなく満20歳以上という年齢が定められているので、結局一存ではキャッシングできません。

未成年がキャッシング以外でお金手に入れる方法とは?

 

喜ぶ

 

ここまで述べてきた通り、キャッシングは安定した収入のある20歳以上が基本的に対象となっています。

 

学生専用ローンなどもありますが、結局は借りられても少額といえますし、審査がある限り誰でもがキャッシングできるわけではありません。

 

しかし、お金に困っている微妙な年頃の未成年に対して「大人になってからキャッシングしようね!」といって突き放す事だけするのは居たたまれません。

 

おそらくネットでキャッシングについて調べているという事は、頼るところもないと見受けられます。

 

キャッシングできません!と説明したからには、悩める未成年に代替案を提示するのが大人の役割でしょう。

 

そこで、ここでは社会人になる下準備も兼ねて、自身でお金を稼ぐ方法を紹介しようと思います。

 

サイト管理者が未成年の方でも割と安全にお金を稼ぐ方法として紹介するのは以下の方法です。

 

未成年がお金を稼ぐ方法
  • ポイントサイト
  • PC・スマホからのデータ入力
  • 写真・イラストなどの販売

 

どの方法でも必要な物はメールアドレスと銀行口座です。

 

アドレスはサイトに登録するのに必要ですし、口座は売上を振り込んでもらうために必要といえます。

 

また、各方法について説明する前に、どの方法も一攫千金!というわけにはいかない事だけは理解してください。

 

ポイントサイト

 

片手間に出来、何もスキルを必要としない稼ぎ方として、ポイントサイトでアンケートやゲームをする方法が挙げられます。

 

18歳以上であれば、登録できるサイトの幅も広いので様々な案件が利用可能です。

 

ただ、稼ぐ方法の中では一番地道なので根気は必要といえます。

 

何かのモニターテストや資料請求などは獲得できるポイントが多いので、一つの案件で少しでも多くのポイントを得たいときはそれらを中心に検討すると良いでしょう。

 

貯めたポイントをサイトごとの換金率で現金に変えることで、お金が手に入ります。

 

PC・スマホからのデータ入力

 

クラウドソーシングサービスというサービスに登録し、自身で仕事を選んで報酬をもらう事もあれば、タスクをこなしていくうちに会社からオファーが来たりもします。

 

大体の仕事はExcelでのデータ入力であったり、簡単なアンケートをやったりというものが多いです。

 

ネット上で行う内職として昨今は人気が高いといえます。

 

中には画像の加工や何かの説明文の作成といった少し専門的な仕事もあり、それらは報酬が高い傾向にあります。

 

社会人でもフリーターの方や内職で稼ぎたい方がよく利用しているので、大きいサイトに登録すれば安全性が高いです。

 

サイト管理者も、クラウドワークスというサイトに登録して稼いでいた時期があります。

 

写真・イラストなどの販売

 

昨今は写真やイラストの需要が高くなっており、データとして投稿しそれに金額を付けて販売することが可能です。

 

ダウンロードした場合に何円という場合もあれば、うまくいくと会社から専属で契約しイラスト仕事などを定期的に受注できることもあります。

 

先述した、クラウドソーシングサービスなどでも写真・イラストの投稿や仕事はありますが、作品販売専用のサイトもあるので自身の都合に合わせて登録し、販売すると良いでしょう。

 

SNSなどで仕事を持ち掛けられたリすることもある分野ですが、トラブルが多いので専用のサイトに登録の上で作品の掲載・販売・契約受注をする事をオススメします。

 

 

20歳以上になっても、少しの仕事量で何十万、何百万とお金を稼げる人はほんの一握りです。

 

未成年はキャッシングをするのは勿論、働いて稼ぐ方法も限られているので、さらに地道にしかお金は手に入れられません。

 

しかしそれは未成年である限り、社会的に大きな責任を自分で負えない事が原因なので、その点はどうにもできない事は分かったうえで上記の方法に取り組んでみてください。

 

サイト管理者の主観としては、上記の方法は未成年の内からやっておいても、その先社会人になっても無駄にならないスキルが身につく方法だと思っています。

 

ポイントサイトでちまちまアンケートやゲームをやって数百円手に入れて何になるのだろう?

 

興味もないデータをひたすら入力して時間を無駄にしているような気がする…

 

どれだけ自分の作品を投稿しても売り上げに繋がらないなら意味がない!

 

きっとどの方法もやっているうちに、全てが無駄なような気がしてしまう時がくると思います。

 

ただ、それは「無駄に思えるだけ」で実際にやったことが全くの無駄になることはありません。

 

もし、やったことが完全な無駄になるとしたら、いつか自身が起こしてしまった失敗なども無かったことに出来るはずですが、そうはならないのと同じです。

 

基本的に、やったことに対して報酬や評価が何らかの形では得られます。

 

ポイントなら換金で1円でも10円でも、それはやったことに対して発生した報酬ですから、まったく無駄ではありません。

 

データ入力も興味はなくてもデジタル社会では必ずいるスキルですから、そのファーストステップを社会人になる前に積むのは実に有意義なことです。

 

写真やイラストなどの作品で売り上げが出ないと、自分の世界観=自分自身が受け入れられないように思えて一番つらいかもしれませんが、自分の中のイメージを何かモノとして表現できる力は、必ず世の中のどこかに需要がありますから売り込み先を考えながら沢山作りましょう。

 

月並みですが、お金を手に入れるのは簡単ではありません。

 

もし未成年で簡単にキャッシング出来たとしても、借りた後は返済があるのでその為にいずれにせよ、自身で稼ぐ必要があります。

 

それなら、最初から自分の収入になる前提でお金を稼ぎ、社会人になってからの仕事にも繋がるようなことをした方が良いとは思いませんか?