ゆうちょ銀行でキャッシングする方法は?

ゆうちょ

 

ゆちょ銀行の口座を持っている方は、消費者金融や他の銀行でのキャッシングの前に、ゆうちょ銀行でキャッシング出来ないか気になると思います。

 

ゆうちょ銀行でキャッシングする場合、方法がクレジットカードとカードローンで分かれているので、その点にまず注意が必要です。

 

クレジットカードでのキャッシングを検討している場合はJP BANKカード、カードローンの場合は「したく」へ申し込むことで、ゆうちょ銀行からキャッシング出来ます。

 

ゆうちょ銀行での即日キャッシングは不可能?

 

ちなみに、即日キャッシングをゆうちょ銀行でしようと思っている方には残念ですが、クレジットカードでもカードローンでも、ゆうちょ銀行では即日対応していません。

 

というよりも、ゆうちょ銀行からのキャッシングは、一般的なクレジットカードやカードローンと比べると、とても時間がかかります。

 

ゆうちょ銀行でのキャッシングが即日で出来ない一番の理由は、郵送手続きが生じる事にあります。

 

ゆうちょ銀行のJP BANKカードもカードローンしたくも、キャッシング申し込みをするには、ネットから申し込み書を請求し、申込書を郵送してもらう流れになります。

 

昨今のキャッシング申し込みは、ネットから出来ることが多いです。

 

特に、消費者金融や信販会社が契約先となる場合は、審査結果も最短で30分〜1時間でわかる事もあり、その流れでネットキャッシングをし即日融資を受けられるのが一般的となっています。

 

ところが、ゆうちょ銀行とキャッシング契約をするには、書面を郵送してもらい返送することで申込をするので、審査は勿論キャッシングまでにかなり時間を要するのです。

 

ネットからゆうちょ銀行のJP BANKカードまたはカードローンしたくの申込書請求をすると、大体1週間程度で申込書が届きます。

 

そして、申込書を返送するのにも早くて2〜3日かかり、審査をする保証会社などに届いてから審査が開始となるので、キャッシングが可能になるまでに2週間ほどかかるといえるでしょう。

 

その為、もし即日キャッシングに拘る場合は、即日融資の可能性が高い大手消費者金融カードローンへの申し込みをおすすめします。

 

したくは仮審査のみネット申し込み!

 

時に、ややこしいのですが、カードローンしたくに関しては一番最初の申し込みがネットから出来るので、ネット申し込みが出来ると勘違いしがちです。

 

ところが、したくの一番最初のネット申し込みは最低限の審査基準のみだけを問う仮審査となっています。

 

その為、ネット申し込み後の仮審査に通過した後で、本審査用の申込書が郵送されてくるので、その書面を記入し返送が必要です。

 

仮審査に通過して申込書が送られてきても、本審査も必ず通過できるわけではない点に注意してください。

 

ゆうちょ銀行でキャッシングするメリットは低金利?

 

キャッシングを検討している方は、わりと申し込んだその日のうちにお金が必要なことが多いと思うので、融資スピードという点ではゆうちょ銀行でのキャッシングはおすすめ出来ません。

 

しかし、JP BANKカードとカードローンしたくは、それなりに金利が低いので利息をあまり払わずにキャッシングするのには向いています。

 

ゆうちょ銀行のキャッシング金利

  • カードローンしたく=年7.0〜14.9%
  • JP BANKカード=年15.0%

 

JP BANKカードはキャッシング金利もリボ払い手数料も同じ利率なので、年18.0%のクレジットカードも中にはあることも考えると、金利メリットがあるといえるでしょう。

 

ただ、カードローンしたくの方は、消費者金融カードローンよりは低金利ですが、大手銀行カードローンや低金利な地方銀行カードローンと金利を比較してしまうと、若干金利が高いといえます。

 

その為、カードローンでキャッシングを検討している場合は、ゆうちょ銀行での契約に拘るメリットはあまりないでしょう。

 

JP BANKカードもしたくも利用できるATMに困らない

 

金利の他にゆうちょ銀行でのキャッシングメリットを合が得るなら、利用できる提携ATMが豊富なことが挙げられます。

 

みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行などの大手銀行に加え、信金のATMなどもキャッシングでの利用が可能です。

 

また、そもそもゆうちょ銀行ATM自体が、郵便局にさえ行けばあるので提携ATMが近場になくてもあまりキャッシングや返済に困らないといえるでしょう。



トップ ランキング クレジットカード